読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ホントに楽しい!オーストラリア

~楽しいからには理由がある~

撮影、だめよ だめだめ ステーション

 子連れ旅行で大変なのは、あとでいい思い出ができるから、いいことである。
と思うようにしているが、助けられたことがあります。(本人は赤ちゃんの時なので、覚えているはずはありませんが、一応感謝です('_'))

 

では、いったい、何を助けられたかというと・・・

f:id:tanoshiiau:20150222115509j:plain

フリーマントル駅終着駅。

建物の解説についてはかこちら。


駅から段差もなく駅からバスロータリーや通りに出れるため、ベビーカーを押す身となるととても助かります。

もちろん、電車の中から既に段差もないし、階段もないって本当に便利です

終着駅ならではですが、最近の日本の駅は都市化の波に押されて、高架になるか、地下に潜るかのどちらかなので、エレベーターかエスカレーター、はたまた階段でベビーカーを移動させるのは大変なんですよね。

ただ、フリーマントル駅の自動改札はちょっと狭いんですよね。

だから、どれだけ狭いかを写真に撮っておこう、というのが始まりました。

 

ただ、これだけであればどうってことないですが、子供と駅の組み合わせを記念に残そうとしていたところ、真後ろから(全く気が付かなかった)背の高いオーストラリア人の二人組にいきなり話しかけられました。

「何をしてましたか?」

何って、見ればわかるはずですけど。何か。

「写真を撮ってました」

「ここは撮影禁止です」

「駅が撮影禁止ですか?撮ったのは子供とここだけ(改札)ですが」

「だめです。今の写真は消してください」

「そうですか、わかりました。ただの旅行の写真なんですけど」

「それでもダメです」

ということで「1枚」写真を消去しているところを見せて、オーストラリア人は去って行きました。

見ため、普通のオーストラリア人で、地味目な服装だった(はず、記憶が薄れてますが)ので、警察官だったのか、私立探偵のような種類の人だったのか、それとも交通警察のメンバーだったのか、いまだに思い出せません。

奇跡的に写真が残っていたのは、連続して写真を撮っていたから。

ベストだった写真の方は削除されてしまいましたが、辛うじて1枚だけでも残ったことに感謝しています。

写真を撮っている間にお手洗いに行ってしまったママは、いったい何が起きていたのか、全く知る由もありませんでした。

 

実は、1998年にパースを2回目に訪れた時にもフリーマントル駅に行き、写真を撮りましたが、この時も警察らしき人がやってきて、「写真はだめだ」と怒られました。

この時はまだデジカメが世の中に出始めで、まだ持ってなかったためカメラはフィルムでした。この時はフィルムを守るため、

「まだ撮ってません。撮るのはやめます」

と言ったような。

つまり、2007年で写真を撮るのは、いわば確信犯的でした。

しかし、いまだになぞですが、他の駅では何も言わなかった写真撮影ですが、どうしてフリーマントル駅はNGなの?

誰か教えて!

そして、スマートフォンや、SNSで撮影が当たり前な全盛時代。

さて、多くのパースへの旅行者は、駅を撮影しているんでしょうか?

そのなぞを解きに、フリーマントル駅は再び訪ねたい候補の上位にあります。

(確信犯的な行動を取ると捕まってしまうので、無理なことはしません!(^^)!)