ホントに楽しい!オーストラリア

~楽しいからには理由がある~

日本一詳しいゴールドコーストマラソン2016 まとめ

ゴールドコーストマラソン。
初めて参加して、(そしてフルマラソンを完走して)これまでのことをまとめてみました。
・ロケーション
南半球のため季節が逆。年間300日も晴れているので、レースもだいたい晴れる。
湿度も低く、最高気温20℃で清々しい。
集合の早朝は多少寒いが、レース開始後は快適な天気に早変わり。
海からの風が心地よい。
時差1時間。直行便で行ける。現地の空港から30-40分でゴールドコーストへ。
・コース
全般的にとっても平坦。記録を狙う参加者も多数
緑豊かな公園内や、ゴールドコーストきっての高層ビル群の間を走る、コントラスト
日本と違い、リゾート気分で走れる感じ。

・レース
2.5㌔毎にドリンクが、5㌔毎にトイレがあるので、とっても安心。

(ドリンクは熱中症予防のためでもあります)
完走したら結果が地元新聞にも掲載。
市民マラソンのようで、有名なトップランナーも参加。
同じ日に開催するハーフマラソンフルマラソンのコースは別

・日本人向け
600名以上の日本人ランナーが参加。ボランティアも日本語を話せる人も多く、外国ならでは不安は全く不要。
日本人向けのインフォーメーションが多数設置。オーストラリア側も慣れているみたい
レース前やレース後に日本人向けに有名ランナー(年により違いますが。谷川真理さんや、川内勇輝さんなど)と一緒にレースチェックや打ち上げもあり、とっても和気あいあい!(^^)!
・オーストラリアならでは
多くの沿道で、参加国関係なく応援してくれる
ファミリー、警備員関係なく、間近で応援。ハイタッチもでき、とっても距離感が近い
みんなとにかく明るい。
一方、みんなマイペース。全く意に介さない人が散歩していたり、カフェでくつろいだり。それでも、スポーツを愛する国民性なのか、関心を持ってくれる人の方が多数。
とってもフレンドリー!(^^)!

f:id:tanoshiiau:20160819110816j:plain

・参加記録

2016年のレース参加者、26,473人、新記録4レース、ボランティア1200人以上(ボランティアのご支援がないと、レースが成り立たないほど、とても大事な存在です!)

 

このブログでは本格的なマラソンをしている方、ゴールドコーストマラソンのリピーターはいないと思いますので、初心者の方、ゴールドコーストでマラソンを走ってみたいという方が来年以降、ゴールドコーストマラソンに参加したいと思ってくれたら、それだけで大変うれしゅうございます。

f:id:tanoshiiau:20160821172810j:plain

以上、日本一詳しいゴールドコーストマラソン2016 でした!