ホントに楽しい!オーストラリア

~楽しいからには理由がある~

日本一詳しいゴールドコーストマラソン2016 余韻、撤収

レースも終了し、帰り支度。その前に預けた荷物を受け取ります。


ゴールゲートから、更にレース参加者からの退場ゲートが別に設けられていますが、
そこをくぐって初めてサウスポート公園の一般のエリアに出ることができます。

f:id:tanoshiiau:20160821172715j:plain

いつの間にか、空が青く、高い。


もみくちゃにされるほどの狭さもなく、広々とした空間のサウスポートの公園は
どこにでもある公園かもしれませんが、本当に大きいなと。

朝6時には荷物を預けに来た仮設テント前に生えている芝生のあちこちに、たった今まで参加していた多くのランナーが寝そべったり、ランナー同士、チームで談笑したり。
友人、家族なのか、ランナーの周りには日常の格好をした人達が取り囲んで話し込んでいたり。
自分と同じような個人参加の面々は、さっきもらった完走Tシャツとメダルを芝生の上に置いて写真撮影。ちょうど間近に仮装して走ってきたランナーは、メダルと一緒に仮装の衣装も写真に収めたりと様々です。
じゃあ、自分もせっかくだから。
おなんじことをしてしまいましょう!

f:id:tanoshiiau:20160821172810j:plain

完走後の余韻に十分浸っている間に、時間が過ぎてゆきます。

そうだ、ストレッチしなくちゃ!

このまま何もせずにまっすぐに帰ると、身体に疲れが溜まったたまま。
あれだけ後半に上半身が落ちてしまいながらゴールしたわけですから、
腰や背中、レース中何度もたたいた太ももやおしりも疲れているはずなので、
再度パンパンと叩いて緊張をほぐす。
そして、今度は寝っころがって、背筋を伸ばし、足を交差させて足の付け根を
和らげたりと、腰、ヒザ、足首、脛(すね)に痛みが出ないように、じっくりと
ストレッチ。
特に腰に痛みを抱えてしまうと、明日以降歩くことがツラくなるので、後で和らげないと(もともと今日中にマッサージには行く予定でした)
15分くらいでしょうか。あまりながくやっていても、ランチタイムも過ぎてしまいますし、帰りもまだこれから自分でトラムに乗って、最寄りの駅からこれまた歩いて帰ります。
ツアーだったら、会場からホテルまでツアーバスに乗ったり、もしかしたら乗合いで
タクシーとか用意されているのかな。個人ではそんなことはできないし、お金をかけたくないので、公共機関で帰ります。
ちなみに、制限時間の6時間20分以内にゴールすれば、その時間まで動いている公共機関のバス、トラムは無料で乗ることができます。だったら、無料で帰りたいですよね!(^^)!

 

さあ、帰ろう。


会場を後にし、Gリンクの最寄りの駅に向かう多くのランナーたちに交じって。
向う先は同じだね。
特に外国人ランナーが目立ちますが、ほとんど個人で参加なのか、みんな公共機関を利用しているようですね。

f:id:tanoshiiau:20160821172932j:plain

あ、アジア人の姿が少ないなあ。

会場を出て、トラムの駅を1つ1つ過ぎていくと、最寄りのホテルが近いからか、続々とランナーが下りて行きます。

ただ、そのまま帰る人もいれば、トラムを降りてベンチに腰掛ける人も。
どの駅でもそうでしたが、ベンチで腰かせて休んでいる人の多いこと。
中にはベンチにそのまま真横になって寝ている人もいました。
なんか、うずくまっている人もいました。
それだけ暑かったし、体力を消耗してしまったんですね。どこの国の人が体力あるとかないとか関係ないですね。

ランナーの皆さん、本当にお疲れ様です。

そういう自分も、トラムには20分乗ることになりますが、途中で降りて行った人がいたので代わりに座ることができました。たったそれだけでものすごくホットしたといことはもの凄く疲れていたんでしょう。
ようやく最寄りのフロリダガーデン駅に到着。
約10名が下りて行きましたが、みな駅から見える徒歩5分くらいのホテルに向かっています。
自分だけは、まだまだ先の民泊の宿へ。
ゴールドコーストマラソンに参加するために、朝は10分少々で駅までたどり着きました。
帰りはなんだか10分で宿までたどり着く気がしません。それだけ足取りが重い。。。
日曜の昼間なので、途中通過してみたレストランは殆どやってないようだけど、
世界のマクドナルドと、地元寿司チェーン店は満席になるほど大混雑。
それに、マッサージショップが1軒。あとでここにきてもいいかな?
それとも、ランナーたちで予約でいっぱいかな?
そういえば、足を冷やすためには、クールダウンが必要だとランニングガイドに書いてましたが、ツアー客は多分ビーチの近いところに泊まっていることでしょう。
後でビーチに繰り出すから、マッサージショップは空いているかな。
とどうでもよい妄想をしながら、あと数分で宿に到着。
決して重くない(普段だったら、ですが)荷物を早く部屋に置いて
「あー、とにかくゆっくりしたい」
ことしか頭になく・・・


バナナ2本や水を十分摂ったせいか、空腹感はなし。


ランチどうしようかな。