読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ホントに楽しい!オーストラリア

~楽しいからには理由がある~

タスマニア 一味違うオーストラリア ペンギンパレード

タスマニアは本当に動物に接する機会が多い、と日本に帰ってきてつくづく思いました。
行く先々で、ちょっとクルマを走らせれば、大自然に浸れるし、野生動物がいなければ
近くのワイルドライフパークに立ち寄ればいい。
どこまでも自然と共生できるところは広いオーストラリアといえども、そうそうはないだろうな。

 

ホバートから、人気スポット上位に必ず入る、フレシネ国立公園。
その近くにいくつか点在する、観光滞在地。
1つの町、ビシェノに滞在しました。
目的は、イーストコーストワイルドライフパークに行くこと。

しかし時間切れのため行けず(涙)。


もう1つは、ペンギンパレードを見ること。

オーストラリアでペンギンパレードといえば、一番有名なのがメルボルンの郊外(クルマで1時間のところにある)フィリップ島ではないでしょうか?
メルボルンからのツアーもたくさんでていて、すでに行ったことのある人もいるでしょう。
メルボルンから近いのは非常に良いことですが、なんせ参加人数が多い。
そのため、予め係員の誘導に従って、指定された場所に早めに座り(後から後から人がやってくる)、そしてペンギンが海から上陸するのを待つ。ペンギンほうは海で餌となる魚をたくさん獲ってから上陸するから、本当はいつ来るのかわからない。しかも遠いし。

 

それだったら、もっと近くで見れるツアーがある、と聞いたのがこのビシェノのペンギンツアーだった。

 

それでも、ペンギンパレードのピーク時は、見学者が世界中からやってくるらしく、やっぱり間近で見れないらしい。
近くのツアー集合場所から海までは、何度か送迎バスによるピストン輸送が行われるとか。
なんだ、結局フィリップ島と同じなのか(あとはツアー代金だけの差なの?)

だが、今回3月末のいう時期はすでにペンギンの産卵のシーズンを終え、あがっているペンギンは少ないと事前にツアー会社から聞いてきたが、最低でも4,5羽は見れるらしい。
しかも、ピストン輸送するバスもなく、せいぜい10数名程度。間近で見れるなら少なくてもいいぞ!


と、勢いで申し込みしました。
しかも空は晴れていたこともあり、天候も見方している!

 

結論からいうと、参加して大正解!

このツアーで一番良かったことは、
・バスが出発するツアー会社の周りにほとんどのホテルが集約
 我々が泊まったホテル(キャラバンパーク)からはなんと徒歩1分。
・ツアーバスが出発する場所からペンギンパレードのある海岸まではバスで5分以内。
・更に海岸からペンギンパレードのある場所までも徒歩5分。
行きは集合時間で時間を過ごしましたが、帰りはなんと10分でホテルまで。
この時間短縮だけでも利用価値無限大です。
次に
・ペンギンが海岸から陸に上がってきて、自分の住まい(巣)まで通る道まで、最短距離約3メートル。
がペンギンパレードのルートのようですが、
・見学コースの遊歩道を横切って、巣穴に帰るペンギンまでは、もう手を伸ばせば触れる距離。
 もちろん、そんなことはやってはいけませんので、子供たちには十分注意をしましたが。
・人間が大股を広げれば、くぐるペンギンもいるらしい
そんな近い距離に「稀にいるよ」とは聞いていたものの、まさか自分たちが行ったツアーで、目の前にペンギンがいるとは!

大量のツアー客を捌く必要の無いレンジャー(係員?)も暇なのか、事前に抑えてあるペンギンの巣穴まで紹介してくれる
「ほら、ここが巣穴なんだよね」
と低木(ブッシュ)に生えている草を分けて、巣穴を見せてくれたら、なんとすでにペンギンが陣取って眠りについていた!


 これは偶然なのか、知っていて紹介したのかわかりませんが、ペンギンの生態が目の前で観察できました。
それに、一般の観光客はフラッシュを焚いてはいけないため、写真は捕れませんが、レンジャーの持っている専門のライトではOKだそうで、レンジャーが当たり構わずライトを当ててくれたのもラッキー。おかげ真っ暗な夜空のもと、よく見えましたよ!


ツアー客も、欧米系または旅行会社の手配したツアー10数名のグループが1班。
個人で申し込んだ我々日本人4人と香港人のカップル2人の合計6人が2班。
2班にはレンジャーが3人も付いていたので、ほとんどレンジャーのチャーター状態。
ほとんど1対1で話ができるなんて、他のペンギンパレードではありえない光景です。
もっとも流暢に会話していたのは香港のカップルだけどね。我々は横で聞いているふりをするだけ。

 

さて、ペンギンパレードは、当初の予想をはるかに超え(少ないけど(笑い))、陸に上がってきたペンギン8羽。
沖から海岸まで来て、岩影などにたたずんだままのペンギンも8羽くらい。
巣穴で眠るペンギン1羽。

ピーク時には数100羽が陸に上がってくるそうですが、1羽をじっくりと追っかけられるのもいいかも。
(愛情がわいてしまうほどです)

 

たった1時間半程度のツアーでしたが、写真が撮れない分、子供たちもしっかりと目と心に焼きついたことでしょう。

そう思ってやみません。

 

記事:2017年3月29日