読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ホントに楽しい!オーストラリア

~楽しいからには理由がある~

カフェ文化 個人店の底力3

帰国日当日の夕方、17時まであと30分で閉店。

もう少し居たいなあ。

お店は The Leauge of Honest

そういえば、店員さんも全員若いと気が付きました。

f:id:tanoshiiau:20141210082614j:plain

オーストラリアでの最後のカフェは、やっぱりカフェラテですね。

日中でも軽めのダウンジャケットを着るほど、外は肌寒く、ホットが恋しくなります。

ちょっとラテアートが崩れてますがご愛嬌!(^^)!

とってもまろやかで美味しい。

写真に写っている瓶は、水が入っています。

 

それにパンも売っているみたいだし、美味しそうだなあ。

 

と席で物思いに耽っていたら、店員さんと目があってしまった!

ん?なぜかこっちに向かってやってくる。パンを入れたお皿を持って来たなあ。

「パンいりませんか?」

と聞かれた気がする。

動転していたわけではなく、単に英会話能力が足りないだけです。

早口なことと、聞き慣れない構文だったので、言っていることが理解できなかった。

思わず、(恥ずかしいことに)口を突いて出たことばがこれ。

「パン、オーダーしてませんけど」

店員さんは構わず続けた。

「パンのサービスですが、いりますか?」

言っていることが日本語であってもよくわからない。

そこでまたとっさに出たことばがこれ。

「yes!」

くれるものをNoとは言えないでしょ!

しかも、待望のパンです。

それも、もう10分ほどで帰ろうと思っていたところでしたし。

ホントに会計しなくてもいいの?とは聞けませんでした。

f:id:tanoshiiau:20141210083436j:plain

食べてみたかった、カフェのパン。

しかも、まるで焼きたてのような、柔らかいパン生地

日本で食べる、有名チェーンにあるパンとほとんど変わらない。

もっとおおざっぱな味を想像してましたが、全く逆で、とっても繊細。

ああ、美食大陸オーストラリアは、こんなところでもしっかりと進化していたんだなあ、と帰国前に感じることができ、心地よい余韻に浸れました。

もう最高!

f:id:tanoshiiau:20141210083816j:plain

コーヒー豆も買って帰りたい気もするんだけど。

ああ、また来よう。それまで、この店、ずっと変わらないでね。

 

f:id:tanoshiiau:20141210084244j:plain

 閉店間際に撤退。

夕暮れには程遠いが、とおりには人がほとんど歩いていない。

既に家路についているのでしょうか?

ひっそりとした場所にたたずむ、シティのカフェ。

 

この文化はオーストラリアと一体となり、決して崩れることがないことを確信したカフェめぐりでした。

 

記事:2014年10月14日