読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ホントに楽しい!オーストラリア

~楽しいからには理由がある~

美食大陸 オーストラリア を意識し過ぎたようなチャイナタウンの装い

日本をはじめ、世界各地にある、中華料理を堪能できる場所、「中華街」。

 

そんな中華街のイメージって、何でしょうか?

・はでな看板(とにかく大きい)。

・中華料理のお店が軒を連ねる

・他のビルと違って、なんとなく古さ、汚さを感じる

・猥雑さ、つまりワイワイガヤガヤではなくて、ワーワーとしたざわざわ感がある。

 

とこんなところでしょうか?

ところが、3年ぶりに行ったメルボルンのチャイナタウンは、少し装いが違ったような気がしました。

建物が妙にきれい。それによって、人々のざわざわ感になんとなく落ち着きを感じてしまう。

それは、多分建物のせいでもあるかもしれません。

f:id:tanoshiiau:20141229233741j:plain

それに、きれいすぎる。いや、いいことなんですが。

人も集まっていないので、いくらチャイナタウンとはいえ、ちょっと唖然としてしまいました。

自分が想定していた通りにならなかっただけですので、それを否定してはいけませんね。

でも、メルボルンは南半球最大のチャイナタウンと言われているところ。

今後、新たなチャイナタウンのイメージとしてメルボルンが発祥の地になってもまったく構いません。いや、美食を追究するオーストラリアの中華料理。

楽しみですね。

 

f:id:tanoshiiau:20141229235004j:plain

 それにしても、昼間は人がとっても少ないでした。