読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ホントに楽しい!オーストラリア

~楽しいからには理由がある~

シティ

シティのど真ん中でストリートミュージック【メルボルン編】

メルボルン図書館の前でミュージシャンの演奏が見れましたが(まさか、こんなところで!がなんでもありのオーストラリアですが)、ミュージシャンが演奏しているのはここだけではありません。 さすが、日曜の午後。ビジネスマンも休みだし、街はいつにも増し…

これぞ市民の学問の宝? 外もすごかったけど中も凄い

市民の学問の宝、メルボルンの図書館についてお伝えしました。 外観の壮麗さだけではく、チェス版やストリートミュージックも凄いなあ。 図書館の外でこんなことをやっているなんて・・・ と思ってましたが、待てよ、中はいったいどうなっているんだろう。 …

これぞ市民の学問の宝? メルボルンシティーのど真ん中で「あー(凄い)」と叫ぶ

本当は予定が無ければいくことのない場所だった。 その時は、参加したメルボルンマラソンのゴールした後。 運動後で腹ペコで、ランチタイム中。 食べたら市内を散策するか、宿に戻ってお昼寝でもしようか、身体を休ませないと持たないような。 あ、そういえ…

企業ではないけど、現地で頑張る日本人のそれぞれ【メルボルンシティ】2

前回紹介した、「えー、オーストラリアに銭湯があるの?」 ですが(えー!とはならなかったかな)、シティのど真ん中にあるため、まるでレストランか何かのショップのショーウインドウと見まがうたたずまいです。 日本で似たようなたたずまいだと、これから…

企業ではないけど、現地で頑張る日本人のそれぞれ【メルボルンシティ】

いきなりですが、オーストラリアに関するクイズです。 Q オーストラリアには温泉はありますか? 答えは、yes。 意外に知られていませんが、オーストラリアにも温泉がわき出しているところが何か所かあります。 自然のまま(放置ではなく、周囲の環境を考慮し…

え?こんなところに、ファストファッション(日本人的な発想ですが)

先日、日本企業の頑張りで、現地(メルボルンが話題の中心ですが)でユニクロがガンバている姿をお伝えしましたが、他の企業も番場っています。 ファストファッションという切り口でいうと・・・ 少し話がそれますが、メルボルンやシドニーでは19世紀まで…

日本代表企業 ほかにもたくさん

ユニクロがメルボルンに初上陸したことはお伝えしましたが、飲食や自動車、家電関係以外の分野の他にも、がんばっている日本企業は他にもまだまだあります。 ユニクロ(エンポリウム)のお隣りのお店は、旗艦店でしょうか。 NESPRESSOのお店。本社はスイスで…

日本代表タッグ 錦織圭とユニクロ

サッカーアジアカップ決勝が1月31日に開かれます。 今回は日本の姿が無い代わりに、開催国オーストラリアが韓国と対戦します。 どんな結果になるのやら。 今や日本企業の代表選手の1社にもなった、ユニクロ。 実は意外にオーストラリアの上陸はとっても遅か…

オーストラリアデーとジョイントイベント

今週1月26日は、オーストラリアデー。 オーストラリア全国一斉の祝日が滅多にないオーストラリアの、数少ない全国お休みの日でしたので、イベントが各地域で盛りだくさん。 その中でも、州都、シドニーやパースでは盛大な花火が打ちあがり、盛り上がったよう…

オーストラリアの学生 地元調査 かも

今週、中学生の子供がスキー教室に行きます。 今まで、家族旅行に行くためにお金を集中させていたので、それ以外には一切お金はかけてきませんでした。そんなにあれもこれもできないよね。大金持ちじゃないと。 国内1泊2泊の旅行も年に1度ではなく、5年に1…

利用度がとても少ないつり革

トラムのつり革。 形がいろいろあって、見ていて楽しい。 メルボルンから郊外のセントギルダまでのトラムの中です。 混んでないし、利用者もとっても少ないですね。 混んでいても、つり革ではなく、手すりもたくさんあるから、なんとかなっちゃいますね。 だ…

黒鳥とバスと生活大国 モンガー湖にて

郊外に足を運ぶ。 時間がなくてもシティーから豊かな自然に出会える。 オーストラリアではどこの都市でも普通に自然と接することができるため、生活が豊か=「生活大国」だと言われる1つとなっています。 今回はパース。 モンガー湖と呼ばれる、ちょっとし…

