読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ホントに楽しい!オーストラリア

~楽しいからには理由がある~

巨大なトラックたち オーバーサイズに大興奮(のはず!)

オーストラリアでは国が巨大なだけに、他のモノも巨大です(やることなすこと・・・)

トラックも巨大であることもお伝えしてきましたが、本当に大きいです。

それを何度か間近に見ましたが、これは経験しないとそのサイズ感はわかりません。

とにかく圧倒されるでしょ!

f:id:tanoshiiau:20150304001647j:plain

こちらはケアンズシティの中。

巨大スーパーマーケットのウールワースに向けた資材運搬専用トラックのようです。

コンテナをまるごと運んでますね

なんと、ドライバーは女性です!

しかも中年の、恐らく子育てが終了して、仕事に復帰したような(想像ですが!(^^)!)。

 シティは人も多いし、交差点も多いし、右左折も多いし、運転するのは大変だなあ。

 しかし。

この大きさでビックリしてはまだまだ序の口。

州と州の間を走る幹線道路(ぐるっと一周する1号線が有名)にはもっと大きなトラックが走っています。

以前紹介した、連結トラックをはじめとする、オーバーサイズなトラックです。

何がオーバーサイズかというと、「横幅」です。

ご覧のとおり、道路の幅が反対車線にはみ出していますね。

http://chiru.upper.jp/wp-content/uploads/754f431696c10f5e4fda12758361ea24.jpg

もっとはみ出したトラックもあります。

そんなときは交通整理が必要になりますが、そんなことをしたら、何キロ、数10キロ、いや数100キロにわたって交通整理をすることになります。

だから、そんなことしません。

じゃあ、何もしないかというとそんなこともなく、オーバーサイズのトラックの先頭に1台か2台のパトカーが100メートルくらい先を走り、反対車線のクルマに向って

この後オーバーサイズのトラックがやってきます

と知らせてくれるんです。

音声ではなく、ハザードランプ点灯させながら走っているだけですが。

これなら簡単な交通整理で済みますよね。

f:id:tanoshiiau:20150228222557j:plain

(自分が運転しながらシャッターを切ると、うまく撮れない。運転しながらは危険ですので、やめましょう)

このような長い直線距離で、天気もよく、前後にクルマが全く来ないと分かっている場合、追い越しもできます

ちょっとした坂道、追い越し車線(遅い車用に、追い抜いてもらうための車線ともいう)があるところであれば簡単に追い抜きできますが、この写真のように一直線だと、初心者はドキドキです。

いつ、追い越しのために反対車線に行ってよいか、わからないですかね。

もし反対側からクルマがやってきたら、正面衝突!

想像しただけでも恐ろしいですが、考えるほどクルマはやってきません

10分も30分も反対車線、後続車両がこないことなんて、郊外のアウトバックを走っていると当たり前ですから。

じゃあ、早速追い越し車線に行って、オーバーサイズのトラックを抜きますか!

「良く見ててね。あのながーいトラックをこれから抜くからね」

親としてはドキドキタイムです。

後部座席をふと振り向くと・・・子供たちは夢の中。

おとなと違い、子供には別に興味のないことだったようです!(^^)!。