読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ホントに楽しい!オーストラリア

~楽しいからには理由がある~

タスマニア 一味違うオーストラリア

ホバート
シドニーについで二番目に古い都市。
ということであればそれなりに揃っていると思いましたが、実際はいい意味で「田舎」。

 

それに、朝が早く夜も早いオーストラリアでも輪を掛けて夜が早いかもしれません。
・夜は19時半ごろまで日が沈まないので、外は遅くまで明るい。
・にも関わらずお店が閉まるのが早い。レストランは20時過ぎがラストオーダー。
 21時には閉店。
・カフェにいたっては17時閉店なら遅いほう。早いところでは16時半には閉めてしまう。
・遅くまで開いているマックやケンタッキーフライドチキンですら20時には閉店。
当然、ショッピングセンターのお店はほぼ17時にはクローズ済み。

f:id:tanoshiiau:20170409135425j:plain

シドニーメルボルンではもうちょっと遅くまで開いているお店はあったのに。
あまりにどこもクローズしているので、閑散を飛び越えて、寝静まった真夜中のようです。
おかげで写真は遠慮なく取りまくりでしたが(笑)。

これもオーストラリア本土のシティとは大きく違う顔ですね。
この顔はホバートだけではなく、タスマニア第二の町、ロンセストンでも同じでした。

 

写真:2017年3月27日

タスマニア 一味違うオーストラリア

味わってきました。タスマニア


オーストラリア本土とはちょっと違う、けどここもオーストラリアです。
タスマニア州の首都ホバート、第二の都市ロンセストン。
ともに、シドニーに次ぎ、第二、第三の古い都市と言われていますが、
確かに町並みは古都を思わせるような、古い建物がしっかりと保存され、
それも有効活用されています。

f:id:tanoshiiau:20170407121426j:plain

写真は古いレンガ造りの建物を保存しながら、今は幼稚園か保育園に利用されていました。


それに、高いビルがほとんどありません。
そのせいか空も近く見えました。

 

タスマニアは、自然豊かな国土。
ちょっと足を伸ばすと緑があふれています。
アウトバックで乾燥地帯ばかりのオーストラリア本土とは本当に違います。
乾燥地域を逆に見ることはありません。
高い山に行けば高山植物がたくさん、木々も高い。緑も当然濃い。
なので、本当に酸素カプセルに入ってきたみたいです。


若干風邪気味で旅行に望みましたが、旅行中に直ってしまったほどです。
ああ、日本の生活に戻って、風邪をぶり返したくないなあ(笑)。

 

写真:2017年3月27日

行ってきました、タスマニア!

f:id:tanoshiiau:20170406090639j:plain

 帰国しました!タスマニア、とっても楽しかった!

 

個人旅行ですから、いろんな出会いあり、ハプニングあり。

写真もたくさん撮った。

 

皆さん、レポートを楽しみにしていてください。

それにしても、タスマニアでは、タクシーのモデルがほとんど同じでした

 

場所:ホバート空港

2017年3月26日

 

プラン決定!タスマニア旅行! 明日出発します!

明日からいよいよタスマニアに向け出発します。

 

旅行中は満喫するため、しばらくこのブログもお休みになります。

 

帰国後に復帰しますので、それまでお待ちくださいね。

 

それでは、行ってきま~す!