ホントに楽しい!オーストラリア

~楽しいからには理由がある~

オーストラリアの魅力

タスマニア 一味違うオーストラリア いたるところが絶景地 随一クレイドルマウンテン2

クレイドルマウンテン。 ガソリンと食料調達のために立ち寄った、モールクリークから、クレイドルマウンテンまであと86キロ。近いようで、実は想像以上の距離だった。 簡単にいけると書きましたが、海外でレンタカーを初めて利用する場合、ガソリンを満タン…

タスマニア 一味違うオーストラリア いたるところが絶景地 随一クレイドルマウンテン

タスマニアの旅行に来る目的は人それぞれですが、初めての旅行で、ここを行かない人はまずいないだろう、というくらい大人気スポットが、「クレイドルマウンテン」。 大自然を堪能するには、タスマニアのどこででもできますが、シティのホバートや、第二の都…

暑い真夏は南半球のオーストラリアへ 西オーストラリアの・・・

あまりに暑い。 そんな時は今は冬の南半球のオーストラリアへ。 といっても、チケット取らないといけませんへ。 だったら、気分だけでも。 7月19日 21:00- TS-TBS 地球絶景紀行という番組で、西オーストラリアが出てきます。 らくだツアーで有名なブルームの…

タスマニア 一味違うオーストラリア 絶品グルメ? 国民食健在はあの食べ物2

オーストラリアでの国民食といったら、やっぱりダントツでこれ。 ミートパイ。 首都圏でも、最近オーストラリアからPIE FACEが上陸するなど、ミートパイの認知度はかなり上がったんじゃないでしょうか? では、タスマニアのミートパイは? 早速、ミートパイ…

タスマニア 一味違うオーストラリア 絶品グルメ? 国民食健在はあの食べ物

タスマニアに来て、グルメ三昧な日々を紹介してきましたが、毎日グルメな日々を過ごせたわけではありません。そんなことをしたら、4人家族旅行で、たちまちお財布が弾け飛んでしまいます(笑)。 そこで、オーストラリアでもB級かC級グルメを取り入れ、お財…

タスマニア 一味違うオーストラリア 絶品グルメ タスマニアビーフ 街の声続き

そして、街(在住者)の声に導かれて、場末の、じゃなかった、タスマニア第二の都市、ロンセストン市内にあるローカルのホテル O'KEEFES HOTEL (住所 124 george street, Launceston )にあるレストランで出会ったタスマニアステーキがこれ! じゃじゃーん…

タスマニア 一味違うオーストラリア 絶品グルメ タスマニアビーフ 街の声

タスマニアビーフを求め、ガイドブックを片手にお店を探しましたが、さすがブランド牛。それなりのお値段が。子連れだと何度も食べるのは夢のまた夢なのか。 そこで、泊まっていたホテルのフロントに、観光客向けではなく、住んでいる人だったら行くようなレ…

タスマニア 一味違うオーストラリア 絶品グルメ タスマニアビーフ

タスマニアのグルメ、お次はステーキ。タスマニアビーフって聞いたことがありますよね。 日本でも某ハンバーガーチェーンではタスマニア産のビーフが使われていたり、ホテルのステーキフェアでは、オーストラリアステーキと銘打ってフェアをやっているとタス…

タスマニア 一味違うオーストラリア 絶品グルメ カキ3

あの味をもう一度。 タスマニア旅行を終え、帰国する前日。やっぱりもう一度タスマニアのカキを食べておきたかった。 たった3日間のタスマニア第二の都市、ロンセストンの滞在でしたが、最終日はレンタカーで敢えてどこにも行かず、シティ内を散策することに…

タスマニア 一味違うオーストラリア 絶品グルメ カキ2

カキは取れる場所によって、味が違うと良く聞きますが、同じ生カキであっても獲り方によって、味が変わるっていう話を聞いて、「えっ、何それ!」と思いませんか? タスマニアの東部にある、ホバートからの日帰り観光ポイントで、タスマニア在住の方も夏には…

タスマニア 一味違うオーストラリア 絶品グルメ カキ

タスマニアのオイスター(カキ)はとにかくうまい! ということを聞いたことがありませんか?そんなことを耳にした人も多いかと思ってます。実際、オーストラリアでは、タスマニアに限らず、オーストラリア各地で取れるカキはそれほど多くはないですが、どこ…

気が付いたら3週間後 ゴールドコーストで

あれよあれよという間に先週の日豪合同セミナーも終了して一週間。 今度は3週間後にあのイベントが迫っていました。 ゴールドコーストマラソンです。 去年、初めてフルマラソンをゴールドコーストでデビューしましたが、あれからもうすぐ1年かあ。 このブ…

日豪合同セミナー 第38回に参加してきました タスマニアからあの方も参加!

先日6月3日の八王子大学セミナーハウスで開催された、日豪合同セミナー。 ここでは大学教授や、オーストラリアに駐在の経験のあるマスコミ関係者や、旅行業界の関係者ももちろんですが、オーストラリアでものすごい経験を積んだ方もいらっしゃいました。 そ…

タスマニア 一味違うオーストラリア 絶品グルメ

タスマニアは自然が豊かであると同時に食材の宝庫とも言われてます。海の幸、山の幸。 オーストラリア大陸だと、海岸線から遠く離れると海の幸の鮮度が落ちる。同じく、水分の少ない内陸だと、山の幸をはじめ、新鮮な野菜や果物からも遠ざかる。その点タスマ…

