ホントに楽しい!オーストラリア

~楽しいからには理由がある~

シティ

タスマニア 一味違うオーストラリア  ホバートで民泊にチャレンジ

これまで、世界遺産2箇所、加えて風光明媚なフレシネ国立公園について長々と書いてきました。タスマニアに行ったら大自然、はもちろんですが、都市(シティ)だって楽しめますよ! 今回のタスマニアの旅のスタートは州都ホバートから。土地勘が無い場合は、…

傑作選 二度目のオーストラリア メルボルン

直前になってしまいました。 本日、NHK BS 22:00から 「二度目のオーストラリア」はメルボルンから。 www4.nhk.or.jp 再放送ですが、NHKらしく、細かい点や新たな視点でメルボルンを押さえています。 前回見忘れた方、必見です。

オーストラリア最大級の農業お祭り ブリスベンのエッカ開催中

お盆を満喫されていますか? お盆休みでブリスベンに向かう人にお伝えするのを忘れていました。 もう現地に行っている人だけの有益な情報になってしまいました。 8月上旬の10日間、オーストラリア最大級の農業祭り、エッカ(EKKA)が開催中です。 エッカにつ…

ビビッドシドニー 今年も真っ盛り

あっという間に6月になってしまいました! 既に梅雨っぽい日本列島。 いっそ飛び出して、南半球に行ってみたいですね。 それなら、今イベント真っ最中のシドニーへ。 5月26日から始まった ビビッドシドニー。 jp.sydney.com 今年は6月17日までの3週間。 どこ…

タスマニア 一味違うオーストラリア 両替で苦労しないために

突然ですが、海外旅行で両替で苦労したことはありますか?日本から近くの東南アジアでは、日本円で受け取ってくれたり、多少大きな都市では外貨専門の両替店があったり、都市になくても国際空港のチェックイン後のターミナル内で銀行が24時間オープンして…

タスマニア 一味違うオーストラリア カフェ文化5 リベンジ3

ロンセストンでのカフェ巡り。続きです。 昼時に行ったバンジョー カフェには満足しましたが、このまま1日を終わらせるのはもったいないし、翌日帰国するのにこの日1箇所しか行っていないのもなあ。とということで、夕方、夕食前になってしまう時間帯の覚悟…

タスマニア 一味違うオーストラリア カフェ文化4 リベンジ2

ロンセストンでカフェにリベンジ。といっても、何かカフェで不幸な出来事があったわけではありません。前日の日曜にカフェ巡りをしようとしたら、なんと15時で閉店してしまったので、平日にカフェ巡りを再開を誓っただけでした。 リベンジにお応えしてくれた…

タスマニア 一味違うオーストラリア カフェ文化3 閉店時間でびっくり体験!

ホバートにカフェが多くあるので、はしごしたいと思ったんですが、思ったより広く、その上、坂が多いので、却ってくたくたになりそうなので、断念。 その代わり、タスマニアの第二の都市、ロンセストンでカフェを探しに。実はロンセストンの街(特にシティ)…

タスマニア 一味違うオーストラリア カフェ文化2

ホバートの2日目は、朝の天気予報どおりのあいにくの天気となりました。それがまたホバートらしい。午前中に外出したときは、雲もほとんどなく、さんさんと輝く太陽。ところが一転して午後になると雲行きが怪しくなる。そして突然、身体が揺れるほどの強風が…

タスマニア 一味違うオーストラリア カフェ文化2

ホバートのサマランカプレースに行ってきました。ここは土曜日にマーケットが開かれる(サタデーマーケット)が有名ですが、日本からの到着が日曜だったので、残念ながらマーケットを散策することが出来ませんでした。とっても残念!(次回のお楽しみに取っ…

タスマニア 一味違うオーストラリア カフェ文化

タスマニアでも本土と同じようにカフェ文化がしっかり根付いています。というか、より洗練されて、やはり本土と同じように広がりを見せているように感じました。それにしても、有名チェーン店がない。メルボルンやゴールドコーストで発見した、世界基準、ス…

タスマニア 一味違うオーストラリア 再利用

古いものを大事にしているなあ、と最初に直感したホバートの街。多少お色直ししてますが、1世紀前の建物のように見えます。 この建物。 旅行者にとっては欠かせない、ホバートを訪れたら皆さんお世話になるんじゃないかなあ。 さて、なんだと思いますか? 答…

タスマニア 一味違うオーストラリア 世界最高級新鮮な空気

朝焼けがとっても美しい。 (夜明け前、午前6時半ごろ。気温10度くらいか、ちょっと肌寒い) ホバートの高台からの宿泊場所からの眺め。 南半球の一番下のほう(南極に近いから)にあるため、朝が遅く、夜も遅い、日の出日の入り。ちょっと遅く起きてもまだ…

タスマニア 一味違うオーストラリア

ホバート。シドニーについで二番目に古い都市。ということであればそれなりに揃っていると思いましたが、実際はいい意味で「田舎」。 それに、朝が早く夜も早いオーストラリアでも輪を掛けて夜が早いかもしれません。・夜は19時半ごろまで日が沈まないので、…

タスマニア 一味違うオーストラリア

味わってきました。タスマニア。 オーストラリア本土とはちょっと違う、けどここもオーストラリアです。タスマニア州の首都ホバート、第二の都市ロンセストン。ともに、シドニーに次ぎ、第二、第三の古い都市と言われていますが、確かに町並みは古都を思わせ…

