ホントに楽しい!オーストラリア

~楽しいからには理由がある~

日本一詳しいゴールドコーストマラソン2016 スタートしました

f:id:tanoshiiau:20160728233725j:plain

前日の喧噪。ゴールドコーストマラソン(フルマラソン)のゴール付近。

ここまで戻ってくるのが1つの夢です!(^^)!

さて、ここで今一度おさらいで、コースを少しだけ紹介しておきます。

f:id:tanoshiiau:20160716000931j:plain

上はスタート地点の公園にいくつか設置されてました、ルートマップです。

上の方にSTART/FINISHって書いてますが、中間地点まで往復するのではなくて、街を少し周回するようになっています。

 

ゴールドコーストは、サーファーズパラダイスなどいくつか観光名所として有名なところが点在しますが、サーファーズパラダイスを中心に走るのではなくて、サウスポートを中心に走るといってもいいかもしれません。

スタート地点である、サウスポートは、ゴールドコーストの中では行政の中心とも言われていますが、観光客である私たちにはあまりピンときませんが、住人にとっては結構大事な場所です(日本だと、県庁所在地近くにある、合同庁舎みたいなものかな??)

サウスポートはサーファーズパラダイスから見て5キロ以上北に位置します。

サウスポートをスタートしてからゴールドコーストハイウェイ沿いを南下し、観光のメインどころの

メインビーチ

サーファーズパラダイス

ブロードビーチ(今回宿泊しているエリアの海側)

の海岸に面したエスプラネード沿いを通り抜け、喧噪を逃れ静寂なエリアのバーレイヘッズまで約15キロ。

そこを折り返してサウスポートまで戻り約30キロ。

そして更にゴールドコーストハイウェイに沿って北上し、ランナウェイベイというほとんど住宅地のようなところまで約6キロ。

36キロ過ぎてから折り返し、再びサウスポートのスタート地点まで戻ります。

ルートは至って平坦。

途中橋を超えるところがあり、往復の際に若干の下りと上り、ブロードビーチの観光地店でも若干ですが、短い上り下りがある程度で全体的に本当にフラットです!(^^)!

 

上のコースガイドにもありますが、○のwのマークが給水ポイント、△のRがリフレッシュポイントで、スポーツドリンクと給水ポイント。人のマークがお手洗い。

暑い日中を考慮して、2.5キロごとに給水できる仕組みになっています。

ポイントでは全てボランティアスタッフが準備と片づけをしてくれます。彼らの支援なくして、マラソン大会は成立しません。

ちなみに、今年のボランティアスタッフは総勢1200名以上。

とにかく感謝感謝です。

ところどころで住宅街を走り抜けるところと、ハイウェイの片側の通行を制限して走る箇所がありますが、それを除くと広い道路を沿道の声援を受けつつ、走り抜けるにはこんなに気持ちいいんだとずっと思いながら走ったものです。

どうです?来年チャレンジしてみませんか!

おっと、その前に2016年がどうだったか、何も記してませんでしたね!(^^)!

それでは。