世界の日本人妻は見た!SP タスマニア特集

昨日5/16に放映された、世界の日本人妻は見た!はタイミングよくタスマニア! 現地の実態調査が浮かび上がります! というまじめな話はさておき、タスマニアがどんなところか、映像で楽しんでくださいね。 You Tubeから見れます! www.youtube.com 後半のほ…

タスマニア 一味違うオーストラリア ウオンバットに大遭遇

「毛がふさふさして、超きもちいい!」「ぜんぜん怖がらない!すごい!」「草を食べる音が面白い!」 ついにウオンバット、しかも野生を目の前にして、最初は恐る恐る、そしてついに手を伸ばして触れ合ったときに「やっぱりここまで来てよかった」と、まずは…

ちょっとブレイク! 今年もゴールデンウイークがやって来ました。

みなさん、ゴールデンウイークですが、いかがお過ごしでしょうか? 今週は、5月1日と2日を休める人は、4月29日から5月7日まで9連休を取ることができます。これだけあれば、オーストラリアにも余裕で(といってももっと時間が欲しくなりますが(笑)…

タスマニア 一味違うオーストラリアのカフェ 今一度

いったん完了させようと思っていました、タスマニアのカフェ。ふと、あ、こんなところのカフェがあったんだと思い出し、今一度写真で振り返るカフェをご紹介! あのガストは関係ありません。GUSTO CAFE。 フードコート内のカフェ。 これは一番おしゃれだった…

タスマニア 一味違うオーストラリア さよならカフェ

タスマニアではほとんど回れなかった、カフェ。後ろ髪を引かれる思いで帰国の途へ。 そういえば、タスマニア旅行中で一番たくさん見かけたカフェチェーンはハドソンカフェ。 黒を基調とした、ヴィヴィッドな感じで、全体がゆったりとしたタスマニアにあった…

タスマニア 一味違うオーストラリア カフェ文化5 リベンジ3

ロンセストンでのカフェ巡り。続きです。 昼時に行ったバンジョー カフェには満足しましたが、このまま1日を終わらせるのはもったいないし、翌日帰国するのにこの日1箇所しか行っていないのもなあ。とということで、夕方、夕食前になってしまう時間帯の覚悟…

タスマニア 一味違うオーストラリア カフェ文化4 リベンジ

帰国2日前の日曜日。昼下がりの3時にほとんどのカフェが閉店してしまうことは昨日書きました。 さて、どうしてもタスマニアの第二の都市ロンセストンでカフェに入らずに帰国するわけには行きません。よね。オーストラリアが好きであれば。 幸いというか、前…

タスマニア 一味違うオーストラリア カフェ文化3 閉店時間でびっくり体験!

ホバートにカフェが多くあるので、はしごしたいと思ったんですが、思ったより広く、その上、坂が多いので、却ってくたくたになりそうなので、断念。 その代わり、タスマニアの第二の都市、ロンセストンでカフェを探しに。実はロンセストンの街(特にシティ)…

タスマニア 一味違うオーストラリア カフェ文化2

ホバートの2日目は、朝の天気予報どおりのあいにくの天気となりました。それがまたホバートらしい。午前中に外出したときは、雲もほとんどなく、さんさんと輝く太陽。ところが一転して午後になると雲行きが怪しくなる。そして突然、身体が揺れるほどの強風が…

タスマニア 一味違うオーストラリア カフェ文化2

ホバートのサマランカプレースに行ってきました。ここは土曜日にマーケットが開かれる(サタデーマーケット)が有名ですが、日本からの到着が日曜だったので、残念ながらマーケットを散策することが出来ませんでした。とっても残念!(次回のお楽しみに取っ…

タスマニア 一味違うオーストラリア カフェ文化

タスマニアでも本土と同じようにカフェ文化がしっかり根付いています。というか、より洗練されて、やはり本土と同じように広がりを見せているように感じました。それにしても、有名チェーン店がない。メルボルンやゴールドコーストで発見した、世界基準、ス…

タスマニア 一味違うオーストラリア 再利用

古いものを大事にしているなあ、と最初に直感したホバートの街。多少お色直ししてますが、1世紀前の建物のように見えます。 この建物。 旅行者にとっては欠かせない、ホバートを訪れたら皆さんお世話になるんじゃないかなあ。 さて、なんだと思いますか? 答…

タスマニア 一味違うオーストラリア ふた味も

一味違うと題名を付けちゃってますが、本当はふた味も三つ味も違うかもしれません。いや、それ以上かも。 旅行して「ああ、オーストラリアなんだけど、ここはちょっと違うなあ」と思ったこと。・観光向けのお店が少ない 特にレストラン。定番のイタリアン、…

タスマニア 一味違うオーストラリア 世界最高級新鮮な空気

朝焼けがとっても美しい。 (夜明け前、午前6時半ごろ。気温10度くらいか、ちょっと肌寒い) ホバートの高台からの宿泊場所からの眺め。 南半球の一番下のほう(南極に近いから)にあるため、朝が遅く、夜も遅い、日の出日の入り。ちょっと遅く起きてもまだ…

タスマニア 一味違うオーストラリア

ホバート。シドニーについで二番目に古い都市。ということであればそれなりに揃っていると思いましたが、実際はいい意味で「田舎」。 それに、朝が早く夜も早いオーストラリアでも輪を掛けて夜が早いかもしれません。・夜は19時半ごろまで日が沈まないので、…

行ってきました、タスマニア!

帰国しました!タスマニア、とっても楽しかった! 個人旅行ですから、いろんな出会いあり、ハプニングあり。 写真もたくさん撮った。 皆さん、レポートを楽しみにしていてください。 それにしても、タスマニアでは、タクシーのモデルがほとんど同じでした! …