シドニー カウントダウン 

毎年恒例、シドニーのカウントダウン。 ハーバーブリッジ周辺では、場所取りで夕方には大混雑。 ニューイヤーになった瞬間に、10分間、7箇所同時に休みなく花火が上がるそうです。 www.yokoso-sydney.com カウントダウン3時間前の9時にも、余興で花火が上が…

ゴールドコースト 飲み屋(レストラン)の子供たち

ゴールドコーストの夜のレストラン。 まだ早いとはいえ、夜6時を過ぎたら、普通は大人の時間。というのに、子連れでお食事している姿があちらこちらのお店でみることができました。 もしかしたら観光客だから、だったかもしれませんが、どう見ても身なりや、…

ゴールドコースト 町歩きから生活をちょっと覗き見

ゴールドコーストの町を歩いていると、ほんのちょっとでも生活を垣間見ることができます。 普通に歩いている分には目に入りませんが、よーく目を凝らしてみると、あるんだなあ。ゴールドコーストならではの生活が。 ゴールドコーストはサーフィン天国・・・…

なぜここに? Q1に隣接するワインショップ

Q1リゾート&スパ。ではなく、スカイデッキに行って、高層階から景色を眺める。定番ですね。景色を眺めるのは、風景に浸ることよりも、もっと大事なことがあります。初めてきた土地・街の概要を把握するには、上から全体を見て把握すること、これが何より…

ゴールドコースト サーファーズパラダイスのビバリーヒルズ?

ゴールドコーストのメッカ、サーファーズパラダイスの中心地、カビルアベニューの真ん中、Gリンクが走るメインストリートと、ビーチ沿いのエスプラネード(通り)の間にオーキッドアベニュー(Orchid Ave)があります。繁華街からちょっとだけ内側に入っただ…

ゴールドコースト 根付いた感あり、ライトレール

98年以来およそ18年ぶりのゴールドコースト。到着したら真っ先にしたかったことがありました。それは、「ライトレールに乗ること」 何、それだけ?と言われそうですが、そうです、その通りです。ステーキを食べることでも、サーファーズパラダイスのビーチで…

ゴールドコースト 南の端っこ

ゴールドコーストの中心地、サーファーズパラダイスから南に向け、ひたすら南下し、どこまでいったら端っこへ。南の端といえば、主な施設に、まずは空港です。ゴールドコースト空港はクイーンズランド州クーランガッタというところにある、とされていますが…

オーストラリアのスポーツ 南半球最大のシドニーマラソンだよ!

今日も雨。しかも肌寒い。 20年以上昔の、9月中旬は秋雨のため、残暑はとっくに去りゆき、長そでの用意をしなければなりませんでしたが、近年は10月の運動会のシーズン(子どもさんがいる家庭はよくわかるかと思います)ではTシャツ、短パン、サンダルが板に…

ビビッドシドニー のテレビ番組を見て

お伝えをすっかり忘れた、6日(日)BSテレビで放映された、ビビッドシドニー。 番組はシドニーのお店やレストラン、観光スポットの紹介もありましたが、最後に映し出されたビビッドシドニーの映像の素晴らしさには感動しまくりでした。 style.qantas.jp 今年…

祝300回 やっぱり大きく行こう

昨年の10月に書き始めて、はや9ヶ月。 こつこつと積み上げて、今日300回めを迎えました。 あっという間に9か月。早いです。 そこで、次の通貨ポイント500回を目指して頑張ります! 500回に向けて、大きな目標を立てないとね。 大きいといえば、オーストラ…

ビビッドシドニー 今年もまもなく開催

www.vividsydney.com 5月中旬はオーストラリアは観光のシーズンオフ。 なんとかこの時期にお客さんに来てもらおうとシドニーで考えられたのがこれ。 <a href="http://www.vividsydney.com/" data-mce-href="http://www.vividsydney.com/">Homepage</a> ビビッドシドニーです。 2009年にスタートして今年で6年目。 シドニーのオペラハウスやハーバーブ…

オーストラリア イン 香港6 本物?偽物?

以前は偽物ブランドの宝庫と言われていた香港。 今や本物のブランドショップが溢れており、まがい物が一掃されたのか、非常にクリーンなイメージになっていたのは良いことですが、そのかわりノスタルジーに浸ることはできなくなりました。 ノスタルジーに浸…

コンパクト万歳。アデレード 勉強するならこのストリート1本

アデレードシティで、子連れ旅行でとっても大事なことを忘れそうになりました。 「ここにつれて行けば何時間でもいられるよ。特に男の子だったら」 アデレード在住の日本人にそういわれたらいかないわけにはいきません。 その場所とは、アデレードシティの、…

コンパクト万歳。アデレード マーケットは結構意外に大きかった

小さな(じゃなかった、コンパクトな)チャイナタウンを紹介しました。 とっても便利なことに、市民の台所を潤す「セントラル・マーケット」がチャイナタウンに隣接しています。 観光にとっても、移動時間ほぼゼロで、とってもお得な感じです。 <a href="http://www.adelaidecentralmarket.com.au/" data-mce-href="http://www.adelaidecentralmarket.com.au/">Adelaide Cen</a>…

コンパクト万歳。アデレードのチャイナタウンもコンパクトよ~

チャイナタウン。 タウンというんだから、直訳すると、町だよね。 町って広いよね。 横浜や神戸、はたまたロスアンジェルスやバンコクには巨大な中華街があります。 そういえば、メルボルンも、何ブロックか全て中華料理屋をはじめ、全て中華関係の店でひし…