読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ホントに楽しい!オーストラリア

~楽しいからには理由がある~

「美食大陸 オーストラリア」 なんてったって自然のものが一番!

オーストラリアの台地の恵みは、肉や魚ももちろんですが、自然のもの、「そのまま」で食べられるものが一番身体にも良いし、本当に美味しいです。
料理で加工されたものがダメと言っているわけではないです。

でも、たっぷりと注がれた陽の光、水分を吸収し、清涼な空気の中で育ったものこそ、最高の食材ではないでしょうか?

そんな食材、日本で陳列されているスーパーの食材と、何か違うんですよね。

一体どうしてそう感じてしまうんだろう。

その答えは、メルボルンのマーケットにありました。

f:id:tanoshiiau:20141121004649j:plain

それは、果物たち。

しかも豊富な量にびっくり。

溢れんばかりに積み上げてあり(実際、途中で崩れたりして、下に落ちたりしてました(笑))、そういった光景が至るところにあります。

しかも、量ばかりではありません。

f:id:tanoshiiau:20141121005007j:plain

1個1個が馬鹿でかい。

 

そして、味。

昔、まだ自分が子供のころ、自宅の庭で野菜を作っていたことがありました。

夏休み中、放っておくと、水をあまり与えなくても日光だけでどんどんと大きくなる。

例えば、キュウリなんかはウリじゃないのか?と思えるほどでかくなる。

味は? 大きい程おおざっぱな、なんだかしっかりした味がない。

 

そんな昔の味の記憶がよみがえってくる。

大きいイコール 大味 イコール おおざっぱ。完璧なまでの方程式だ。

ところが、である。

この方程式は見事に崩れ去ったのでした。

オーストラリアでの大きな果物は、大味どころか、身もしまっていて甘味もあって、とっても美味しいんです。

写真のバナナなんて、正直大きすぎる。さっちゃんじゃなくても、バナナ好きでも、半分しか食べられないかもしれない。

けど、美味しい!

f:id:tanoshiiau:20141121005631j:plain

そして、肝心なお値段。

大きくて、大量で、味が良くても1万円だったら買う気がしないですよね。

だいたい、どの果物も、1キロ2ドルか3ドル。ものにより4ドル。

つまり、1キロで200円から400円の間で買えてしまうんです。ぜーんぶお値段以上。

1キロも食べられますか?1キロの林檎やミカンって、いったい何個あるの?

という心配は一切不要。量り売りですから

食べたい果物を1個1個ピックアップして、測ってもらえばいいんです。

賢い(というか、それが普通)オーストラリアの主婦たちを見ていて、自分も買いたくなって気ました。

ああ、全部食べていない。食べに行かきゃ!