読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ホントに楽しい!オーストラリア

~楽しいからには理由がある~

ゴールドコーストで民泊14 続真剣勝負な番組好き

料理番組が終わったら、旅番組が始まってました。
オーストラリアの人にとって、旅行先はどこが人気なんだろう。
テレビ番組から何かわかるかもしれないと、ちょっと番組をみたくなり、わくわく。

アジアの風景が番組の冒頭に出ていて「お、これは日本でも出てくるか!」
とかなり期待しましたが、アジアの「あ」の字も出てこなかった。

放映先は、アジアではなく、太平洋の島国。確かパプアニューギニアだったかと思う。
それも、「お国柄を紹介」「観光スポットを紹介」するのではなくて、現地の風習にチャレンジするというもの。

いわゆる「現地の人とガチンコ勝負」。

まじな対決みたい。

そういえば、日本でも旅番組はたくさんあります。


現地の風習にチャレンジする番組もありますね。最近でも「世界の果てまでいって○」
とかなんとか。
しかし、現地の人にガチンコ勝負を挑むのではなく、へなちょこな芸人や、予算がないので番組プロデューサーが自ら企画して自ら参加する(とっても予算が少ない)。
そして、日本でやったらとっても恥ずかしい失敗を、恥のかき捨てとばかり、現地で
思い切り笑われるような失敗(日本では大うけ)をして番組終了するのが最近の流れに
なっているようですが、オーストラリアでは受けないんでしょうね。

そういうわけで、パプアニューギニアで何のガチンコ勝負をしようとしているのか、
全くもって理解できませんでしたが(笑)、恐らく、
・格闘技で1対1で戦う
・相手より早く泳いだり、走ったりする(山登りも)
・弓矢か何か、上手に扱う(うーん、なんだか説明し切れません・・・)

と競技がはじまったところで、民泊の主が、「そろそろ寝る時間だから」と
テレビを消されてしまった。あたた!
「あ、まだ見るのであれば、テレビ見てていいよ」
といわれてしまいましたが、「寝る」と言われると、なんだか1人で見ていることに
罪悪感を感じてしまったので、自分もテレビは止めることに。

f:id:tanoshiiau:20161119210350j:plain

ああ、それにしても番組の続きはそれはそれで見たかった。
ガチンコ勝負の結末、日本的な終わり方と違って、大笑いを取るような終わりでは絶対にないよね。

 

今度は1人でもテレビを見て理解できるようにしないとなあ。

だから旅は止められない!