ホントに楽しい!オーストラリア

~楽しいからには理由がある~

交通

祝! 本日成田ーメルボルン JAL便就航

mainichi.jp 成田からメルボルンへ、JAL便が初就航しました。 おめでとうございます! これでますます充実のフライト。 あとは西海岸のパースへの直行便を頼みます。 カンタスさん、ジェットスターさん、ANAさん、JALさん!

ゴールドコースト空港の最後に

さて、これから日本に向かうところです。ターミナル直結ではなく、地上を歩いて、飛行機の搭乗口に向かいます。巨大な空港だったら、滑走路近くに止まっている飛行機まで、バスが往復します(成田、羽田両空港で経験したことがあるかもしれません) ところが…

ゴールドコースト空港11  免税店で宝くじ?

ゴールドコースト空港の免税品店で思わぬ出来事。 「この期間に買い物すると、レシートに記載されている番号から抽選で豪華商品があたります。抽選はwebで発表。」 ん?免税品店で抽選? くじがあるの? ちょっと、いや、大変意外でした。民間企業であればい…

ゴールドコースト空港10  免税店で押し売り無し

国際空港の、どこに行っても出発ゲート前には売店があります。たいがいは、小規模な売店だったりしますが、大きなターミナルになると利用客に応じて売店が巨大になります。 ゴールドコーストも例外ではありませんでした。 出発ゲート近く(自分の場合はゲー…

ゴールドコースト空港9 やってしまった&やってくれた

ゴールドコースト滞在はあっという間。金曜の夜に日本を出て、土曜の早朝にゴールドコーストに着いたと思ったら、月曜の朝にはゴールドコーストから日本に向けて出発。2泊3日はおろか、滞在時間はおよそ50時間。そりゃ弾丸だよね。 それでも、気分は充分浸れ…

ゴールドコースト空港8  規模の割に意外に広いフードコート

ショッピングセンタじゃないから、フードコートとは呼ばないかな(笑)。 空港のターミナル(建物のみ)が、国内線では最大規模を誇る、羽田第二ターミナルと比較すると幅は約半分、横幅は3分の1くらいのサイズ感。日本の国土は狭いからどうしても上下に延…

ゴールドコースト空港7 両替

入国してしまうと、必要になってくるオーストラリアの通貨。過去何回かオーストラリアに来ているので、手元にオーストラリアの硬貨、紙幣はあるものの、ちょっと金額が大きくなると、やっぱり手元のお金だと足りない。けど、市内で換えたほうがレートがいい…

行き交う旅人 ゴールドコースト空港6 働く日本人

ゴールドコーストに来る日本人は、20年前のバブル地に比べると少なくなったとはいえ、まだまだ多いです。ということで、利用する日本人のために、ゴールドコースト空港でも大勢の日本人と遭遇しました。 ・チェックイン時にいきなり・・・ジェットスターの利…

行き交う旅人 ゴールドコースト空港5 時間の掛かる荷物チェック

いきなりですが、ゴールドコースト空港で出国審査。荷物検査をするところが少ないのか、1つの列が延々と空港カウンター前の検査設備前に連なっています。 それにしても、なんでこんなに長いの? 途中、どこかの航空会社の地上係員が、フライトの名前と時間…

行き交う旅人 ゴールドコースト空港3

ゴールドコースト空港内の掲示板。 田舎だったら1時間に1便あるかないか。 それが、どうでしょう。 フライトの多いこと! 2016年7月2日

行き交う旅人 ゴールドコースト空港2

ゴールドコースト空港内は、オーストラリアの地方空港にありがちな、閑散として時間も更にゆっくりかと思いきや・・・ なんだかせわしない。ひっきりなしに行き来する人。館内に響き渡るアナウンス。羽田空港の5分の1くらいは忙しいかな?? と、これではわ…

行き交う旅人 ゴールドコースト空港

さて、往復に利用したゴールドコースト空港。 今回の旅に(長々と)書いていた最初の8月ごろに少し書きとめましたが、生まれて初めてこの空港を使いました。 前回1998年、初めてゴールドコーストに行ったときに使ったのは、ブリスベン国際空港を利用。(今、…

カンタス航空の回し者! クリスマスキャンペーン実施中!

まるでカンタス航空の宣伝マンみたい! あ、でもいいや、オーストラリア好きが増えるんだったら。 現在クリスマスキャンペーン中です。 www.traicy.com エコノミークラス往復運賃はいずれも東京/成田発着で、アデレード・ブリスベン・メルボルン・シドニー行…

ゴールドコースト ライトレールのデザインあれこれ

ゴールドコーストの路面電車、ライトレールの外装のデザイン。 日本では考えられないほどとってもカラフル。 前にも書きましたが、青い空やリゾートの雰囲気がたっぷりな色合い。 電車のサイズが小さいので、色といいとてもかわいらしさを醸し出してました。…

ゴールドコースト ライトレール使い勝手 これって!

