読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ホントに楽しい!オーストラリア

~楽しいからには理由がある~

モンキーマイアの楽しみ 束の間のリゾートライフという名の家事

リゾートに来たら、リゾートらしい生活を送ろう

 

といったらいったいどんな生活を送ることになるのだろう。

うまれてこの方、リゾートで暮らしたことも無いし、親にもつれて行ってもらったこともないし。

ましてや、若者のように、やれマリンスポーツだ、パーティーだ!

ということもできません。何といっても子ずれですからね!(^^)!

だったら、子ずれ旅行が当たり前な欧米の旅行者のリゾートライフをみてみよう。

と思って観察しても、100家族に100パターンの生活があるのと同じように、100パターンのリゾートライフが存在していました。

・ただ1日中ビーチにいる家族。サンドイッチをその場で作って、子供たちに食べさせているママ。

・ひたすら動き回る両親。水着に着替えたら浜に出て、落ち着いたら次はカヌーに乗せて。そしてまた普段着に着替えてアイスクリームを食べに行ってしまった。

・リゾートホテルやコテージから出て来ない家族。確かに日中は太陽が容赦なく照りつけるために、あまり長い時間幼児を外には置けませんね。

・同じように、リゾートホテルのカフェラウンジで、延々おしゃべりしている親たち。その間に子どもたちは放し飼い(誰にも迷惑は掛かってませんけどね!(^^)!)

・早々にツアーに出てってしまった家族。

さて、どの家族を真似てみましょうか。といっても、マネするものではありませんよね。ということで、我が家流のリゾートライフをどうしようとしたかというと・・・

 

その前に、洗濯物が溜まっていたんだ!

 

自宅に洗濯機があるように、ホテルの部屋に洗濯機があるわけではないので、コインランドリーで選択しなければならない。

日本とは機械も違うから、これこそ異文化体験ですね。

それでは、早速リゾートライフを経験しに洗濯しに行ってみよう。

f:id:tanoshiiau:20151027224742j:plain

左右には同じタイプのコインランドリーがずらり。これだけでも子供たちにとっては見慣れない光景(コインランドリーを利用しない大人も同じですね)

 

f:id:tanoshiiau:20151027224807j:plain

上のふたを閉めるタイプと、横からふたを閉めるタイプ(写真後方のモデル、現在ドラム式として家電店でたくさん売られてますね)。

今回は上のふたを閉めるタイプにし、洗濯物を入れさせ、タイマーを回し、硬貨を入れて、さあ、選択開始です。

といっても、回っているところが見えなタイプですので、45分間はやることないので、一旦コテージに戻ることに。

 

その間に、朝食の用意。

f:id:tanoshiiau:20151027224701j:plain

こちらはママ担当。といっても食材をもってきたわけではないので、スーパーで簡単に用意したバナナとカップスープ、それにパン。

もともとコテージに無料でおいてある、コーヒースティック(ココアスティックもあり)をお湯に溶かし、これでブレックファーストの出来上がりです。

かなり安く上がったはずです。しかも部屋でゆっくりと食べられるので、なんだかリゾートっぽいぞ!

1時間ほどゆったり過ごしている間に洗濯が完了。

ここから衣類を取り出し、燦々と輝く太陽のもと、からっからに乾いてくれるよね。

f:id:tanoshiiau:20151027224548j:plain

こちらも子供たちがお手伝いしてくれました。

(学校に上がってしまうと、全く手伝ってくれませんけど)

 

で、リゾートライフって、結局は自分がリゾートをどう感じるか次第ですね。

私たちは、幼児もいてとてもおいていけない状況でしたが、それでも楽しむことができ、一生の思い出ができました!(^^)!

 

だから、オーストラリアの旅は止められません。