読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ホントに楽しい!オーストラリア

~楽しいからには理由がある~

オーストラリア人って 今年は大挙して日本にやってくる??

と 年始早々、オーストラリア人ってからスタート??

まあ、気になるデータを見てしまったから、書かずにはいられなくなりましました。

2016年に海外旅行でいくら使うか、調査した結果が発表されました。

旅行サイト、トリップアドバイザーによる旅行動向調査「トリップバロメーター旅のトレンド2016」によると、予算トップはオーストラリア人

131万円でした。え、オーストラリア人って、そんなにお金を持ってましたっけ?

実は持っています

また、オーストラリア人の海外旅行の特徴は、日本人のようなパッケージではなく、個人でやってきます。

またはファミリーでもやってきます。

少子化にはまだ少し遠いオーストラリアのファミリーは、子どもが3人、4人と普通ですから

・人数が多ければ多いほどお金が掛かる。

・日数が増えれば増えるほどお金が掛かる。

加えて、

・有名な観光地に行くにはオーストラリアの国から見ると飛行機で行かないといけないところばかり。距離によってお金が高くなる飛行機代がますます掛かる。

この3つから予算を確保しておかないと、海外旅行できないと言っても過言ではりませんね。

 

一方の日本人の海外旅行に書ける予算はオーストラリアの半分の67.8万円。

これでも結構多い数字だと感じてしまいますね。

日本人は少子化だから、ファミリーで3人とか、子どもがいない夫婦も2人で海外旅行しまくっているというニュースも良く耳にしますね。

それに、日本の場合だと短距離(短時間)でアジア各国の観光地にも行けるし、アジアなのでヨーロッパや北米に比べて総じて物価は安いですから、予算が少なく見えても、実は同じグレードの観光をしているんじゃないでしょうか?

もっとも、オーストラリア人と大きく異なることは、旅行期間。

かつて1週間の休みを取るなんて何事か?なんて時代もありましたが、最近はようやく休暇取得を奨励する雰囲気が社会にできてきました。

それでも欧米のように数週間、更にはオーストラリア人のように数か月なんて、休めませんよね。もっとも、会社がOKだと言っても、過去の週間からそんなに休むことに罪悪感を感じたり、あまりに間が空きすぎて仕事復帰できないのではと不安になる人がいたりと、サラリーマン側がまだそんな環境を受け入れることはできないでしょう。

(そういう自分も、数か月休むと仕事がなくなっていないか、ちょっとだけ不安!(^^)!)

 

本当は不安を感じたいほど数か月の旅行に出たいんですよね。

もちろん、ファミリーでオーストラリアへ。

そんな夢をみつつ、2016年もスタート。楽しいオーストラリアへの旅行を夢見て、これからもがんばります!