スポーツイベント=お祭りの図式がオーストラリア流

スポーツ、特にトップ選手が出るスポーツは、なんとなく一般人が乗り込めない、聖域のようなものを醸し出しているのは、日本やアメリカくらいではないか? たとえば、日本ならサッカーやプロ野球、アメリカなら大リーグ、アメフト、バスケットなど。 スター…

イエローキャブ イン オーストラリア

公共機関が十分だと、タクシーに乗る機会がありません。 そもそも狭い観光地をぐるぐるとまわっているだけなら、公共機関ですらいりません。 深夜に帰らない必要もなく、 深夜になっても歩いて帰れる。 だから、タクシーにお世話になることはありませんでし…

どこの国でも 都会のリムジンとスポーツカー

先進国の、どこの主要都市でも見れると思いますが(自分は世界中の全ての先進国を回ったわけではないので、実際は知りませんが)、たまに見かけるリムジンカーを到着初日に見ることができました。 それにしても、デカイ! ロールスロイスか?? それに、白い…

サザンクロス 列車とともに

サザンクロス駅。 来た電車に乗った。 外観がさわやかな白を基調にしたスカイブルーのストライプのデザインだったので、きっと中もさわやかなんだろうと思っていたら、ちょっと拍子抜けしてしまった。 日本のJRのローカル線とあまり変わらない(といっては失…

サザンクロス 駅名も素晴らしいが駅もね

メルボルンには、南十字星を表す名前をと同じ駅名があります。 その名も サザンクロス駅です。 以前はスペンサーストリート駅という駅名だったみたいですね。 観光の中心地、フリンダース駅の、時代を感じさせる風格と違い、こちらは近未来・超現代的建築を…

レトロも忘れちゃ困ります。製造後何年?でも現役バリバリトラム

古くからヨーロッパの移民によって建てられた建物がこれほど現在までマッチした街は、 本家ヨーロッパを除き、他の国には早々ありません。 でも、オーストラリアにはあります。 建物だけ残っていても、なんかそこだけ浮いてしまいますよね。 そんな建物だっ…

1月 さっそくスポーツイベントが始まった 全豪オープンテニス

日本では冬のスポーツイベントが真っ盛りです。 正月には、箱根をはじめとする駅伝大会。 高校サッカーに高校大学ラグビー。 春の高校バレーなどなど。 一方の真夏を迎えているオーストラリアもスポーツイベントが始まっています。 そもそも、オーストラリア…

美食大陸 オーストラリア  メルボルンのど真ん中で伝統を垣間見る

伝統を見る? 何のこと? と思われるかもしれませんが、自分にとっては思わぬ出会いでとっても感動してしまいました。 というのも、シドニーのロックスに行って、どうしても見ておきたかったものが、 思わず目の前でばったりと出会ってしまったんだから。 感…

美食大陸 オーストラリア  若いときから・・・

若いうち、と言っても学生くらいなので、二十歳前後。 それも世界中の最先端のモダンな料理が手軽に食べられるとしたら、しかも安く食べられるとしたら、どんなに羨ましいことでしょう。 メルボルンに宿泊している場所にほど近くに、2011年からモダンな…

美食大陸 オーストラリア  雨天中止。雨天決行?なカフェ

オーストラリア、春のメルボルンは天気が変わりやすい。 午前中に晴天だと思っていたら、あっという間に雨になることも。 それでも、カフェをやるのか、やらないのか。 びしょ濡れの中、テーブルを片付けないカフェ。 それじゃ、誰も座らないよね。 こちらは…

美食大陸 オーストラリア  あっという間にカフェストリート

オーストラリアのカフェやファストフード店は、かしこまった店構えだけではなく、ちょっとした場所にも店が出ていたり。 ・日本と同じような道に・・・・ シティー、特にメルボルンのシティの特色として、レーンと呼ばれる細い道、日本でいうところの「路地…

目を引くお菓子のお店は中身も目を引く

いきなりですが、この店は何の店か、わかりますか? 見てのとおり、とってもカラフル。 店の名前も シュガー ステーション http://www.sugarstation.com.au/ フリンダース駅近く、エリザベスストリート沿いにあるので、どこにあるかすぐにわかりますよ。 チ…

年末年始は絶対オーストラリアへ行きたーい!

