ホントに楽しい!オーストラリア

~楽しいからには理由がある~

タスマニア 一味違うオーストラリア  ホバートで民泊にチャレンジ13 考えたこと

急に神妙なタイトルですが、3泊を過ごしていよいよ出発。そして、別れ。 これまたオーストラリアの民泊らしいといえば、らしい仕組みを体験しました。 民泊のオーナーは、我々が初日に到着したときに既に「そのこと」を説明した気になっていたらしいが、そ…

タスマニア 一味違うオーストラリア  ホバートで民泊にチャレンジ12 仕事は最先端?

古いものを残す伝統が根付いていることは既にお伝えしたとおりですが、生活を維持するために、全ての仕事が伝統に根付いているのはまた違います。 民泊のオーナーはクルマで通勤していることは伝えましたが、移動時間は約15分くらい。ハイウェイが空いてい…

タスマニア 一味違うオーストラリア  ホバートで民泊にチャレンジ10 生活を垣間見るのは面白い

民泊の面白いところはオーナー次第で、いくらでも面白いネタがあります。そうでない場合もあるかもしれませんし、滞在日数や、曜日、その方の滞在でかかわり合える時間を持てるか持てないかにもよります。 今回、我々家族は、たった3泊でしかも午前中から観…

タスマニア 一味違うオーストラリア  ホバートで民泊にチャレンジ8

キッチン周りではびっくりすることの連続でしたが、まだまだありました。 最近日本の朝食でもかなりの市民権を得てきた、シリアル。もともと欧米では一般的なようですが、ここホバートの民泊のご家庭でも置いてありました。「置いてあった」ことがすぐにわか…

タスマニア 一味違うオーストラリア  ホバートで民泊にチャレンジ7 キッチン

ホバートでの民泊で、個人的には3回目になりました。オーストラリアの旅行だけで3回目なので、もうほとんどプロの領域かな?(笑) 日本でもそれぞれ家庭に特色があるように、オーストラリアでも家庭に特色があります。といっても、3回お邪魔したどの家庭…

タスマニア 一味違うオーストラリア  ホバートで民泊にチャレンジ6 オーナー登場

民泊といえば、かならずオーナーが存在します。 特にAIRBnBで予約する場合、オーナーとは「同じ屋根の下」で、別部屋で同居するか、「別の屋根」つまりコテージのように貸切となって、オーナーとは顔を合わせないか、だいたいこのようなパターンに。 今回の…

タスマニア 一味違うオーストラリア  ホバートで民泊にチャレンジ5 思い出のペット登場

ついに登場、民泊のペット! 良くぞ付けてくれた、日本人でも覚えやすいネーミング。オス犬 約6ヶ月。名前はアルフィー猫 性別・年齢不明 名前はパフィーオーストラリア人にとっては理解できないでしょう、90年代まで青春を謳歌していたら誰でも知っている、…

タスマニア 一味違うオーストラリア いたるところが絶景地 随一クレイドルマウンテン11 驚愕の登山者たち

ここまで、自分たちの見てきた景色を中心に書いてきました。けど、クレイドル山を目指して登っている人たちのことを忘れてはなりません。なんせ、千差万別、これほどまでいろんな人がいるのかと、びっくりするくらい。見た景色よりも忘れられない思い出にな…

日豪合同セミナー 第38回に参加してきました タスマニアからあの方も参加!

先日6月3日の八王子大学セミナーハウスで開催された、日豪合同セミナー。 ここでは大学教授や、オーストラリアに駐在の経験のあるマスコミ関係者や、旅行業界の関係者ももちろんですが、オーストラリアでものすごい経験を積んだ方もいらっしゃいました。 そ…

日豪合同セミナー 第38回に参加してきました  女性の皆様、これが昭和の男子トイレ

日豪合同セミナーは、勉強会。 それでも、分科会のタイトル、「トイレ騒動」とあったので、 トイレの話題に触れないわけにはいきません。 講師をはじめ、参加されたメンバーが女性のほうが多かったので、 男性のトイレがどうなってるかなんて、誰もわかりま…

日豪合同セミナー 第38回 に参加してきました2  ワインパーティー

昨日、東京都八王子で開催された、日豪合同セミナーに参加してきたことを書きましたが、参加してよかったな、と思えるいくつかの項目のうち(1番目は新たな出会い、これはダントツ!)、1つはワインパーティーのときの抽選会。 参加するときに、参加登録番…

日豪合同セミナー 第38回 に参加してきました

昨日は1日、東京都八王子で開かれた、日豪合同セミナーに参加してきました。 6月第一土日に毎年開催。既に38回も開催されているので、もはや老舗のセミナー?? まあ、ちょっとした勉強会みたいなものですが、非常にラフで、しかも参加した皆さんがオースト…

世界の日本人妻は見た!SP タスマニア特集

昨日5/16に放映された、世界の日本人妻は見た!はタイミングよくタスマニア! 現地の実態調査が浮かび上がります! というまじめな話はさておき、タスマニアがどんなところか、映像で楽しんでくださいね。 You Tubeから見れます! www.youtube.com 後半のほ…

超」朝型?それとも普通? オーストラリアの朝生活

最近日本でも働き方革命という名の下、過労労働や過残業を見直しましょう! いうキーワードが溢れていていますが、本当に働き方が変わるんでしょうか?オーストラリアの生活をいくつか垣間見ていて、夜の残業はたしかに少ないですが、一方で朝早くから仕事し…

