ホントに楽しい!オーストラリア

~楽しいからには理由がある~

シティ

既にメジャーなUBERのデリバリーサービス

日本でも首都圏を中心に最近目立ってきた運送業者があります。 業者というとトラックなど大きな車を思い浮かべるかと思いますが、新たなサービスはクルマでは行いません。 武器は自転車。 そう、もうお分かりですね。 UBER(ウーバーと呼びます)。 テレビコ…

シドニー天文台 夜景のデートスポット 

シドニー・ダーリングハーバーから観光名称のロックスへの帰り道。 真っすぐ戻らず寄り道したくなって、寄ってきました。 「シドニー天文台」 1800年代に既にシドニー天文台は存在してました。 太古の昔から、アボリジニたちもこの高台に登って、星を探して…

飲み会はシドニー最古のパブで

8月のシドニー旅行でどうしてもやっておきたかったのが、シドニーでの飲み会。 日本からは我々家族だけでしたが、シドニーには何人か知り合いもおり、今回は一同に介して一席設けたかったんです。 ただ、普通の飲み屋や、日本食レストランに行くのも芸もない…

シドニーシーフードマーケットにミートショップ登場2

頭の中が混乱しているって? シーフードマーケットなのに、ミートって?どういうことって? それが、これ。 シーフードマーケットの同じ敷地内に、VIC’Sという名前のミートショップ誕生。 住所はこちら。 50-60 Bank St., Pyrmont NSW 2009, Australia www.g…

シーフードマーケットにミートショップ登場

カフェでも、スーパーでもない。 これ、ミートショップ、「肉や」です。 シドニーのシーフードマーケットの一角に、ポツンと。 さすがオーストラリアの最近のショップは、なんでも洗練されてますね。 ミートショップの正面入り口前にあるバーベキューセット…

シーフードパラダイス 戦い

天気が良いとアウトドアで食べたくなりますが、そこは戦いの場でもあった 昨日は南半球最大のシーフードマーケット、「シドニーフィッシュマーケット」 を紹介してきました。 せっかく来たのに、写真だけ取って食べずに帰る?? わけはありません。 しかも、…

シーフードパラダイス

シーフード三昧したいと思ったら、マーケット(市場)に行くしかないでしょう。 オーストラリアでシーフードのマーケットといったら、ここ ・メルボルン クイーンズビクトリア マーケット ・シドニー・フィッシュ マーケット 魚好きなので、どちらにも行って…

シドニー CITY TO SURF 絶景の連続

特設ライブスタジオから音楽がガンガンに流れる もはや子供たちの影は全く感じられず、これからは自分のペースで走る・歩くことにしました。 ・コース紹介 ここで、改めてコースの紹介。 CITY TO SURFは14キロの1種類のみ。 CITYと名前が付くくらいですので…

シドニー CITY TO SURF スタート

。 正面中央にそびえ立つシドニータワー。上からスタートを眺めることはできるのかな。空が完全に晴れ渡ってます。昨日の強風はどこへやら! ・スタート 超半端な9時10分。 ジョギング&ウオーキング専門にエントリーした3万人強のイエローのランナーたちが…

シドニー CITY TO SURF 世界最大のファンランに行ってきた!

2019年8月11日(日)は、日本のお盆! オーストラリアは、CITY TO SURFシドニーの開催日。 なんて奇遇なんでしょう(笑) お盆に海外旅行に行ったらついでに参加できてしまうなんて。 どのマラソン大会もですが、事前に参加登録が必要になります。 勝手に飛び…

シドニーのCITY TO SURFは世界最大のファンランイベント

皆さん、こんにちは。東京は台風一過、風がとても強く、暑かったです! さて、今回から、世界最大のランニングイベント、CITY TO SURFの紹介をしたいと 思います。 スタート地点のハイドパークには、CITY TO SURFのバナーがはためいている 大会の盛り上がり…

シドニーズカフェ4

カフェ巡りはまだまだ続きます。 シドニー旅行残すところあと1日という時になって、まだまだ回り切れていないカフェだらけ。あれもこれもチェックしたのに。。。 おまけに、子供たちは連日遅くの(ホテルに)帰宅でへとへとなのか、全く起きてこない。本当は…

シドニーのフライデーナイトを観察する2

金曜の夜6時。シドニーのセントラル駅。家路に向かう人たち。家まで遠いのかな? 日本の今日もフライデーナイト。 まだまだ夏休みの暑さを引きづっていて、週末どこかに涼を求めたい気分ですね。 南半球に行きたい! さて、またまたフライデーナイト。 前回…

ますますエコシティー シドニーのど真ん中

ライトレールが走る、キャピタルスクエア前。現在唯一の路面電車 シドニーが持続可能なエコシティーを目指し、変貌を遂げています。 1年前、「まだ終わりが見えない」と思っていたシドニーの大工事。 シティーに流れる大動脈の幹線道路を次々にストップさせ…

テスラ その後 (1000ページ達成!)