年末もいよいよ残り10日になりましたが、皆さんいかがお過ごしでしょうか? 今年の12月の暦(カレンダー)ですが、26日でお仕事が終わる人は、 27日~31日までの5日間と、年始も1月4日は日曜日ですので4日間、 繋げると合計9日間にもなります。 おお、結構…

オーストラリア初の本格的なカフェ カフェリンツ

オーストラリア発のフードは、おしゃれで美味しいものもたくさんあります。 その中でもカフェ関連も、ヨーロッパに負けてない。 そんなカフェの1つ、リンツカフェ。 日本にも支店があるので、最初はアメリカのチェーン店かと思っていましたが、スイス発で、…

人気店はどこも行列? メルボルンっ子の買い食いの楽しみ

美味しくて、安い食べ物屋さんに行列ができるのは、日本だけではないですね。 特に、有名人が来て、メディアに取り上げられたらもちろん行列になりますが、そうではなくて、普通に美味しくて、だけどどこの街角にもありますが、ちょっと工夫があるだKで町の…

カフェ文化 おともにお菓子

・カフェと合いそうなオーストラリアのお菓子 オーストラリアで定番のお菓子といったら、お土産にもなっている、あのお菓子ですね。 しかも、日本でもいくつか手に入るので、オーストラリアに行ったことの無い人でも食べたことがあるかもしれません。 「食べ…

カフェ文化 こんなとこにも! メルボルンのマーケットのど真ん中にカフェ

カフェが街中や、シティの落ち着いたところに佇んでいることを書いてきました。 だけど、それだけじゃない。 「ええ、こんなところで本格的なコーヒーが飲めるの!」 という場所にもあります。 それが度々登場した、クイーン・ビクトリア・マーケットです。 …

美食大陸 オーストラリア  そうはいっても中華料理ですね

中華料理が嫌いな日本人っているのかなあ。みんな好きだよね。 メルボルンシティ内、リトルバーク通り沿いにあるチャイナタウンにある、 EMPRESS OF CHINA。 ガイドブックにも出てなかったし、欧米の観光客もお店にいない(入ったときは)。 夕方6時前だから…

オーストラリアで頑張る日本の飲食店を応援

海外に行くと、日本から進出している会社をなんとなく応援したくなってしまう。 やっぱり日本人だからなのかな。 さて、今回メルボルンにやってきて、どれだけ日本食レストランやお店があるのか、シティを中心にできるだけ回ろうとしてましたが、途中で挫折…

美食大陸 オーストラリア  で違和感な看板

オーストラリアは美食の都市がいっぱい。 の中でも、メルボルンは他の都市よりも美食の街だというそうです。 「全部のレストランに足を運んだのか~!」と言っても仕方ないですが、都市同士で美食を争って、腕を磨いてもられば、他の都市にいく楽しみも増え…

自然にも都市にも人にも〇〇にも優しい交通システム メルボルン編

オーストラリアのメルボルンまで来たら、シティーで絶対に乗って欲しいものがあります。 路面電車です。 メルボルンでは、トラムと言われてます。 シティーを走るトラムの充実ぶりにはびっくりさせられます。 一体何路線あるのか、100近くあるのか。 路線…

美食大陸オーストラリア 本場のオージーステーキを素敵に! 続き

続きです。 ホテルでステーキって、なんだか敷居が高そう。 どこの国に行っても、ホテルのレストランはホテルのエントランスと同様、有る意味「顔」ですから、品格を保つため、きれいに見せますよね。 実際にとてもきれいなので、宿泊していない、土地勘の無…

美食大陸オーストラリア 本場のオージーステーキを素敵に!

オーストラリアに行ったら、絶対に食べたいものがいくつかあります。 その中の筆頭の1つ、オージービーフ。 それも、現地で食べたい、オーストラリア・ステーキ。 メルボルンに行っているいる間、メルボルンマラソンに参加したらか、「肉を食べたい」と身体…

美食大陸 オーストラリア メルボルンは空前のラーメンブームらしい

2014年10月にメルボルンに行く前。 日本で現地の情報を集めていた時だ。 「メルボルンでは空前のラーメンブームらしい」 という情報が飛び込んできた。 ラーメンは今に始まったことではなく、それこそ10年以上前からメルボルンをはじめ、オーストラリアの各…

美食大陸 オーストラリア 大きければ、まあいっか

オーストラリアは、国土と同じように、食べ物は何でも大きいと思っている人が多いと思いますが、それは当たっています。 なんでも巨大、というキーワードでテレビ番組がたくさん放映してくれるから、多分そうなんだよな、と脳に刷り込まれてしまったんでしょ…

「美食大陸 オーストラリア」 王道のオーガニックとこれから

前回、ふんだんな種類と圧倒的な量と大きさを紹介してきた果物。 恵まれた台地の恵みをそのまま収穫し、市場で簡単に手を入れることができるようになったと書きましたが、オーストラリア全土ではどうなんでしょうか? 今回、メルボルンに関して言うと、やは…

「美食大陸 オーストラリア」 なんてったって自然のものが一番!

