ホントに楽しい!オーストラリア

~楽しいからには理由がある~

ゴールドコーストマラソン2016 いざスタート地点へ

 

f:id:tanoshiiau:20160723222905j:plain

さあ、スタート地点へ。

夜じゃないよ、早朝です!(^^)!

立てたスケジュールどおり、朝5:20に宿を出発

表通りは昼間はクルマだらけですが、今はほとんど走ってません。

時折、1台、2台通り過ぎるだけ。

宿のあるブロードビーチから、歩いて10分のところにあるGリンクの駅、フロリダガーデン駅に向かいます。

駅は目的地のサウスポートから離れているので、閑散としているかと思いきや。

マラソン参加のために、路面電車を待っている人が、いるいる!10人以上。

いったいどこからわいてきたんだろう!

それ以外に、朝の4時台から友人と連れだって犬を引き連れながら散歩する姿も。

こんな暗い時間から、結構活動している人がいるんですね。路面電車は、繁華街きってのサーファーズパラダイスで大量のランナーを乗せ空席が埋まり、その後メインビーチ駅でもランナーを乗せ、満員の状態で20分かけてサウスポート駅に到着。

f:id:tanoshiiau:20160723223452j:plain

サウスポート駅から公園に向かう乗客。全てマラソン関係者です。

ちょうどそのころに、空が白み始めました。

この時の体感気温、無風でしたが、10℃くらい。天気予報と同じ。

また、1日晴れ、日中は20℃の予想。過ごしやすそうだな(当たれば、ですが、のちに苦労する羽目に)。

サウスポート駅からスタート地点の公園までは、歩いて10分以内であることは前日下見して確認済。けど、クルマが無いとはいえ、交通整理のガードマンが、赤信号を渡らせないので、昼間の人の流れと同じく、のろのろとしてます。

下見して道路の状況は知ってたので、みんなが歩右側ではなく、反対の左側に横断して公園に向かうことにする。単に混雑がないだけでも、心のゆとりは大きく違います。

f:id:tanoshiiau:20160723224429j:plain

なぜか早朝から、誰も買いそうになさそうな薬局がオープン。

 

f:id:tanoshiiau:20160723224536j:plain

我々ランナーに向けて、ダンスをしながら元気づけてくれます。

街一体となったマラソン祭りなんだなあ、とスタート地点が近づくにつれ、だんだんと気分が高まってきました。さすがオージー。もてなし方が上手です。しかもストレート!(^^)!

 

f:id:tanoshiiau:20160723224808j:plain

公園に到着。時間6:00

集合時間6:20の20分も前に余裕の到着。これから荷物を預けに行きます。今着ている上着や、レース後の着替えなどなど。その前にどうしてもやることが。それは前日にしっかりと下見したので、慌てることはありません。それはトイレ。案の定、身体を動かし始め、多少緊張し始めたからか、お腹がもぞもぞしてきました。みんなそうだよね。

ということで、さっそく空いているトイレに向かって・・・

時間が早かったこと、奥まった場所であったこと、個数が多かったことから、2分も待たずにトイレに到着。これで一安心です。

びっくりしたのはそあと。

要を足したあとにトイレから出てみると、なんとトイレ待ち行列がはるか公園の後方まで続いてました。一体何分待ちなんだろうか。あと30分遅れていたら、スタート時間に間に合うにしても、確実に慌てたことでしょう。

f:id:tanoshiiau:20160723225832j:plain

上着と共に荷物を預けてしまうと、まだ寒い早朝、身体が冷えてしまうので、もう20分ほど、上着を着た散策。

前日にセットされていた公園内の舞台。おそらくここで優勝インタビューが行われるんでしょうか?そういえば、既に大型テレビが設置され、マラソンコーチらしき人が解説中。

そうか、今日は朝からテレビの生中継があるんだっけ?まあ、どうせ映らないんだから、関係ないけど!(^^)!

(ちなみに、メルボルンマラソンは、スタート開始からわずか20分程度の放映らしい)

f:id:tanoshiiau:20160723225926j:plain

その舞台の右側、仮設の出店がずらり。随分と長い人の列がで来てます。スイートポテト、チョコレート、コーヒーの文字が見えます。

この人達、若しかしてこれから走るランナー? いえまったくわかりません。 

もしかしたら6時前にスタートが終わった、ハーフマラソンランナーの付き添いの友人、家族の朝食なのかな?うん、多分そうだ!f:id:tanoshiiau:20160723230405j:plain

きのうも見た運河。その向こうにかすんで見える、シーワールド(前にも書きましたが、今回はここには行きません)。

水どりが飛んで、川面が揺らめいている。翻って、自分のこころは極め平静で、揺らぎもありません。

さあ、そろそろ最終の準備の時間になりました。