読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ホントに楽しい!オーストラリア

~楽しいからには理由がある~

日本一詳しいゴールドコーストマラソン2016  誤算の25㌔ けど、やっちゃった

20㌔を過ぎると、過去タイ記録ゾーンに突入。24㌔走ったとき、最後の2㌔は疲労困憊。とても走ったといえる記録じゃなかったんだよね!


足や腰の筋肉は、初心者ランナーにとって身体で感じていない疲れが出だす時期。
そこで、筋肉をほぐすために、太ももと、おしりを両方のこぶしでパンパンと強く
10回づつ叩く。
こうすることで筋肉の緊張がほぐれるそうなんだ。
そんなことをしているランナーは周りには1人もいませんから、なんだか「変な日本人おじさん」ランナーに見えるかもしれませんね!(^^)!


20㌔を超えると、さすがに限界に達するのか、徐々に歩き出すランナー、沿道で休憩を取るランナー、足や上半身をストレッチするランナーなど、今にも脱落しそうなランナーが続出。
道路も心なしか前後左右に空間ができ、なんだか走りやすくなってきました。
無理して追い越すこともないので、ますますマイペースで走れるので、とっても快適。
そういえば、バーレーヘッズに向うときにもいましたが、サーファーズパラダイス、サウスポートへ向かう途中、高校生(だと思う)のチアリーディングが歌って踊っての応援。
元気出るなあ。

f:id:tanoshiiau:20160809223611j:plain

とまわりをきょろきょろしているうちに、20㌔から飲み食いしていたから、またまたトイレに行きたくなってきました!(^^)!

2.5㌔毎にちゃんと給水ポイントで飲んでたから、飲み過ぎたかな??
まあ、一回目のトイレから既に1時間半以上間があいているから、正常な身体の反応でしょう。
たまたまですが、仮設ではなく、なぜか高層マンション群の中にポツンとトイレが。
自分では見分けが付きませんでしたが、数人の男性ランナーが急に走るスピードを緩めて、沿道が外れたため、ここがトイレであることがわかりました

男性ランナーがいなかったら、トイレを探すこともできず、あと数㌔悶えながら走っていたかもしれないと思うと、今になって青ざめてきました!(^^)!

そういえば、20㌔を過ぎたあたりから、なぜだかわかりませんが女性ランナーばっかり。あ、狙ってそこを走っていたんじゃないですよ!
なので、たまたま男性ランナーが数人いたので、助かりました。

2回目のトイレ休憩は写真などを撮らず早々にコースに復帰。それでも、1分半の寄り道感覚だったからか、足の疲れも取れみたいです!(^^)!
なんだか足が軽くなって、でもペースは落としているつもりはなかったんだけど、あれだけ前方に行ってしまったと思っていた、ピンクの風船おじさん(ペースメーカー)に落ち着き、追い越すことが出来ました。ということは25㌔で5時間ペースをキープしていることになります。
すごいじゃん、自分!

ここまで来れました!25キロ!

(クルマの侵入防止のため交通整理をする作業員の女性たち)

f:id:tanoshiiau:20160809223701j:plain

表示盤が見えてきました。

2時間55分59秒!

スタートの6分を引くとおよそ2時間50分。も走り続けています!

f:id:tanoshiiau:20160809223732j:plain

トイレやドリンクなどを摂ったりするための休憩は有りましたが、それ以外は一切歩くことなく、ここまでたどり着く。ということは、歩かなかった距離の自己ベストを更新です!

では、今になって反省してみます。


・25キロ超えできたのは?
1.まずはコースの環境。ほとんどアップダウンがなく、ペースを一定にキープできたこと、それに
 さらりとした湿気、晴天とまずまずの気温に恵まれた。横風なんかも一切なし!
2.周りの雰囲気と、他のランナーたちに引っ張られるようにここまで来れました。
 もちろん、沿道の応援も元気づけられました。
3.そして体力。筋肉をほぐしたり、空腹(ハンガーノック)を予防し、水分補給を怠らず、体調も一定。
こうなると、結構ポジティブに考えてしまいます。
25キロを過ぎて、最悪歩いたとしても、1時間5キロ、残り17キロなので、3時間半くらい歩けば戻って来れる。いやあ、楽勝だ~!と思う事も出来ました。
ネガティブだと、身体も疲れてしまいますが、楽しむこと、ケガをしないことが最重要だったので、そもそもネガティブになる要素もありませんですね!(^^)!

 

さあ、25キロ。
・ここでは、膝や足が熱を持っているはずなので、給水ポイントで水を少しかけて足を冷やします。
という予定で、カップの水を足に上手くかけようと思っていたら・・・
「あっ」という瞬間、カップの水の半分を膝から太もも、あろうことか、シューズにかけてしまいました。
ちょっとしたアクシデント
シューズは水を吸ってしまいます。
そうするとシューズが重くなってしまいます。
また、水を吸収してしまうと、足とシューズのぴったり感に隙間が出来て、足が緩んでしまいます。
大雨の日に、革靴やハイヒールで水たまりに足を突っ込み、靴の中で足がキュッキュと緩む、あの感覚です。


ああ、やっちゃった!


正直そう思いましたが、思っていたより水を吸っていなかったこと、天気が良かったので、水分があっという間に蒸発してしまったことから、数分以内で元の軽いシューズに戻ってくれました。
なんという幸運!
心が落ち着いたところで、二回目の栄誉運補給食品を摂ることにします。
10キロ前の15キロ地点では、チョコバーだったので、今回はスタート時に食べたバナナ味。
ところが、お腹がいっぱいなのか、飲み過ぎなのか、あんまり食欲がありません。
うーん、この数キロは確かに飲んだり食べたりばっかりだったなあ!(^^)!
噛む力も少し落ちていることも判明。
では、半分だけにして、残りをまたあとで食べよう。
ちょっと計画が狂いました。その代り空腹ではないことも確認。
そういえば、ペースを一定にしたかったけど、追い越してしまったので、ペースメーカーおじさんと集団が後方へ行ってしまいました。
新たに誰かを見つけないと。

次の27.5キロポイントに向います。未体験ゾーンの2.5㌔。


気が付くとサーファーズパラダイスまで戻ってきました!