ホントに楽しい!オーストラリア

~楽しいからには理由がある~

西オーストラリア州沖に浮かぶロットネス島

日本と同じく海に囲まれているオーストラリア。 その中でも、インド洋に面している、西オーストラリア州。 東海岸のシドニーやケアンズ、ゴールドコーストと比べて、やっぱり少し違っています。 西オーストラリア州の州都パース。 オーストラリア国内と比較…

3月20日は歴史に残る日になるかも

いつも楽しいオーストラリアの、楽しい話題を期待されていた皆さんには、感謝しております。 でも、今日は楽しいオーストラリアの話題は控えさせてもらいます。 コロナウイルス拡大により世界が今変わろうとしていますが、オーストラリアも大きく変わるかも…

結構おります、オーストラリアにセレブ

コロナウイルスの世界への広がりにより、オーストラリアでのイベントも軒並み中止に。 先週は、大イベントの1つ、メルボルンF1が中止になりました。 まさかのチーム関係者から発熱者が発生し、開始1時間前になってからの中止案内でした。 更に、観光への目…

知られざるオーストラリア映画

現在(3/8時点)で日本国内はコロナウイルス蔓延防止のため、学校での授業はなくなり、企業は可能な限り自宅待機となり、イベントも中止。 できる限り家から出ない(行動自粛ともいう)のが得策とされ、飛行機に乗ってりょこするどころではなくなってしまい…

アデレードで南半球最大級のお祭り開催中

今日から3月。 早いもので、今年ももう2か月終わってしまいましたね。 さて、日本ではあまり注目されていないかもしれませんが、今オーストラリアで最大級のお祭りが開催されているのをご存知でしょうか? しかも、シドニーやメルボルンといった大都市での開…

シドニーの空港と市内のタクシー往復の話

空港からシドニーの市内に向かう、タクシーの話。 キングスフォードスミス国際空港のタクシー乗り場 日本からシドニーに行く場合、通常はシドニー空港(正式名称キングフォードスミス国際空港)を利用します。 最近は空港に電車の駅もできたため、バスやタク…

開通してた、シドニーライトレール新路線

最近は、どうしても長くそして拡大しているブッシュ・ファイヤーとその後に訪れたニューサウスウエールズの豪雨、さらには世界中で拡大をしている新型肺炎コロナウイルスのニュースで、すっかりオーストラリアの普段のニュースが色あせてしまいました。 それ…

日本からの支援も続々 オーストラリアの森林火災

先週2月3日の週の情報で、オーストラリアの森林火災の規模が、日本の国土の約半分。 犠牲になった動物も、12億匹を数えるところまで広がったとのこと。 一方、先週末から、シドニーを中心に南東海岸沿い(地図で右のしたの方)では数日豪雨が発生し、これが…

ANA オーストラリア国内線に参入?

もう少し情報が出てきてから書こうと思ってましたが、オーストラリアに行ったことのない人には言って欲しいので、書いてしまいました。 www.aviationwire.jp 先月1月17日、ANAとバァ―ジンオーストラリアが、コードシェアをすることを発表しました。 これは、…

今日1月26日はオーストラリデー

今日、オーストラリアでは日本の建国記念日にあたる、オーストラリアデーです。 例年であれば、お祭りムードなのかもしれませんが、今年は森林火災が歴史的にも最大規模で猛威を振るっており、盛り上がりのムードに水を差しています。 そんな中、世界中で、…

前進するオーストラリアの人々

オーストラリアを愛してやまない人々にとっては、この2か月とてもつらい日々を過ごしています。 日本のメディアではあまり大きなニュースになっていませんでしたが、ここにきて、 テレビや新聞をはじめ大々的に取り上げられてきましたね。 ですので、オース…

新年会が急きょ森林火災のチャリティーパーティーに

昨日(1月11日)、ボランティアスタッフとして参加しているクラブオーストラリアで新年会を開催しました。 (本当は「開催されました」が正しいんですが、今回は発起人のようなものなので、私がかなりリードしてきました) 本当は今まで来ていた方、初めて来…

犬、大人気

シドニーの観光地の1つ、ダーリングハーバーのお隣、現在シドニーのシティーの中では最大規模の再開発真っ最中のバランガルー。 ここでジェラートを食べながら小休止していたら、通りかかりました。 とってもかわいい。可愛すぎます! よくしつけられたのか…

ホントに楽しい!オーストラリア 2020年も宜しくお願い致します!

