読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ホントに楽しい!オーストラリア

~楽しいからには理由がある~

プラン決定!タスマニア旅行! 5

オーストラリアの魅力 ファミリー 大自然

昨日の続きです。
・動物。
オーストラリア大陸で動物と言えば、誰も否定はしない、コアラにカンガルー、ワラビー。
それに飛べない大型のエミュー、ちょっと小型のヒクイドリなど、もっと大型になると
ワニ、海ではイルカにクジラ、アウトバックであればトカゲなどの爬虫類など、切りがないですね。
でも、タスマニアでないと見れない動物、タスマニアなら普通に見れる動物もいるんです。

 

まず筆頭にあげられるのは、タスマニアデビル
ほかの都市では動物園のみでしか見れませんが、さすがタスマニアという名前が付いているだけあって、タスマニアの指定されている地域であれば、野生のタスマニアデビルが観察できまるみたいです。

 

次にポピュラーなのが、オンバットではないでしょうか?
オーストラリア大陸にもウオンバットはいますが、タスマニアでは野生のウオンバットの集団に遭遇する確率がダントツだとか。

特に世界遺産にも登録されているクレイドルマウンテン付近では夕方えさを探しにやってきたウオンバットに触れるほど近くで見ることができるそうです。

 

更に、個人的な興味になりますが、カモノハシ
オーストラリア大陸クイーンズランド州でも見ることもできますが、遭遇率はやっぱり低い。
だったらここに行ってしまおう。
プラピータス ハウ

Platypus House - Beauty Point, TAS - Home


ここでは、カモノハシだけの成育の研究をしており、目の前でカモノハシが泳いでいる姿を見ることができるとか。

野生ではないにしても、優雅に泳いでいる姿を目にしたいものです。

 

これ以外にも、
ハリモグラ
パディメロン
といった、あまりオーストラリア大陸でメジャーな部類ではない動物たちもおります。
また、タスマニア島の南東部。フレシネ国立公園から海岸線を北上したところにある町
ビシェノの北に位置にイーストコースト ネイチャーワールド

East Coast Natureworld | Tasmanian Devils | Wombats, Birds, Reptiles, Nature Park and Zoo

がありますが、ここではウオンバットが抱っこすることができるらしい。
家族全員で抱っこしたいなあ。

 

これだけでももうやることが超たくさんありますね!