読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ホントに楽しい!オーストラリア

~楽しいからには理由がある~

タスマニア 一味違うオーストラリア 動物たち

今回もですが、ファミリーを中心に行動すると、やっぱり子供たちも楽しんでもらうことを考える必要があります。


カフェでお菓子を食べ歩くのもいいですが、それだと子供たちも飽きてしまいますね。
かといってアトラクションがたくさんあるわけでもありませんし(それを求めるのであればオーストラリアであれば是非ゴールドコーストをお勧めします)、どちらかといえば
「自然を楽しみましょう」
景色をみたり、動物と触れ合ったり。


日本だとせいぜい犬、猫、たまに小鳥や爬虫類はいるかもしれませんが、それくらいですよね。


やっぱり大自然に生きる野生の動物、しかもある程度は安全な生き物(向こうが襲ってこないというレベルです)。


有袋類。オーストラリア固有の動物。
その中でも、オーストラリア大陸と違って、まだまだ一味違う動物を見ることができます。
・ウオンバットの宝庫オーストラリア大陸にもおりますが(主に動物園)、野生でたくさん見ることができるのはタスマニアだけ。
タスマニアデビルは名前のとおり、タスマニアならではの動物。ここでしか見れません。
カモノハシ
・エキドナ(ハリモグラ)。あまり有名ではありませんが、見ると一気にファンになってしまいます。
ペンギンメルボルンのフィリップ島で、夜上陸するペンギンたちを見ることができますが、制限がある
 ため、あまり近くまで見れません。その点タスマニアでは。。。
ポッサム
パディメロン(ワラビーをさらに小さくした)
クオール
あざらし南極海に近いので、生息を観察したければたくさん見れます。


その逆に見れない動物もたくさん。
筆頭のコアラ。タスマニアはおりません
大陸を走り回るエミュー大型カンガルーもお目に掛かれません(ヒクイ鳥も)。

 

とにかく、動物を見るのではなくて、「触れる」「間近で見る」
ことを体験させたいですね。


一生の思い出になるはずですから。

あ、飼い猫もいたんだ。

それはそれで可愛かったけど(笑い)。こちらも1つの思い出かな。

f:id:tanoshiiau:20170430225334j:plain

写真:2017年3月28日