ホントに楽しい!オーストラリア

~楽しいからには理由がある~

大自然

オーストラリア大陸縦断 ソーラーカーレースが10月に開催

2年おきに開催される、オーストラリアソーラーカーレース「ブリヂストンワールドソーラーチャレンジ」。 まもなく開催の10月8日がやってきます。 www.bridgestone.co.jp 酷暑のだーウインを出発して、終点のアデレードに一番最初にやってくるチームはどこか…

タスマニア 一味違うオーストラリア 王道の世界遺産 ポートアーサー4

ポートアーサー流刑所跡に来る前に、実はほかの地域の流刑地にも立ち寄ったことがありました。 1つは、パース郊外にある、フリーマントル刑務所。こちらはわりと最近まで使っていたので新しいようですが、完全に刑務所の建物内の見学コース。昼間でもなんと…

タスマニア 一味違うオーストラリア 王道の世界遺産 ポートアーサー3

ポートアーサー流刑地跡は、タスマニアの中でも随一の観光スポット。ここを見ずして帰国できない(はずはないですけど)のか、各国の観光チャーターバスがやってきてました。 ホバート市内にいたときは、これほどのバスは見なかったんだけど、いったいどこか…

タスマニア 一味違うオーストラリア 王道の世界遺産 ポートアーサー2

ポートアーサーの世界遺産まで、ホバートから日帰りコースなので、とても近いようなことを言ってしまいましたが、広いオーストラリアのこと、タスマニア島といえどもやっぱりそれなりに遠いです。(オーストラリア本土の広さを経験したことがある人にとって…

タスマニア 一味違うオーストラリア いたるところが絶景地 随一クレイドルマウンテン12 晴れた日の夜もすごい!

タスマニア最後の夜。おかげさまでクレイドルマウンテンを望むウオーキング・ハイキングは一滴の雨が降ることもなく、完璧な天気で終わることができました。 おてんとさんよ、どうもありがとう! いや、1日は終わっていない。夜はこれから。クレイドルマウン…

タスマニア 一味違うオーストラリア いたるところが絶景地 随一クレイドルマウンテン11 驚愕の登山者たち

ここまで、自分たちの見てきた景色を中心に書いてきました。けど、クレイドル山を目指して登っている人たちのことを忘れてはなりません。なんせ、千差万別、これほどまでいろんな人がいるのかと、びっくりするくらい。見た景色よりも忘れられない思い出にな…

タスマニア 一味違うオーストラリア いたるところが絶景地 随一クレイドルマウンテン8 マリオン展望台で想いに浸る

ついに捕らえた、クレイドル山の絶景。ここにこなければ見れない、晴天であること、 強風で登頂が中止にならないこと、 家族が怪我なくこれることなど全ての条件が重なり、見事に登ってこれたマリオン展望台。ここでランチを食べながら撮った写真、しばらく…

タスマニア 一味違うオーストラリア 随一クレイドルマウンテン7 絶景の眺望、ついに!

地図を見ていると、あと少し。 ガイドブックによると、今いる眺望の良い高台は、標高1100メートルのところらしい。この標高までファミリーで来たのはもちろん初めて。高台に来て写真を撮ろうと思っていたら、間近にアジア系の若い女性がやってきたので、さり…

タスマニア 一味違うオーストラリア いたるところが絶景地 随一クレイドルマウンテン6 登山

タスマニアの絶景景勝地、クレイドルマウンテン散策。 国立公園入り口から一番近いroony creekからウオンバットプーから、これまたほとんど全ての観光客が訪れるといっても過言ではないダブ湖を目指す、ウオーキングはそれなりに楽しいコース。でも、晴れて…

タスマニア 一味違うオーストラリア いたるところが絶景地 随一クレイドルマウンテン5 気楽なウオーキングコースから開始

タスマニア随一の世界遺産、クレイドルマウンテン入りした翌日。いよいよ本格的にウオーキング、出来れば小登山で絶景ポイントへ。しかもあり得ないほどの晴天。雲がほとんど見当たらず直射日光が眩しいくらい。こんなラッキーなことがあるのか。(いや、実…

タスマニア 一味違うオーストラリア いたるところが絶景地 随一クレイドルマウンテン4 必ずインフォメーションセンタへ

既にクレイドルマウンテンに行く前には、絶対立ち寄り必須のインフォメーションセンタについて書いてますが、今一度。正式にはクレイドル・ビジターセンタ(Cradle Visitor Center)ですが、クレイドルマウンテン国立公園に入る2.5KM手前にあります。 (閉店間…

タスマニア 一味違うオーストラリア いたるところが絶景地 随一クレイドルマウンテン3 事前の天気予報の重要性

クレイドルマウンテンをはじめとする天気は、かわりやすいことが前提。クレイドルマウンテンを観光する前に、必ず訪れておいたほうが良いといわれているのが、ちょっとしたカフェや、ガソリンスタンド(人がいないので、100%セルフになりますが)も併設され…

タスマニア 一味違うオーストラリア いたるところが絶景地 随一クレイドルマウンテン2

クレイドルマウンテン。 ガソリンと食料調達のために立ち寄った、モールクリークから、クレイドルマウンテンまであと86キロ。近いようで、実は想像以上の距離だった。 簡単にいけると書きましたが、海外でレンタカーを初めて利用する場合、ガソリンを満タン…

タスマニア 一味違うオーストラリア いたるところが絶景地 随一クレイドルマウンテン

タスマニアの旅行に来る目的は人それぞれですが、初めての旅行で、ここを行かない人はまずいないだろう、というくらい大人気スポットが、「クレイドルマウンテン」。 大自然を堪能するには、タスマニアのどこででもできますが、シティのホバートや、第二の都…

