ホントに楽しい!オーストラリア

~楽しいからには理由がある~

動物・植物

砂でできたフレーザー島 なぜ動物が?

オーストラリアには変わったもの、不思議なもの、「え、どうして?」というものがたくさん存在します。それも誰もが見てわかるものとして、 ウルル(エアーズロック)はとっても大きいが、それも氷山の一角、地中の方がでかい とか、 カモノハシはくちばしが…

嫌われる動物たち

人間が勝手なことをしなければ、僕たちだって自由に生きられるのに。 と、オーストラリアに住む、ある動物はきっと心の中で思っているでしょう。 もし人間がいなかったら、オーストラリアの動植物はどんな世界になっていたんでしょうかね。 例えば、アフリカ…

ペリカンをお忘れなくー2

先月9月11日にペリカンについて書きました。 非常に珍しいような、珍しくもないような感じになってしたので、改めて深堀したいと思います。 tanoshiiau.hatenablog.com オーストラリアでは海辺に行くと結構な確率で遭遇するペリカン。 あまり飛び立ってく…

今度はクジラと地球異変

意図していたわけではありませんが、なぜか海の生き物について、続いています。 さて、今度はクジラです。 日本のプライムタイムでのニュースでも御覧になっている方も多かったのではないでしょうか? タスマニアのクジラのニュースです。 news.yahoo.co.jp …

あなたはウミガメからプラスチックのゴミが見えてきますか?

今世界中でプラスチックゴミの見直しが始まっています。 日本ではわかりやすいところで、コンビニやスーパーでもらえたビニール袋が有料となりました。これだけでもだいぶ利用するお客が減ったとのことです。 なにもしないよりは何かしたほうがいいことなの…

サメとサーファー (ちょっと長文)

先月、女性のサーファーがサメに襲われ、噛まれたことに対して、一緒にサーフィンしていた彼氏がサメを何度も殴って撃退したニュースがあったことを記憶している人も多いかと思います。 www.cnn.co.jp このできごとがあった数日後に、なんとあのNHKの夜7時…

ペリカン お忘れなく!

オーストラリアで巨大な鳥といえば、世界第二の大きさを誇るエミュー(飛べない鳥でも世界第二位)、世界最強クラスの狂暴なヒクイドリが有名ですが、どうもこちらを忘れがちなのであえていいます。 インパクトがあるのはこっちじゃないかなあ? 巨大ペリカ…

タスマニア 3大かわいい動物

今朝の情報番組で、たまたま再放送のタスマニアを見ることができました。 遠かったけど、行ってよかったなあ。 そしてもう一度会いたい動物たち。 同じことを何度も子供たちからも聞いています。 やっぱりオーストラリアというと、動物なんでしょうね。 オー…

世界一忙しい野生動物病院

世界で一番忙しい野生動物病院がオーストラリアだということは、どれだけご存知でしたでしょうか? ゴールデンウイークのステイホーム期間に、1つでも学習するよい機会ですよ~! australia-now.info 昨年の10月以降、オーストラリアでは稀にみる大森林火災…

犬、大人気

シドニーの観光地の1つ、ダーリングハーバーのお隣、現在シドニーのシティーの中では最大規模の再開発真っ最中のバランガルー。 ここでジェラートを食べながら小休止していたら、通りかかりました。 とってもかわいい。可愛すぎます! よくしつけられたのか…

オーストラリアの森林火災 いまだ衰えず

今年ほど地球温暖化の影響で世界中に被害をもたらしたことは、かつてなかったんではないでしょうか? 連日ニュースになっているオーストラリア東海岸での森林火災。 ついにコアラが1/3も死亡する規模にまでなってしまいました。 headlines.yahoo.co.jp 1/3は…

すべてが止まる! メルボルンカップ

先日の11月5日(火)、すべてが止まった。 例えば、全米でもっとも視聴率の高い、そして全ての視線がそこに集まる、とまで言われているのが、NFL スーパーボール、アメリカンフットボールの決勝戦。 sports-newstar.com 全米が熱狂し、何がおきてもおかしく…

悲報 コアラが森林火災に巻き込まれる

異常気象が引き起こす規模が年々大規模化しているのに、もはや誰も疑いのないところでしょう。 日本でも巨大な台風や大雨を降らせた低気圧により、東日本を中心に多くの河川の氾濫が発生しました。 一方で、アメリカ西海外にあるカリフォルニアの山火事も毎…

桜咲く、オーストラリア

桜も満開の先週の首都圏から、いよいよこれから東北地方にかけて桜前線が北上中と思います。 さて、この桜、オーストラリアにはあるんでしょうか? いくら季節が反対だからというだけで、桜が咲くなんて。 とお思いでしょうが、実は桜が見れるところがいくつ…

シティーの隠れた素晴らしい公園 ハイドパーク

シドニーのシティーの素晴らしさはいろいろあって、行ったことのある人、住んでいる人からすると、「1つじゃないよ!」 というでしょう。 あ、魅力をたくさん感じた自分も、1つに絞れない(;'∀') 誰もが目指すランドマーク、オペラハウス。そこから眺める、…

オーストラリア人 ナメクジを食べる

たまに節度を忘れて、行き過ぎたことをしでかすわかものが多い、オーストラリア人。 今回はナメクジ食べた事件。 普通やらないことをやるのがヒーローだと思っているのか、 それとも、単にバカなのか! 多分両方なんだろうね。 ご冥福をお祈りします。

オースストラリア限定有袋類! かわいい対決 忘れてならぬ番外編!

