読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ホントに楽しい!オーストラリア

~楽しいからには理由がある~

夏はやっぱリゾートでしょ! 小さなグリーン島は食事も一体

ファミリー 大自然

今日も暑い日本列島。

何だか毎日暑い暑いって書いているような気がします。

一方のグリーン島。

日中は陽の光を浴びて暖かった島全体も夜のとばりが下りると、気温も下降。

なにか上着を着ないと、肌寒さを感じてしまいます。

陽が沈んでから、ようやくレストランもディナータイムの幕開けです。

f:id:tanoshiiau:20150804162934j:plain

レストランもホテルもそうですが、島に生えている木や森を出来るだけ切らないで、なるべく生かす(共生、という言葉が合っているか)ため、目の前に自然があります。

そのために、なるべく人口の光を放つことは避け、暗がりを作るように考慮されています。

全体的には暗めですが、目が慣れてくるとろうそくの明かりですら明るく感じますね。

そんな中での食事。

今回はあまりシーフードを食べてなかったので、思い切ってシーフードプラッターを頼んでしまいました。

f:id:tanoshiiau:20150804164032j:plain

あまりの巨大さに、まわりのテーブルからも「おおー!」っていう歓声が聞こえてきました。

重量感のあるシーフード。身の詰まったエビや、巨大なイカリング

4人ファミリーで1つでしたが、パンと合わせて十分でした!(^^)!

 

一方、朝はこれまた静けさの中でブレックファーストの幕開けです。

f:id:tanoshiiau:20150804163012j:plain

今度は朝の光がレストランの奥まで差し込んできます。

これならライトは何も要りませんね。

ディナーと違って、ブレックファーストは好きなだけ選び放題のビュッフェスタイル。子供たちは選び放題なので、われ先にお皿に取りまくっています。

f:id:tanoshiiau:20150804163048j:plain

そんなことは自然には関係ないのか、悠然と構え、テーブルに居座る鳥。

のんびりしてますね。

f:id:tanoshiiau:20150804163136j:plain

品数もかなりの量です。

シティのホテルで、宿泊客がたくさんいるんならわかりますよ。

でも、100人もいない宿泊客に、こんなに豪勢とは。

f:id:tanoshiiau:20150804163159j:plain

デザートもたくさん食べたいんだけど、ああ、もうお腹がいっぱいです。

 

ここで観察していたこと。

欧米の宿泊客は、本当にゆっくりですね。

私たちも朝食に来たのは既に8時を過ぎてましたが、彼らは私たちが食事の終わる、9時過ぎに来ました(全員が全員、そうではないですが)。

それも、朝食をゆっくり味わうかのようです。

ゆっくりと時間を過ごすことが大事で、かつ身についていることが羨ましい。

私たち日本人もしっかりと見習わないといけないですね。

いつも子供たちには「早く、早く」とせかしてしまっていますが、こういう時くらい心行くまでゆっくり食事したいなあ。

といっても、もうこの日の夕方にはグリーン島からケアンズに向かわないといけないので、やり残したことがまだまだたくさんある!(^^)!

だから、「早く、早く!」になってしまうんですね。

 なので、リゾートには2泊以上することをお奨めするのは、こうした理由からなんですね!

 

写真:2013年7月