読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ホントに楽しい!オーストラリア

~楽しいからには理由がある~

コンパクト万歳。アデレード  コンパクトなのに広い!

コンパクトばかり強調してきましたが、だからといって決して「狭い」わけではありませんよ。あくまでも機能的に作られているので「無駄がない」ことを強調したかったわけなので!(^^)!

f:id:tanoshiiau:20150419115322j:plain

シティの中心部。

車道はバスレーンを入れて片側3車線、両側6車線のところがほとんど。加えて歩行者専用もこのとおりとても広々としています。

まだ夕方のラッシュ前とはいえ、これだけあれば十分ですよね。しかも人口もそれほどでないので、雑踏になることはまずありません

時計台のふもとに着きました。

時計は確かにありますが、建物は時計台ではありません。

建物の外観から何だか想像つきますか?

f:id:tanoshiiau:20150419115417j:plain

実は、アデレードのG.P.O 中央郵便局

当時の面影のまま、中身だけ有効に使う、これもオーストラリア流です。

それにしても街にマッチしてますね。

それに、交差点がとても広々としています。

信号があるので、ベビーカーや小さいお子さん連れの方は注意してくださいね。

それでも、ドライバー、優しい方が多いので、かなり前の方でクルマを減速させてくれます。心に余裕があるからできる技か。それともオーストラリア人気質なのか。

最新の道路事情をgoogle mapでみると、自転車専用道路も確保されており、ますます人にやさしいシティに向っています。

f:id:tanoshiiau:20150419115726j:plain

ほぼシティのど真ん中。

まるで皇居前のような、広々とした公園。

フリンダースストリートとキングウイリアムストリートが交差する地点。

ビクトリアスクエア」です。

写真の噴水が目印。

また、トラム、バス、市電の中心でもあり、発着点でもあります。

全然知りませんでしたが、無料バスが初めてオーストラリアに登場したのはアデレードからだったんですね。

ランドルストリートからゆっくり歩いてきましたが、チャイナタウンはもう目の前です。

とっても景色がいいし、どこかをバックで写真を撮ろうと、ベストポイントを探していたところ・・・

f:id:tanoshiiau:20150419115457j:plain

まったく興味なし。写真写りのいい場所なんてどうでも良いのでしょう。

移動中に身動きが取れなかったのか、おもいっきり弾けてます。

(2人マスゲームでもしているのかな?)

これだけ広いと誰にも迷惑掛からないからいいんだけど、遠くに行ってしまうと

「おーい、次のところに行くから、早くおいで」

という声がまったく届きません。

自由な旅行だとできる技です。

さあ、次のポイントに向いましょう。

 

記事:2011年7月