読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ホントに楽しい!オーストラリア

~楽しいからには理由がある~

夏はやっぱリゾートでしょ! 最短のリゾートアイランド

大自然 ファミリー

引き続きケアンズ近郊の極上のリゾートアイランド、グリーンアイランド。

1時間の沖合に浮かぶこの島には多くのアクティビティーがあります。

それが凄いのが、アクティビティーの種類もそうですが、グリーン島にある唯一のリゾートホテルに宿泊すると、そのほとんどが無料で付いてくるのが、凄過ぎます。

まずは、往復のフェリー。

日帰り客は往復に乗るフェリーは有料ですが、宿泊客は無料で乗れます。

ホテルを予約するときに、まずはフェリーについて聞かれました。

その時の会話(記憶している限りですが!(^^)!)

ホテルマン「何時頃にいらっしゃいますか?」

私「そうですね。午後一番くらいに着くフェリーに乗って行きます」

ホテルマン「それでは、ケアンズのフェリーターミナルで、宿泊することをお伝えして頂ければすぐにフェリーにご案内します」

私「え、フェリーは無料なんですか!」

ホテルマン「はい。料金はホテルに含まれていますので、フェリーの支払いは有りませんので」

こんなうれしいサービスは他にはないなあ。

帰りの時もどの時間のフェリーで帰るのか、聞かれました。

実は、2日目の天候が悪く、早々に引き上げるかどうか、考えていたところに、フェリーの予約変更はできますよ。と教えてくれたのです。

こういうのを「至れり尽くせり」っていうんですね!(^^)!

 

ちなみに。ホテルマンではなく、実はホテルウーマン。

しかも英語でやり取りしたのではなく、日本人。

子連れに嬉しいのは、ホテルや売店には必ず日本人スタッフがいること。

なので、何かあれば日本人がいるっていう安心感があり、慌てることもありません。数日前に、ハワイは日本人が多くて、日本の延長みたい、と書きましたが、必要最低限の日本人しかいないため、「ああ、やっぱりここは外国のリゾートだ!」

と大いに感じることができます。

 

さて、無料サービスはまだまだあります。

夕方、フェリーがいなくなった桟橋では、海に魚の餌を投げて、魚をあ積めるパフォーマンスがあります。

毎日夕方5時。時間が決まっているからか、餌をあげる前から魚が集まってきているのは、もう習慣だから?? 

f:id:tanoshiiau:20150721235041j:plain

ホテル宿泊客は無料です。

 

f:id:tanoshiiau:20150721235353j:plain

無料なのは、まだまだあります。

グラスボートに乗れてしまいます。

子どもはダイビングすることはないので、グラスボードでファミリーでまったり。

魚もたくさん見れますね。

「あ、カメだ!」

近海にカメが現れるなんて。でも、これはまだまだ序の口でした!(^^)!

 

写真:2013年7月