プレミアムフライデーとオーストラリアの金曜日2

オーストラリアの働き方について書いている記事がたくさんありますので、その1つだけをピックアップします。 オーストラリア人と日本人の働き方を比べてみました | LIZ's English Lesson 簡単にまとめると、優先順位を何にするかにより、仕事への取り組みが…

ゴールドコースト空港10  免税店で押し売り無し

国際空港の、どこに行っても出発ゲート前には売店があります。たいがいは、小規模な売店だったりしますが、大きなターミナルになると利用客に応じて売店が巨大になります。 ゴールドコーストも例外ではありませんでした。 出発ゲート近く(自分の場合はゲー…

ゴールドコースト空港9 やってしまった&やってくれた

ゴールドコースト滞在はあっという間。金曜の夜に日本を出て、土曜の早朝にゴールドコーストに着いたと思ったら、月曜の朝にはゴールドコーストから日本に向けて出発。2泊3日はおろか、滞在時間はおよそ50時間。そりゃ弾丸だよね。 それでも、気分は充分浸れ…

ゴールドコースト空港8  規模の割に意外に広いフードコート

ショッピングセンタじゃないから、フードコートとは呼ばないかな(笑)。 空港のターミナル(建物のみ)が、国内線では最大規模を誇る、羽田第二ターミナルと比較すると幅は約半分、横幅は3分の1くらいのサイズ感。日本の国土は狭いからどうしても上下に延…

行き交う旅人 ゴールドコースト空港6 働く日本人

ゴールドコーストに来る日本人は、20年前のバブル地に比べると少なくなったとはいえ、まだまだ多いです。ということで、利用する日本人のために、ゴールドコースト空港でも大勢の日本人と遭遇しました。 ・チェックイン時にいきなり・・・ジェットスターの利…

行き交う旅人 ゴールドコースト空港5 時間の掛かる荷物チェック

いきなりですが、ゴールドコースト空港で出国審査。荷物検査をするところが少ないのか、1つの列が延々と空港カウンター前の検査設備前に連なっています。 それにしても、なんでこんなに長いの? 途中、どこかの航空会社の地上係員が、フライトの名前と時間…

行き交う旅人 ゴールドコースト空港4

ゴールドコースト空港のターミナル内には、広めのトイレがあります。思わず写真も撮ってしまいました(笑)。 ああ、空港のトイレって感じ。 しかも色がオレンジベースなので、んん?これってジェットスターカラー?? 考えすぎかな? あと、中に入ってから…

行き交う旅人 ゴールドコースト空港3

ゴールドコースト空港内の掲示板。 田舎だったら1時間に1便あるかないか。 それが、どうでしょう。 フライトの多いこと! 2016年7月2日

行き交う旅人 ゴールドコースト空港2

ゴールドコースト空港内は、オーストラリアの地方空港にありがちな、閑散として時間も更にゆっくりかと思いきや・・・ なんだかせわしない。ひっきりなしに行き来する人。館内に響き渡るアナウンス。羽田空港の5分の1くらいは忙しいかな?? と、これではわ…

行き交う旅人 ゴールドコースト空港

さて、往復に利用したゴールドコースト空港。 今回の旅に(長々と)書いていた最初の8月ごろに少し書きとめましたが、生まれて初めてこの空港を使いました。 前回1998年、初めてゴールドコーストに行ったときに使ったのは、ブリスベン国際空港を利用。(今、…

ゴールドコースト 飲み屋の子供たちその2 ゲームざんまい?

ゴールドコーストの夜のレストラン。再び。その夜のレストランに先に来ていたのはわたくし。15分後に、子連れファミリーがやってきた。おそらく2、3家族合同だったんでしょう。大人のテーブルと子供たちのテーブルに分割。子供だけでも、5人は集まって…

ゴールドコースト 飲み屋(レストラン)の子供たち

ゴールドコーストの夜のレストラン。 まだ早いとはいえ、夜6時を過ぎたら、普通は大人の時間。というのに、子連れでお食事している姿があちらこちらのお店でみることができました。 もしかしたら観光客だから、だったかもしれませんが、どう見ても身なりや、…

ゴールドコーストで民泊17  超短時間

ゴールドコースト弾丸ツアー(ツアーといっても1人)は「ゴールドコーストマラソン参加」が目的とはいえ、本当に忙しかった!おかげで、部屋にゆっくりとどまる時間が皆無。マラソンに費やす時間ができたし、必要最小限の観光はできましたが、それでもせっか…

ゴールドコーストで民泊16 超朝型

オーストラリアの人は、自然豊かな中で暮らしている。うらやましい。と何度も書いてきましたが、そうなると、普段の生活はいったいどうなるのか。 だいぶ前の話ですが、2000年のシドニーオリンピックのころ。イアンソープという若者が競泳でオーストラリア代…

ゴールドコーストで民泊15 気づかぬエコライフ?

民泊でその家庭を覗いて、びっくりすることはまだまだあります。もう少しお付き合いください。 割りと質素な生活スタイルにびっくりしていたところでしたが、そういえば車社会のオーストラリアで車が無いことにもびっくりしました。 そうですよね、全ての家…

ゴールドコーストで民泊14 続真剣勝負な番組好き

料理番組が終わったら、旅番組が始まってました。オーストラリアの人にとって、旅行先はどこが人気なんだろう。テレビ番組から何かわかるかもしれないと、ちょっと番組をみたくなり、わくわく。 アジアの風景が番組の冒頭に出ていて「お、これは日本でも出て…