タスマニア 一味違うオーストラリア いたるところが絶景地 フレシネ国立公園3

外国人のざわめき、人々がの話し声。頂上のオーラを感じるままに、数分歩くと、目の前には開けた視界が。つくづく晴天でよかった!これが曇天だと、雲で森の視界までさえぎられてしまう。その奥深い緑と空の青、そして若干薄い青と混じりけの青。それを堪能…

タスマニア 一味違うオーストラリア いたるところが絶景地 フレシネ国立公園2

国立公園でウオーキング、トレッキングをする際、何に一番左右されるか?それは天気。天気はこちらでは決められません。タスマニアの山間部では、1週間に1日か2日、晴れたらラッキー。と思うくらいの覚悟で行くよう、事前に言われていただけに、フレシネ国立…

タスマニア 一味違うオーストラリア いたるところが絶景地 フレシネ国立公園

タスマニアには自然豊かな国立公園がいたるところにあります。更に、国立公園に指定されていない、景勝豊かな場所がどこでもあります。ほんと、いたるところ、どこでも。自分だけの絶景ポイントを探せるかもしれません。長期滞在であれば、そのようなポイン…

暑い真夏は南半球のオーストラリアへ 西オーストラリアの・・・

あまりに暑い。 そんな時は今は冬の南半球のオーストラリアへ。 といっても、チケット取らないといけませんへ。 だったら、気分だけでも。 7月19日 21:00- TS-TBS 地球絶景紀行という番組で、西オーストラリアが出てきます。 らくだツアーで有名なブルームの…

タスマニア 一味違うオーストラリア 本場は他にもいろいろ

タスマニアデビルを見る。 もし大人だったら、ナイトツアーに行くことをお奨めします。やっぱり夜行性の動物は夜に行かないと。そこで、ここでは2つ紹介します。昨日も紹介しました、 デビルアットクレイドル(DEVIL @ CRADLE) Devils@Cradle - Tasmanian D…

タスマニア 一味違うオーストラリア 本場の夜のタスマニアデビル

タスマニアデビルをホバート近郊、ポートアーサー日帰り観光の合間にタスマニアンデビル アンズー(場所はタスマン半島の入り口付近)でデビル君を見ましたが、旅行期間中にできればもう1回はみたい! だったら、国立公園で世界遺産にも指定されていて、より…

タスマニア 一味違うオーストラリア やっぱり本場のタスマニアデビル

タスマニアにきたら是非みておきたい、一押しの動物といえば、やっぱりタスマニアデビル!名前から「タスマニア」と付いているくらいだから、これを見ずして帰れない! 1年前に東京の多摩動物園にタスマニアデビルがやってきましたが、この子達もタスマニア…

タスマニア 一味違うオーストラリア ウオンバットに大大接近

クレイドルマウンテンの野生ウオンバットにひたすら感動し、そして別れを告げ、次の目的地でもある、デビルズ・アット・クレイドルへ。ここはタスマニアデビルの保護も兼ね、餌やりも見れる、ほぼデビルのための動物園といってもいいでしょう。できるだけ自…

タスマニア 一味違うオーストラリア ウオンバットにもっと大遭遇

世界遺産に指定されていて、タスマニア隋一の観光スポットにもなっている、クレイドルマウンテン。ここでのウオンバットの遭遇率が高いことは前に書きましたが、その続きです。 前日、雨の中夕方到着したクレイドルマウンテン。さて、目的のトレッキングの朝…

タスマニア 一味違うオーストラリア 動物たち

今回もですが、ファミリーを中心に行動すると、やっぱり子供たちも楽しんでもらうことを考える必要があります。 カフェでお菓子を食べ歩くのもいいですが、それだと子供たちも飽きてしまいますね。かといってアトラクションがたくさんあるわけでもありません…

プラン決定!タスマニア旅行! 元気は酸素カプセルから

酸素カプセルって、ご存知でしょうか? ちょうど春の高校選抜(高校野球)が始まっています(いきなり別の話題??)ちょっと古い人はよく知っていると思います。10年前に、当時決勝まで残った早稲田実業。そのエース、ハンカチ王子こと斉藤祐樹投手が、翌日…

プラン決定!タスマニア旅行! と魔女の宅急便

タスマニアに行く前に、多少の予備知識を得ておこうと、ガイドブックやwebの情報を一通り見ている最中。 でも、もうちょっと雰囲気で、映像で体験しておきたいなあ。 で、タスマニアというと、一般的にわかりやすいキーワードというと、やっぱり映画かな。1…

プラン決定!タスマニア旅行! 9

お土産探しがとっても楽しい。けど、どうしても持って帰ってこれないお土産があります。個人が勝手に移動が禁じられている、動物、植物、現地での体験、という一般的は項目(笑)についてはもちろんですが、持って帰ってこれそうでもできないものの筆頭がこ…

プラン決定!タスマニア旅行! 6

昨日、一昨日の続きです。 ・世界遺産。タスマニア島には、北海道の4分の3の大きさながら、2つの重要な世界遺産が指定されています。1つがタスマニア原生林。その中心に位置するのが、「クレイドル山およびセントクレア湖国立公園」。 なんといっても、…

プラン決定!タスマニア旅行! 5

昨日の続きです。・動物。オーストラリア大陸で動物と言えば、誰も否定はしない、コアラにカンガルー、ワラビー。それに飛べない大型のエミュー、ちょっと小型のヒクイドリなど、もっと大型になるとワニ、海ではイルカにクジラ、アウトバックであればトカゲ…

プラン決定!タスマニア旅行! 4

オーストラリア大陸に比べ、島国であるタスマニアはなにもないかのようにお伝えしてきましたが、全く何もないわけではありません。人々が生活しているから、「何かあるだろう」と言ったレベルではなく、実は見所も書ききれないほどたくさんあるんですよね。 …