電気自動車で有名なテスラ シドニーマーティンプレイス店。 ここでちょいと脱線。 なんと、今日がブログ開設以来1000回目。5年間、ほぼ毎週に渡り継続的にアップしたら、ここまで来ていました。付き合ってくれた読者にはとっても感謝です!! さて、話はシド…

リンツ 再び

(右写真の奥、マーティンプレイスの一角では大規模再開発の工事が始まってました) 昨年9月にも言ってきたシドニー。 シティーの中心といえば、だれが決めたか、マーティンプレース。 その中でもシンボル的なお店といえば、チョコレートを売りとしているリ…

PANCAKE ON THE ROCKS 24時間営業

シドニーの夜は早い、と前回(以前からだけど)書きましたが、夜遅くになったらなくては困る食事。 それも、深夜ではなく、日本だと普通に食ベル時間帯、8時とか9時とか。 そんな時間にレストランのほとんどがラストオーダー(または既に閉店)だと、困って…

シドニーのフライデーナイトを観察する

明日8月23日は金曜日。25日が日曜日なので、給料至急日の会社も多いんじゃないでしょうか?それにお盆明けに出社した最初の週末でもあるので、「暑気払い」かねてビアホール(古いかな?)に繰り出すサラリーマンがたくさんいることを想像してしまいまし…

1Weekシドニー旅 の目的

シドニーから帰国して、明日でちょうど1週間です。 早いなあ。日々あっという間です。 シドニーを中心に旅行したのは1週間。実質中6日間ですので、思ったより時間があったような、なかったような。 いや、全然なかったです。 シドニーは広いし、郊外はもっと…

16年前のシドニーの風景

今週、妻子は16年ぶりにシドニーに。 どれだけ変化があるか、実感してもらいます。 写真:2003年8月

観光ブームを写真で知る

さ初めてシドニーを訪れたのは、まだ長男が2歳になる前の2003年。 今のような高性能のデジタルカメラを持ってなかったので、3日間のシドニー滞在で、取った写真は10枚ほど。 子供の面倒をメインで考えると、写真は2の次になります。 それでも、前回…

16年前のシドニーの風景

今週、妻子は16年ぶりにシドニーに。 どれだけ変化があるか、実感してもらいます。 写真:2003年8月

南半球最大のイベント city2surfに参加する

お盆にシドニーに行く目的がこれ! city2surf(シティーツーサーフ)。 これでピンときたかたは相当のオーストラリア通か、業界通ですね(笑) あ、自分自身はそんなに通ではないんですが。 city2surf(シドニーっ子はc2sと略すらしい)は、シドニーで毎年8月…

買っちまった 地球の歩き方 シドニー&メルボルン 2019~20

5月下旬に本屋に並びました。 ついつい、買ってしまいましたよ。 地球の歩き方 シドニー&メルボルン(C13) 最新版! www.arukikata.co.jp もう、最新情報がもりだくさんで、飽きることなく眺めていそう。 でも、この本を手に取って「もう、絶対に買う!」 …

シドニー街乗り マイバイセコー

坂道の多いシドニーの街ですが、目抜き通りであればあまり急な坂はありません。ジョージストリートや、ピットストリート。観光地のメインで起点でもあるサーキュラーキーからはどちらも2キロもあれば繁華街の終点までいけるでしょう。(繁華街を超えれば道は…

シドニーで遭遇した、非日常過ぎるショップ

オーストラリア最大の都市、シドニーには、あふれるばかりのショップがいたるところに。それもみんなおしゃれか、アンティーク。 そして、最近では、世界の都市にも負けないくらい、とってもきれいで、それに洗練されたお店があちこちに出てきてます。街中の…

ビビッドシドニー はじまるよ!

毎年この時期がやってきました。 1つはオフシーズン。 5月のオーストラリアは観光シーズンではありません。 (といっても有名どころのシドニー、メルボルン、ゴールドコーストは観光客はひっきり無しにやってくるから、関係ないけど) そして1つはビビッ…

そして、シドニーで遭遇したトイレ

スピーディーにかわっていく、ショップやレストランと比べて、公共のものはそれほど早くは変わらない。そのうちの1つ、トイレ。どうも、自分の体調を考えると、トイレと付き合っている時間も長いし、海外に行った際、現地に到着後にまず最初にお世話になる…

シドニーの「ああ、古き良き・・・」

今日の写真は、あえてことばはいらない。 感じてみてください! 時代を感じるだけではなく、当時の息遣いが写真を通じて伝わってくれるといいなあ。 写真:2018年9月17日

訴える看板 24時間

しばらくぶりの、「訴える看板」シリーズ。 日本にも(そして、我が家の近所にもある)スポーツジム, Anytime Fitness。 最初みたとき「あ、ロゴが同じだ!」 だけど、次に見たとき、「歩いている人がいないんだけど。だれが来るのかな?」 需要があるのか、…