かわいい対決番外編。 この動物を忘れてはならぬ!です。 さて、この動物はなんでしょうか? 答えは「ハリモグラ(エキドナ)」。 敵の攻撃にさらされると丸まって、身体から針のようなものを立てて身を守る。 というのはもちろんですが、かわいいところは別…

オーストラリア限定有袋類 ベストかわいい対決!

有袋類一、いやもしかしたらもはや世界一かわいい動物といってもいいかもしれない。 それが、ロックワラビーにも負けないくらいかわいい クオッカ。 その名前も、世界に轟き、知らない人はいないくらい広まりました。 インスタグラムの技術と知名度向上から…

お手柄オーストラリア犬 行方不明女児に寄り添うニュース

昨日のオーストラリアの記事。 www.afpbb.com 年老いた犬がいたおかげで、一晩行方が不明になっていた3歳児が無事発見され、助かったそうです。 オーストラリアでは以前にもこのようなニュースがあり、本当に心驚かされます。 日本ではどうしてないのかな?…

オーストラリア限定有袋類 ベストかわいい対決!

最近、オーストラリアの動物がメディアに取り上げられる機会が増えています。それも、どれもかわいい系。まあ、有袋類の動物はみんなかわいいですが、インスタグラムが登場してからかますます露出が増えていると思いませんか? 昨日、たまたまBSの番組で録画…

タスマニア 一味違うオーストラリア  ホバートで民泊にチャレンジ5 思い出のペット登場

ついに登場、民泊のペット! 良くぞ付けてくれた、日本人でも覚えやすいネーミング。オス犬 約6ヶ月。名前はアルフィー猫 性別・年齢不明 名前はパフィーオーストラリア人にとっては理解できないでしょう、90年代まで青春を謳歌していたら誰でも知っている、…

大スクープ! 泳ぐカンガルー

今まで噂は聞いた程度でしたが、それを実証した番組が本日23日19:30から NHK ダーウインが来た! で放映されます。 カンガルーが泳ぐ? この映像が今夜見れるというだけで、なんだかわくわくです。 なんだか最近番組紹介ばかりですね。自分の紹介もしないと…

ヒアリはオーストラリアでも問題になっています

南米の殺人アリといわれている、ヒアリのニュースは、日本各地の港で発見されるたびに、ますます水際で防げなくなっていることを見せ付けられてます。 同じ水際で対策を練っているのはオーストラリアでも同じ。 でも、オーストラリアでも2001年にヒアリが上…

タスマニア 一味違うオーストラリア とにかく可愛いパディメロン

パディメロン。あまり聞いたことがない。それもそのはず、こちらもタスマニアにしか生息していない、固有の有袋類。ヤブワラビー属(族じゃないよ)なので、ワラビーの一種ですが、かなり小さないでたち。 クオッカよりはふた回りはいくらいの大きさ(わかん…

タスマニア 一味違うオーストラリア ペンギンパレード2

夜、海岸に上陸するタスマニアのペンギン。 既にビシェノの町で上陸するペンギンを見てましたが、もう一箇所有名なところがあります。 プラピータス(カモノハシ)ハウスがある、ビューティーポイントから、更に河口に近い、バス海峡沿いの町、ロウ・ヘッド…

タスマニア 一味違うオーストラリア  ハリモグラ

タスマニア第二の都市、ロンセストン近郊の街、ビューティーポイントにはカモノハシ、タツノオトシゴ に加えて ハリモグラ を見学できます。 ハリモグラはオーストラリア全土に生息していますが、野生ではなかなか見ることができませんので、どうしても見た…

タスマニア 一味違うオーストラリア カモノハシ再び

以前このブログで、カモノハシを求める記事を連日書いていました。 1999年のパース動物園を皮切りに、2003年のシドニー水族館、2013年のケアンズ郊外のタザーリ湖と、カモノハシをどこかで見たいと、ずっと思い続けてかれこれ20年近くが経過しています。パ…

タスマニア 一味違うオーストラリア ペンギンパレード

タスマニアは本当に動物に接する機会が多い、と日本に帰ってきてつくづく思いました。行く先々で、ちょっとクルマを走らせれば、大自然に浸れるし、野生動物がいなければ近くのワイルドライフパークに立ち寄ればいい。どこまでも自然と共生できるところは広…

タスマニア 一味違うオーストラリア 本場は他にもいろいろ

タスマニアデビルを見る。 もし大人だったら、ナイトツアーに行くことをお奨めします。やっぱり夜行性の動物は夜に行かないと。そこで、ここでは2つ紹介します。昨日も紹介しました、 デビルアットクレイドル(DEVIL @ CRADLE) Devils@Cradle - Tasmanian D…

タスマニア 一味違うオーストラリア 本場の夜のタスマニアデビル

タスマニアデビルをホバート近郊、ポートアーサー日帰り観光の合間にタスマニアンデビル アンズー(場所はタスマン半島の入り口付近)でデビル君を見ましたが、旅行期間中にできればもう1回はみたい! だったら、国立公園で世界遺産にも指定されていて、より…