ホントに楽しい!オーストラリア

~楽しいからには理由がある~

日本一詳しいゴールドコーストマラソン2016 クールダウンその2 ケアはプロに任せよう

夕食を摂るまえにどうしてもやっておきたかったこと。
それはマッサージ。
マラソン終了後、宿に戻ってくる途中にもマッサージ店があったこと、サーファーズパラダイスにも複数のお店を事前に確認してはいましたが、ブロードビーチの繁華街からは反対方向に向うため、諦めてブロードビーチエリアで探すことに。
繁華街なんだから、ないはずはありません。
と強気に思ってましたが、日本で事前に探したときは、ホテル内の高級スパしか見つからなかったし、街中のマッサージがどこにあるのか一切情報がなかったため、正直見つかるのか不安。


その不安は的中。


ここぞとばかりに見つけた、ショッピングセンタ(ブロードビーチであれば、有名どころはオアシス)のマッサージショップは、日曜日のためにお休み。
ショピングセンタを3,4探しましたが、見つからず。
明日以降の身体の調子を整えるには絶対に外せないマッサージ。
最悪はサーファーズパラダイスに戻るしかないなあ。
と半ば諦めていたそのとき。
オアシスショッピングセンタの道路挟んで反対外に見つけました、中国人経営のマッサージショップ。

f:id:tanoshiiau:20160828185204j:plain

写真はブロードビーチの繁華街。夕方5時で酔客で満席

 

時間帯が既に夕方に差し掛かっていたせいか、ショッピングセンタに近く、他のマッサージ・ショップが休みだからか、はたまた本日はゴールドコーストマラソンが開催されたからか、店内は既に満員状態
1時間待ちと言われましたが、今更他を探す元気もないので、予約を入れました。
嬉しいことに、スポーツマッサージのコースがあったため(英語だったし、そもそも普通のマッサージとの違いを日本語で説明されても、やってもらわないとわからないけど・・・)、

70分だけど奮発して・・・
今日は特別だから」(と自分に言い聞かせ。あ、でも本当に特別だし!)


それに、まずは身体が第一。明日の行動は全てこのマッサージに掛かっているといってもいいでしょう!
マッサージの内容についてはここでは特に詳細には書きませんが、おかげで翌日の身体の動きの軽いこと。
自分でも手足をもんだり、腰をもんだりすることはできますが、身体の奥深いところに溜まった疲労は、やっぱりその道のプロに頼んでもらった方が一番です。 

結果を先にいうと。
前回メルボルンマラソン(ハーフ)に参加したときは、満足にストレッチやクールダウンすらしなかったせいか、翌日、右の膝には激痛と、同じく右足の脛(すね)に大きな痛みを感じながら、右足を引きづりながら歩いたものです。しかも、せっかくの1日、更に翌日の夕方までの、トータル2日弱あったのに、ツライ観光になってしまいました。
ところが、今回はフルマラソンを走り切ったにも関わらず、足の痛みはおろか、もともと爆弾を抱えていた腰や、それを支えていた背中や肩、首の痛みもなく
「ああ、痛みが無いって、本当に楽だなあ!」
なんてのんきに思ったものです。


準備を怠らないって、仕事だけではなく、何にでもあてはまりますね。

ちなみに、ゴールドコーストマラソンの後に限らず、マッサージをやりたい場合は、自分で下見したほうがよいです。
レース参加前に日本でネットで探せないこともないですが、(潰れたり、オーナーが変わったりで)お店の回転が速いこと、サービス内容が変わること(マッサージ師のスキルの有無、得意不得意、その日に出勤する人が男女の誰かなど)がわからないので、確実にマッサージを受けに行くなら、事前に街を歩いて、場所を抑え、できることなら予約を取っておいた方がよいでしょう。
しかも、マラソン当日は日曜日。

平日はオープンをしていても、日曜はオープンしていないこともあります。

自分も、当てにしていたショッピングセンタに必ずマッサージショップがあることを事前に抑えておいたのに、日曜当日に行ったら全て休みだったというオチ。

こちらは疲れた身体を、文字通りはいずり回ったのに、このざまでした。

よーくチェックしといてね!(^^)!


ホテルでも呼べないこともないですが、みなさん同じことを考えていると思います。

混雑していることも考えられます。

待っているうちに夜になっちゃった!なんてもったいない無いようにね!
是非抜かりなく!(^^)!