ゴールドコーストに着いたその日。コンベンションセンターに行く用事もありましたが、お陰さまで!(^^)!ゴールドコーストの庶民と観光客の足、ライトレールに乗る機会がたくさんありました。この日だけでも、5回。まあよくもこれだけ乗りましたね。レールとい…

ゴールドコースト 根付いた感あり、ライトレール

98年以来およそ18年ぶりのゴールドコースト。到着したら真っ先にしたかったことがありました。それは、「ライトレールに乗ること」 何、それだけ?と言われそうですが、そうです、その通りです。ステーキを食べることでも、サーファーズパラダイスのビーチで…

ゴールドコースト 南の端っこ

ゴールドコーストの中心地、サーファーズパラダイスから南に向け、ひたすら南下し、どこまでいったら端っこへ。南の端といえば、主な施設に、まずは空港です。ゴールドコースト空港はクイーンズランド州クーランガッタというところにある、とされていますが…

カンタスからビッグニュース! 成田ーメルボルン線就航

今日の一大ビッグニュース。 カンタス航空が今年12月16日より、成田ーメルボルン線を就航することになりました。 その代りに、現在就航中のジェットスター線は廃止になります。 news.mynavi.jp しかも就航日はなんと自分の誕生日です。ああ、誕生祝いに行っ…

日本一詳しいゴールドコーストマラソン2016 余韻、撤収

レースも終了し、帰り支度。その前に預けた荷物を受け取ります。 ゴールゲートから、更にレース参加者からの退場ゲートが別に設けられていますが、そこをくぐって初めてサウスポート公園の一般のエリアに出ることができます。 いつの間にか、空が青く、高い…

州を跨ぐ空港って、アリ?

それがあるんですね。 今週行ってきます、ゴールドコースト。 一番最寄りの空港がゴールドコースト空港です。初めて使うのでとってもわくわく。 このゴールドコースト空港が、2つの州にまたがってます。 ゴールドコーストで一番有名で、且つ栄えている観光…

夏休みに向けて オーストラリア費用計画 行動力とレンタカー

広大な国土が広がる、オーストラリア。 観光はまずは各州都のシティを散策することになるでしょうが、慣れてくると郊外に出かけていくのが一番。だって、オーストラリアの本当の姿は、シティではなくて、大自然にあります。と言っても過言ではありません。 …

住みたい街ランキング5年連続1位メルボルンのキャンペーン

いきなりですが、こんなキャンペーンがありました。 ビクトリア州政府観光局×チャイナ エアライン 世界一住みたい街メルボルン堪能キャンペーン! | チャイナ エラライン ビクトリア州とチャイナエアラインが送る、世界一住みたい街ナンバー1 メルボルン…

多彩になってきた空路の選択 オーストラリアまでのフライト! タイ国際航空編

キャンペーンとはいえ、より一段と注目度が上がってきた東南アジアの航空会社の1つ、タイ国際航空。 価格キャンペーンが激しいLCC(格安航空)と張り合うのはどうかと思いますが、とにかく頑張って欲しい! 通常はLCCの価格とはあまり張り合うことはない、…

ビビッドシドニー始まるよ! 

といっても、5月ですが。 最近、私だけかもしれませんが、1年があっという間に過ぎてしまうんですよね。 だから、(今は2月ですが)5月までの3か月、あっという間に来てしまいますね。 5月のビビッドシドニーは、もうすぐですよ。 ビビッドシドニーについて…

ANAの週末シドニー組 明日帰還

先週の金曜の夜の出来事。 羽田空港からANA便がオーストラリアのシドニーに向けて飛び立ちました。 何年振りかのフライトの復活です。 行きは行ったが、帰りは?? 今日の夜、シドニーを羽田に向けて出発しているはずです。 そのフライトに何人いるのかわか…

パソコンが故障してました。その間に世の中は

しばらくブログが書けてませんでした。 理由は忙しかったからではなくて、「パソコンが故障」してしまったからです。 スマホからでは書くの大変だし。 で、ようやく体調が復活したように、パソコンも元気になりました。 そうこうしているうちにたった4日間で…

日本からパースに直行便のニュース

昨日まで、日本からパースへの直行便の開設(復活)を期待していることを書いてきました。 1日の間にその想いが通じたのか(そんなわけはないですね!(^^)!)、カンタスではなく、全日空のニュースが入ってきて、超びっくりです。 www.ausbt.com.au こちらは…

噂の路線復活話

ずっと昔から祈るように心に抱いていた成田-パース線の復活 以前は週3便で成田とパース間で直行便が飛んでいましたが、今は一旦取りやめになっています。 最近では、取りやめになっていた成田ーブリスベン線の復活や、ANAによる羽田ーシドニー線の復活(こち…

年末行くなら込み込みで安くなったオーストラリア

ああ、夏のオーストラリアに行きたい。 最近こればっかり頭に浮かんでいます。 なぜなら、まだ真夏のオーストラリアには行ったことがないからです。 日本の夏の時は、南半球は真冬。それ以外にも、春先と秋にも行ったことがありますが、オーストラリアの夏だ…

ANA 復活の羽田発オーストラリア

12月に入り、何が待ち遠しいかというと、クリスマス。 でもその前にイベントがあります。 全日空(ANA)による、羽田発シドニー行きのオーストラリア路線復活です! www.ana.co.jp 今までは唯一JALがオーストラリア路線を持っていましたが、それもカンタス航…