読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ホントに楽しい!オーストラリア

~楽しいからには理由がある~

カフェ文化 おともにお菓子

・カフェと合いそうなオーストラリアのお菓子

オーストラリアで定番のお菓子といったら、お土産にもなっている、あのお菓子ですね。

しかも、日本でもいくつか手に入るので、オーストラリアに行ったことの無い人でも食べたことがあるかもしれません。

 

「食べ物」となれば食料。食料品となればスーパーマーケットですね。

となればさっそくスーパーへ。

メルボルンシティー内にある、QVへ。

http://www.qv.com.au/#/index

(泊まっているエリアから、選びました)

 

その地下にある、ウールワースに行ってきました。

とっても巨大なスーパーマーケットです。

(それでもシティ内なので、小さいほうかもしれません)

 

f:id:tanoshiiau:20141214223925j:plain

容易に想像が付くでしょうが、

・通路は日本のスーパーと比べてとっても広い。

・しかも日本より空いている(アジアのスーパーは人も多くて混雑し過ぎ)

・そのかわり広すぎて目当ての賞品を見つけるのに時間が掛かる

・1つ1つの商品がでかい。

 大家族で買ってファミリー向けなんでしょうね。だってスーパーですから。

 一方こちらは旅行者。人数はどうしても少なくなる。

 1人当たりでみると、とってもでかい賞品の買い物になっちゃうんですが、こればかりは仕方がない。

 

・お目当ての商品

カフェと一緒に食べてもおいしいもの。

それは、

クッキー類。

たしかに当たりです。

でもここはオーストラリア。甘党の文化と言えば?

そう、チョコクッキー。

それも定番は、ティムタムですね。

日本でも海外でも最近の傾向は同じですが、定番と言えども「進化しています」。

定番メニューを残しつつ、新たに別メニューを出す、レストランと同じですね。

 

横道に逸れましたが、ティムタムも定番のORIGINAL商品以外に、いろんなばりえーっションが開発、いや商品の陳列棚に乗ってました。

f:id:tanoshiiau:20141214225726j:plain

日本だとポテトチップ専用棚コーナーかな。

その代りに、この巨大スーパーマーケットにはティムタムコーナーで商品がいっぱい。

どの種類もフルサイズ(約9枚か10枚入っている)で3.25ドル。ちょっと高いかな?でもしっかりとした重さなので、ブランド品としての価値を考えると標準的な金額と思います。

新作については、ハーフサイズで5枚入り。

オレンジ風味だったり、今はやりの塩風味だったり、ブルーベリーの色したパッケージだが、中身はバニラブルーニ―だったり、もちろんホワイトチョコも健在で、「甘さ抑えた」ではなく、「甘さを引き出す」仕掛けがたくさんあったり

甘党には堪えられません。

だから、苦みのあるブラックコーヒーと一緒にどうぞ!

f:id:tanoshiiau:20141214231636j:plain

たくさんのお土産のうち、ティムタムもたくさん。

ところで、ティムタムは、アーノッツという会社が出してますが、アーノッツのクッキーも定番で美味しい。こちらはイギリスの伝統を受け継いでいるのか、紅茶との相性が絶妙です。

是非お試しあれ。

 

取材:2014年10月11日