オーストラリアの台地の恵みは、肉や魚ももちろんですが、自然のもの、「そのまま」で食べられるものが一番身体にも良いし、本当に美味しいです。料理で加工されたものがダメと言っているわけではないです。 でも、たっぷりと注がれた陽の光、水分を吸収し、…

「美食大陸 オーストラリア」 シーフード天国なのだ 2

こいつは誰だ、何をしている! 何かを狙っている、いかにも野生の目つき。とても鋭いので、目を合わせたくないですね。 場所はクイーン・ビクトリア・マーケットの、フードコーナーの建物の外。 中で買った食べ物を外で食べれるよう、椅子、テーブルがいくつ…

「美食大陸 オーストラリア」 シーフード天国なのだ

日本人にとって、肉食よりも魚の方が昔からお付き合いのある食べ物だったし、相性もいい。 おすしも大好きだし。 オーストラリアもシーフードがとても豊富にあります。 それを見せつけられたのが、スーパーではなく、マーケットでした。 中でもオーストラリ…

「美食大陸 オーストラリア」 ディナーの香り 2

ディナータイムは、レストラン「ヨーロピアン」で始まりました。 18時はまだ少し早い時間。 日本の夏と同じようにまだ陽が多少高く、昼間の顔を残しています。 段々と夜の顔に変わっていきますが、しばしオーダーで時間を過ごす。 といっても、一人で旅行し…

「美食大陸 オーストラリア」 ディナーの香り

モーニング、ランチタイム、おやつの時間に食べたものを紹介してきました。 その次にくるものと言えば、「ディナータイム」しかありませんよね。 前に、暮らすように泊まっていたオーナーのビルの屋上にはバーベキュー設備がありますが、バーベキューは大好…

「美食大陸 オーストラリア」 オーストラリア人は甘党?

スイーツ。 この言葉もオーストラリアに定着してきた、と聞きました。 自分も甘党なんですが、メルボルン観光が2日半しかないので、今回はパス。 と言いたいところですが、1つ2つは経験しようとお目当ての店に行くことに。 それは、 Chokolait という名前…

「美食大陸 オーストラリア」 にカフェ文化あり 2

メルボルンではカフェ文化に溢れていて、カフェの数はパリを抜いている、 と以前書きました。 メルボルンシティーのような、人が集まるところだけではなく、郊外まで広がっているので、全てを回った人は多分いないと思います。 カフェを持ち込んだ欧米の移民…

「美食大陸 オーストラリア」 ランチに活躍フードコート メルボルンシティー編

フードコートというと、日本だとショッピングセンタに行くと必ずと言っていいほどお見かけしますが、それもここ最近のことです。 更に、高速道路のサービスエリアでもフードコートが出来ていますので、既に外出した際にお世話になる場所として定着してきまし…

「美食大陸 オーストラリア」 メルボルンに名バリスタ在り

いきなりですが。 これは何の建物か、わかりますか? 題名が書いてるので、想像できてしまったでしょうか? ここ、実はST,ALI(セント・アリ)というオーストラリアでは知る人ぞ知る、有名なカフェなんです。勿論、チェーン店ではなく、零細の部類に入ります…

「美食大陸 オーストラリア」 メルボルンシティーのランチのにぎわい 

どこの国でもそうですが、海外に行って、ランチタイムの喧噪の中にいるのも楽しみの1つです。 ディナータイムは、パーティーか、それとも家で食べるかどちらかなので、その国の人が普段何を食べているのかわかりません。 ところが、ランチタイムはビジネス…

「美食大陸 オーストラリア」 所詮ランチ。されどランチ

お腹が空いた。ランチタイムで小休止。 朝からコーヒーを飲み過ぎたこと、ごはんを食べたくなったこと、昼はあんまりお金を掛けたくなかった(悲)こと、お米を探していたら、必然的に寿司チェーンか、中華に行きついてしまいます。 (お昼にリゾットもあり…

「美食大陸 オーストラリア」 朝から大混雑カフェ

グッダイマイト。 これ、オーストラリアの挨拶なんですよね。 朝の時間帯だったら、グッドモーニング。旅行中に一度も聞けなかったけど(笑) 朝といっても、日本ではそろそろラッシュのピークが超えた午前9時。 キーステーションでもあるフリンダース駅にほど…