ホントに楽しい!オーストラリア

~楽しいからには理由がある~

ファミリー

タスマニア 一味違うオーストラリア  ホバートで民泊にチャレンジ13 考えたこと

急に神妙なタイトルですが、3泊を過ごしていよいよ出発。そして、別れ。 これまたオーストラリアの民泊らしいといえば、らしい仕組みを体験しました。 民泊のオーナーは、我々が初日に到着したときに既に「そのこと」を説明した気になっていたらしいが、そ…

タスマニア 一味違うオーストラリア  ホバートで民泊にチャレンジ9 ホバートならでは

さすがに変なことを書いてばかりいると、民泊を検討している方々にネガティブなイメージを与えてしまうので、もちろん、「普通に」いいことも沢山ありますのでご安心を。 特に、古い建物を昔から大事にしているホバートに宿泊するとき、高い確率で戸建てにな…

タスマニア 一味違うオーストラリア  ホバートで民泊にチャレンジ8

キッチン周りではびっくりすることの連続でしたが、まだまだありました。 最近日本の朝食でもかなりの市民権を得てきた、シリアル。もともと欧米では一般的なようですが、ここホバートの民泊のご家庭でも置いてありました。「置いてあった」ことがすぐにわか…

タスマニア 一味違うオーストラリア  ホバートで民泊にチャレンジ7 キッチン

ホバートでの民泊で、個人的には3回目になりました。オーストラリアの旅行だけで3回目なので、もうほとんどプロの領域かな?(笑) 日本でもそれぞれ家庭に特色があるように、オーストラリアでも家庭に特色があります。といっても、3回お邪魔したどの家庭…

タスマニア 一味違うオーストラリア  ホバートで民泊にチャレンジ6 オーナー登場

民泊といえば、かならずオーナーが存在します。 特にAIRBnBで予約する場合、オーナーとは「同じ屋根の下」で、別部屋で同居するか、「別の屋根」つまりコテージのように貸切となって、オーナーとは顔を合わせないか、だいたいこのようなパターンに。 今回の…

タスマニア 一味違うオーストラリア  ホバートで民泊にチャレンジ5 思い出のペット登場

ついに登場、民泊のペット! 良くぞ付けてくれた、日本人でも覚えやすいネーミング。オス犬 約6ヶ月。名前はアルフィー猫 性別・年齢不明 名前はパフィーオーストラリア人にとっては理解できないでしょう、90年代まで青春を謳歌していたら誰でも知っている、…

タスマニア 一味違うオーストラリア  ホバートで民泊にチャレンジ4

1階は、民泊の住人の部屋が2つあることは先に書いたとおりですが、どんな部屋かはプライバシーがあるため見ることはありません(女性の部屋だったからか、紹介されることもありませんでした)。共有部分の、つまり、泊まりにいった我々宿泊客と、住人が共同…

タスマニア 一味違うオーストラリア  ホバートで民泊にチャレンジ3

やっぱりオーストラリアの一戸建てって、すごいね。 道路からみて、それほど大きいと感じなかった建物も、中に入って大きさ(奥行き)にびっくり。リビングとキッチンだけでも30畳以上はあっただろうが、それとは別に15畳以上の洋室は2つ。(そのうち1…

タスマニア 一味違うオーストラリア  ホバートで民泊にチャレンジ2

今回民泊するお宅は、ホバートの港を一望できる、ナイスなロケーション。しかも天気に恵まれて、港から海に向かって太陽が反射し、きらきらと輝いてます。 それも、坂道に家が建っているからですね。最初に出迎えてくれたのが、若い男性。あれ、確か(AIRBNB…

ツーリズム エキスポジャパン(9/23)に行ってきました

昨日の9月23日、東京ビッグサイトで開催されたツーリズムエキスポジャパンに行ってきました。 かれこれ10年以上通っているでしょうか。 お目当てがあるから通っていますが、そのうちの1つは、もちろんオーストラリアブースです。 今年はメイン会場入り口の1…

始まりました ツーリストEXPOジャパン オーストラリアのブースに行こう

いよいよ今日から始まりました、毎年恒例の大行事 ツーリズムEXPOジャパン。 www.t-expo.jp が東京ビッグサイトで開催されています。 今日、明日は旅行業界の関係者のみ。 一般公開は23日からです(24日(日)までです)。 2014年から世界だけでなく、日本の…

タスマニア 一味違うオーストラリア いたるところが絶景地 フレシネ国立公園3

外国人のざわめき、人々がの話し声。頂上のオーラを感じるままに、数分歩くと、目の前には開けた視界が。つくづく晴天でよかった!これが曇天だと、雲で森の視界までさえぎられてしまう。その奥深い緑と空の青、そして若干薄い青と混じりけの青。それを堪能…

タスマニア 一味違うオーストラリア いたるところが絶景地 フレシネ国立公園2

国立公園でウオーキング、トレッキングをする際、何に一番左右されるか?それは天気。天気はこちらでは決められません。タスマニアの山間部では、1週間に1日か2日、晴れたらラッキー。と思うくらいの覚悟で行くよう、事前に言われていただけに、フレシネ国立…

タスマニア 一味違うオーストラリア いたるところが絶景地 フレシネ国立公園

タスマニアには自然豊かな国立公園がいたるところにあります。更に、国立公園に指定されていない、景勝豊かな場所がどこでもあります。ほんと、いたるところ、どこでも。自分だけの絶景ポイントを探せるかもしれません。長期滞在であれば、そのようなポイン…

