読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ホントに楽しい!オーストラリア

~楽しいからには理由がある~

多彩になってきた空路の選択 オーストラリアまでのフライト! タイ国際航空編

キャンペーンとはいえ、より一段と注目度が上がってきた東南アジアの航空会社の1つ、タイ国際航空

 

価格キャンペーンが激しいLCC(格安航空)と張り合うのはどうかと思いますが、とにかく頑張って欲しい!

通常はLCCの価格とはあまり張り合うことはない、フルサポートのタイ国際航空ですが、なりふり構ってはいられない状況なんでしょうか。

 

それでも、安いのであれば、そりゃタイのお国の威信がかかった航空会社(フラッグキャリア)ですから、サービスが悪いわけではありません(日本人旅行者の中では、結構評価の高い航空会社なんですよね)。

それでも、ほんのちょっとだけ、コメントしてみます。

 

メリット

やはりLCCとは違い、キャンセルやトラブルがあった時には、振替ができる点でしょうか?(LCCはさすがにまだできません)

これは、機内のサービスがいいとか、フライトアテンダントがしっかりやってくれるから、とかいうレベルのものではありませんね。

それに、荷物の重量制限とか、幼児のサポートとか、見えないところでお金が効いてくるLCCと違って無償で受けられる点も見逃してはいけません(まあ、他のキャリアの航空会社にも言えることですが)。

デメリット

タイの場合、他の東南アジアの航空会社と違い、ちょっと遠い。いや、少し遠い!(^^)!

行きはタイの首都バンコクシンガポールに行くまでは、ほぼ同じくらいの時間が掛かります。

タイかヨーロッパや中東などに向かう場合はいいでしょうが、あくまでもオーストラリア方面に向かう場合は、他の東南アジアシンガポールやマレーシア)と比べると、どうしても遠くなってしまいます。地理的に東南アジアの半島の上に位置するから、仕方ないと言えばそれまでですが。

決してお奨めしないということじゃないんですが、距離が時間に、そして時間が旅行計画に響いてきますから、やはり大事なポイントになります。

 

そんなわけで、もし他の航空会社がどうしてもだめだった場合、利用しようと思ったときに考えればいいと思います。