2020年になりました。 このブログも6年目に入っています(パチパチパチパチと音が聞こえてきました!) みなさんにとって、今年はどんな年にしたいですか? 自分にとっては、まずこのブログ。 今まではほぼ毎日、間があいても3日に1回は書こうとここまでやっ…

オーストラリアの森林火災 いまだ衰えず

今年ほど地球温暖化の影響で世界中に被害をもたらしたことは、かつてなかったんではないでしょうか? 連日ニュースになっているオーストラリア東海岸での森林火災。 ついにコアラが1/3も死亡する規模にまでなってしまいました。 headlines.yahoo.co.jp 1/3は…

既にメジャーなUBERのデリバリーサービス

日本でも首都圏を中心に最近目立ってきた運送業者があります。 業者というとトラックなど大きな車を思い浮かべるかと思いますが、新たなサービスはクルマでは行いません。 武器は自転車。 そう、もうお分かりですね。 UBER(ウーバーと呼びます)。 テレビコ…

持続可能な地球のためのお土産

以前は、季節の「激しい」季節、いわゆる猛暑か厳冬の時期に地球環境の変動を感じていたものですが、最近は春夏秋冬、時期を問わず、いつでも大天災が発生しているかのように世界中からニュースが飛び込んでくる時代になりました。 もう1か国でなんとかなる…

かなしい大人災

今週は風邪をひいてしまい、数日会社もお休みしてしましまいました! 身体を休めるために、電子機器とも少し距離を置いてました。 年取ったせいか全快というわけにはいかないですが、順調に快復しています。 みなさんご安心を! 風邪をひいたのは自分の不注…

旅の不幸は一度起きると、続く

他の国も含め、すでにいろんな国に旅行された方が多いと思います。 そこで、不思議な体験をした方はいませんか? 「不幸な出来事に遭遇すると、続く。」 2017年、まさかにタスマニア旅行中の家内がそうでした。 最初のきっかけは忘れましたが、大きな不幸だ…

旅は抗(あらが)えない

オーストラリアの旅行には欠かせないクルマ(レンタカー) 現地に知り合いがいない限り、自分で運転するとなるとどうしてもレンタカーになります。 レンタカーは世界中から来る旅行者にとってはメジャーな手段ですので、借りて別の場所に返したりなど、サー…

南半球では既に40℃超えか

今日の東京のニュースを見ていたら、今年最低気温を観測。 横浜でも日中雪がちらついたというから、確かに寒い日だったようです。 そんな日でも世界中から日本に観光客がやってきます。 そして、今日も観光客が日本の最低気温に震えるニュース (季節の定番…

あれ、いつの間に今年も残りわずか

気が付いたら12月になっていて、サラリーマンだったら、年末まであと3週間も働けば おしまいの方も多いんではないでしょうか? それに、先週から日本の各地で気温も急に下がってきていて、冬らしくなってきました。 *ただし、気象庁は木枯らしを観測してい…

旅は常時確認?

旅が短ければ短いほど、常時確認していかないと全て予定が狂ってしまうという例。 シドニーでは超有名なミートパイを食べれるハリーズカフェ 1つ予定がずれるとその後ろに控えている予定もみんなずれてくる。 これが、時間のある、自由な旅か、すべてをツア…

旅は抗(あらが)う

日常と対して、旅は日常生活のフレームを壊す行為でもある。 と偉そうなことを書きましたが、実際、日常生活を日々過ごしていると、活動範囲が固定され、動きもパターンが決まっていることに、皆さんお気づきだと思います。 家から会社に行って、たまに途中…

旅ははずれる

シドニーに予定時刻から遅れること約4時間。 ここまで遅れると、半ばどうにでもなれっていう気分になってきます。 とはいえ、やることはまだまだたくさんあって、1つ1つをこなしていかないと前には進めません。個人旅行ですから、全部自分たちでやらない…

旅は更に道づれる

ブリスベン発シドニー行きに乗ったカンタス航空国内線のフライトは、悪天候により無事キャンベラの空港に降り立ちました。 燃料切れだから着陸できた? 真相はわかりませんが、燃料補給していたのは目撃できたので、燃料が不足していたことは確実です。 まあ…

旅は道づれる

道連れではなく、道づれる。誤植ではないです。 ブリスベン国内線ターミナル出発ロビー ブリスベン空港は国際線と国内線のターミナルが別れていて、シャトルバスかタクシー(または自家用車、または徒歩(笑))でしか行き来できない。 前回の続き。 国内線…

旅で強くなる

どうしても、旅と旅行って、違うんだよなあ、といつもいつも思ってしまいます。 どちらの言葉も、明確な定義はなく、本当はいきつく先は同じなんですが。 ここでは無理やり感はありますが、旅行は「ツアー」、旅は「個人」で決めちゃいますね。 個人で作る旅…

空気に触れる幸せ

現在、日本で普通にサラリーマンをしているわたくしですので、オーストラリアの空気を触れる機会は、本、雑誌、インターネット、テレビの映像・ビデオ、写真などに限られます。 生の空気を感じられないのはつらい。 ところが、先週から、シドニー在住の知り…

空気に触れる幸せ

現在、日本で普通にサラリーマンをしているわたくしですので、オーストラリアの空気を触れる機会は、本、雑誌、インターネット、テレビの映像・ビデオ、写真などに限られます。 生の空気を感じられないのはつらい。 ところが、先週から、シドニー在住の知り…