タスマニア 一味違うオーストラリア ウオンバットに大遭遇

「毛がふさふさして、超きもちいい!」「ぜんぜん怖がらない!すごい!」「草を食べる音が面白い!」 ついにウオンバット、しかも野生を目の前にして、最初は恐る恐る、そしてついに手を伸ばして触れ合ったときに「やっぱりここまで来てよかった」と、まずは…

プラン決定!タスマニア旅行! と魔女の宅急便

タスマニアに行く前に、多少の予備知識を得ておこうと、ガイドブックやwebの情報を一通り見ている最中。 でも、もうちょっと雰囲気で、映像で体験しておきたいなあ。 で、タスマニアというと、一般的にわかりやすいキーワードというと、やっぱり映画かな。1…

プラン決定!タスマニア旅行! 子供の楽しみ

旅行がそろそろ目前に迫ってきました。 そこで、わが家の子供たちに、何が楽しみか、聞いてみました。 動物とのふれあいかな?それとも、何かおいしいものを食べたいって言い出すかな? そう思っていたら、期待はずれの回答が。。。「ねえねえ、飛行機の中で…

プラン決定!タスマニア旅行! 7

昨日、一昨日の続きです。 ・グルメ。これは書ききれない。タスマニアの名前が付く食べものって、結構ありますね。タスマニアビーフタスマニアワイン、タスマニアの地ビール。タスマニアさんオイスター(牡蠣)それぞれどのジャンルでもはずれがないと言われ…

プラン決定!タスマニア旅行! 6

昨日、一昨日の続きです。 ・世界遺産。タスマニア島には、北海道の4分の3の大きさながら、2つの重要な世界遺産が指定されています。1つがタスマニア原生林。その中心に位置するのが、「クレイドル山およびセントクレア湖国立公園」。 なんといっても、…

プラン決定!タスマニア旅行! 5

昨日の続きです。・動物。オーストラリア大陸で動物と言えば、誰も否定はしない、コアラにカンガルー、ワラビー。それに飛べない大型のエミュー、ちょっと小型のヒクイドリなど、もっと大型になるとワニ、海ではイルカにクジラ、アウトバックであればトカゲ…

プラン決定!タスマニア旅行! 4

オーストラリア大陸に比べ、島国であるタスマニアはなにもないかのようにお伝えしてきましたが、全く何もないわけではありません。人々が生活しているから、「何かあるだろう」と言ったレベルではなく、実は見所も書ききれないほどたくさんあるんですよね。 …

プラン決定!タスマニア旅行! 3

なぜ、いったいどうしてオーストラリア旅行はタスマニア? これは、ある意味冒険志向の方々であれば、世界で行きたいうちの1箇所かもしれません。 なぜなら「ガイドブックにあまり載っていない」から。 例えば、有名どころでは、地球の歩き方を筆頭に、JTBパ…

プラン決定!タスマニア旅行! 2

昨日、タスマニア旅行決定をお知らせしたら、結構な反響がありましたので、もう少し計画についてお知らせします(って、これまた誰も待ってないか)。 ・どうしてタスマニアなの?遠いのに。そうなんです。タスマニアって遠いですよね。直行便はない上に、数…

プラン決定!タスマニア旅行!

みなさん、お待たせしました(って、誰も待ってないか笑)ついにオーストラリアの南端、タスマニア州のあるタスマニア島に3月下旬から4月初旬まで行ってきます。というか、行くつもりで計画を立てました。 いやはや、最近はネットで簡単に予約できるし、直…

いつでもどこでもスマホ2 イヤホン越しの携帯電話

こちらも2014年メルボルンに行って衝撃を受けた一こま。 最初の驚きは、スマートフォン無し(に見えた)電話だった。既に商品化されていて、犯罪もののアメリカのドラマにで出てきた、ケーブルがないタイプのイヤホン。 小耳の上にちょこっと挟み込むだけで…

週末のイベント 花盛り

週末は仕事のことさえなければ(あ、自分だけ??)、いつも楽しいことばかり。オーストラリアでも、週末は多くのイベントで盛りだくさんのようです。 日本も多いけど、ちょっとオーストラリアでは様相が違うみたい(笑)。 ゴールドコーストを訪れたときは…

ゴールドコーストの週末 オヤジサーフィン、子供サーフィン

ゴールドコーストは、朝の早い人、夜の遅い人、両方が交わるシティだと思いますが、シティーから外れると、ほとんどの住民は「朝の早い人」だらけと言っても過言ではありません。 なんせ、朝早く、ビーチに見学に向かったとき、自分はてっきり早いと思ってい…

ゴールドコースト 飲み屋の子供たちその2 ジャンクフードざんまい?

居酒屋での観察、第三弾。 さて、ゲームをしにきたんじゃないことは明白ですが、小学生らしきオーストラリア人(とおぼしき)子供たちはいったい何を食べるのか、非常に気になった。まさか、大人と同じ、ステーキとか、食べちゃうんじゃないのかな?とか、余…

ゴールドコーストで民泊14 続真剣勝負な番組好き

料理番組が終わったら、旅番組が始まってました。オーストラリアの人にとって、旅行先はどこが人気なんだろう。テレビ番組から何かわかるかもしれないと、ちょっと番組をみたくなり、わくわく。 アジアの風景が番組の冒頭に出ていて「お、これは日本でも出て…

ゴールドコースト サウスポートのショッピングセンターとチャイナタウン(もどき?)

サーファーズパラダイスの紹介はひとまず置いて、そこから15分北上した、「サウスポートの街」へ。ここは、観光スポットのシーワールドと運河をはさんで対岸に位置しますが、川沿い(運河)に大きな公園があり、ゴールドコーストマラソンのスタートとゴール…