読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ホントに楽しい!オーストラリア

~楽しいからには理由がある~

ゴールドコースト 弾丸トラベラー やればできる!

f:id:tanoshiiau:20160705231053j:plain

金曜夜成田発、翌朝ゴールドコーストの空港に到着。気温10℃。寒ぶ!

 

今回の弾丸は、現地滞在50時間あまり。これが東南アジアだったら、片道2時間(主に韓国、中国)なので、往復4時間。週末楽に過ごせますが、オーストラリアしかもゴールドコーストは片道8時間半! 往復でも17時間コースですから、まる1日余分に必要ですね。でも、いろいろできるんだなあ。

 

今回は大きく分けて2つ。

・マラソンに参加する。

・その合間で観光する。

・民泊する。

です。

マラソンは当日走るだけではなく、

前日までに申し込み(エントリー)。

スタートとゴール地点の下見。

宿から往復のルートの確認。

当日早めについて現地の感覚に慣れる。

朝寒いので身体を温める。

実際に走ったあと、ストレッチなどの取り組み。

宿に戻り着替えてからからだのケアのためにマッサージへ。エリートランナーのようにスタートして2時間半で帰って来れれば、その日の午後は余裕で観光などに時間を使えるでしょうが、市民ランナーはそうもいきません。充分な予定を立てておかないと1日がすぐに過ぎてしまいます。

 

・合間の観光ですが、空港とマラソンの会場の間(線上)にあるところを立ち寄るようにしました。

線はバスルートや路面電車に沿って、近いところを回ることにしました。

線の端っこにある、ツイードヘッド(後日紹介)、サーファーパラダイス、Q1(高層ビル)、スーパーマーケットくらいですね。

お土産を買う時間も1時間確保し、何軒か回れましたよ

 

実は10数年ぶりだったので、土地勘が全くなくなり、結構無駄な動きをしていたと思いますが、事前に「ここだけは」行こうと決めていたのが良かったのかもしれません

それでも、時の経つのは早いですね。

・民泊は、2年前にメルボルンでも体験済なので、今回はあまり緊張感はありませんでした。それでも、人のお部屋を借りるわけですから、きちんとした対応が要求されます。あとにくる日本人のためにも。

 

たった50時間でも、オーストラリアの魅力を伝えられたらと思い、明日以降にまたね。