ホントに楽しい!オーストラリア

~楽しいからには理由がある~

世界で一番○○の島 ロードハウ諸島

オーストラリアには、さまざまな島があることを、過去何度もこのブログで書いてきました。

実際に、本当にいろんな種類の島があるんですね。

しかも、「世界で一番、〇〇の島」。が沢山あるんですね。

 

例えば、

 

世界で一番美しいと何度も評されたホワイトヘブンビーチがある、ウイットサンデー諸島。一番近くにある随一のリゾート、ハミルトン島

 

世界で一番幸せな動物と呼ばれるクオッカが沢山生息しているので、行けばすぐに出会える島、ロットネス島。

 

オーストラリアの有袋類や海の動物が生息し、奇岩や森林の大自然が堪能できる、島、カンガルー島。

 

世界で一番大きい砂でできた島。なのに透明度世界一クラスの淡水の湖をようする島、フレーザー島。

 

などなど、自然が豊かで美しい、だけではないんですね。

 

そして、他にも特徴的な島があります。

 

世界遺産にも登録されていますが、自然保護のため、1日400人までしか観光客を受け入れていない島が、シドニーからわずかフライトで2時間

その名もロードハウ諸島。

www.youtube.com

世界遺産を紹介して早や何年の某テレビ番組でロードハウ諸島がテレビ放映されます。

内容は実際見ていただき、確認してもらうとして。。。

 

実は2016年にも放映されていたんですよ。

しかも、こちらのブログでも簡単に紹介しておりました(^^)/ 

tanoshiiau.hatenablog.com

ちなみに、1982年に世界自然遺産に登録されていますので、かなり古い方です。

 

 さてさて、最初の問いかけに戻ります。

 

では、ロードハウ諸島では、世界で一番 何と呼ばれているでしょう?

 

正解は?

 

「世界で一番警察が暇な島」

 

らしいです(^^)/

 

オーストラリアの知り合いに聞いたことがあるレベルですが。

 

まあ、世界中で暇している警察はたくさんあるとは思いますが(^^)/

 

それだけ平和な環境だということですね。

 

それに、警察官は警察の仕事よりも、他にやることがあって、そっちに掛かりきりになっているとか。

 

真偽はわからないのでここでは書けませんが、はて、なんでしょうか?

 

警察の仕事が暇で、自然が豊富(しかも島暮らし)だったら、だいたいやることが限られるので、想像はつくんじゃないかと思いますが。

 

1日400人とはいえ、決して少ない観光客数ではないですよね。

こんなところで、日ごろの運動不足と、コロナによる窮屈な生活から解放されたい!

と思っている人は、日本にたくさんいるかと思います。

 

オーストラリア、特にシドニーに行く機会がある方は、是非ロードハウ諸島まで足を延ばしてみるのはいかがでしょうか?

 

オージーウッドって知ってますか?

コロナ禍にアメリカ本土から続々とセレブが街にやってきた

 

www.bbc.com

その数、うーん、一体何人になったんだ??

アメリカのセレブと言えば、ハリウッド。

それがオーストラリアに大挙して集まっているんだから、オージーウッドと呼ばれているそうです。

 

それはおいておいて。

 

基本的にはお仕事(映画の撮影)で来ているので、別に移住が目的で来ているわけではないです(と言って、中には帰国せずに住みついてしまう人もいるとおもんだけど)。

世界中でコロナウイルスがまん延している中で、自由に撮影できる、しかも英語圏と言ったら、オーストラリアとニュージーランドくらいしか今のところないですよね。

シンガポールも候補にあがりますが、国土が小さいので、撮影場所が限られそう!)

 

とはいえ、オーストラリア国民からは反感を買ってます

 

なぜなら、世界中にいるオーストラリア人が、飛行機の便数が限られていて、なかなか帰れないのに、セレブたちは自家用飛行機でバンバンやってくるから。

いくら仕事とはいえ、苦しんでいる国民よりも優先させるなんて、そりゃないよ。。。

ですよね。

 

セレブの飛行機を呼ぶくらいなら、1便でも多く帰国者のために飛ばせよ!と言いたくなるんじゃないかと。そうですよね。

 

ちなみに、このセレブに出てくるクリス・ヘムズワーズさんはオーストラリア人で、飛ぶ鳥の勢いのマーベル映画、「マイティー・ソー「「アベンジャーズシリーズ」で主役または主役級の活躍で、そのおかげかクイーンズランドに大豪邸を建ててます。

そこにマッド・デイモンが頻繁に遊びに来ている姿があるとか、ないとか。。。

 

音楽のほうでは、今や世界で最も影響力のあるアーチストと言ってもいいエド・シーランもオーストラリアへ。

彼は、有名プロモーターだったオーストラリアのマイケル・グディンスキー

の葬儀のために訪れていたそうです。

 

nme-jp.com

欧米から続々とオーストラリアに来る姿を見て、世界が狭くなったのか、オーストラリアから世界への影響力が増えてのか?

まあ、私は後者だと思っていますが、いずれにしても今後は、芸能方面も目が離せませんね。

 

オーストラリアに集結した、ハリウッド、じゃなく、オージーウッドの皆さん。

シドニーばかりいないで、もっと他の都市や大自然に行ってください。

魅力的なところはもっとたくさんありますよ!

そして、セレブからオーストラリアの素晴らしさを発信してもらいたいものです。

 

 

 

福岡国際マラソンが終了。そしてオーストラリアとの関係

自分で書いていて、なんと長いタイトル(笑)。

 

今年12月に開催する第75回福岡国際マラソンで幕を閉じるとの報道がありました。

www.asahi.com

多くの国際マラソンや、オリンピックの選考を兼ねたレースだったりしたこと、もちろん長い歴史や数々の名場面から、この大会の終了は多くの方面から惜しむ声が聞かれました。もちろん、日本の黄金時代を見ていた私にとっても寂しいニュースでした。

そんな感傷とオーストラリアとなんの関係があるの?と思われるでしょう。

それが大アリなんです。

 

この福岡国際マラソンでは数々の記録が生まれました。

(記録が生まれるマラソン大会は世界中を見て、そんなに多くはないんですよ)

 

そのうちの1つ、1967年12月、世界で初めての記録、2時間10分を切るという大記録が生まれました。2時間9分36秒

その記録を打ち出したのが、オーストラリアのデレク・クレイトンという選手でした(出身はイギリス)。

当時の男子陸上界では、2時間10分を切るのは、1970年代になってからだろうと予測されていました(まるで現代の「2時間を切るのは10年先だろう」みたいな感じでしょうかね)。

それを5年以上も前倒しで実現してしまったのがデレク・クレイトン。

で、この方、1969年にベルギ―のアルトウェルペンで2時間8分33秒というまたもや世界新記録(もちろん自己ベスト)を打ち立てました。

ja.linkfang.org

まさに彼の全盛時代

この記録は12年間も破れられることがなかったのです。

 

そしてその記録が破られたのが1981年、またしても福岡国際マラソン

2時間8分18秒、ロバート・ド・キャステラ。名前を聞いた方も多いかもしれません。

なんとこの人もオーストラリア出身なんです。

ja.wikipedia.org

いやあ、この時代、オーストラリアがマラソンの最高峰で、2人のランナーが新記録を持っていたなんて、信じられますか?

オリンピック マラソン大会に4回も出場し、全て10位以内と抜群の好成績を残す。

1986年優勝したボストンマラソンでは2時間7分51秒は自己ベストであるとともに、2021年3月27日現在でもオセアニア記録として破られていません。

 

そして彼は存命中。一度お会いしてみたいものです。

あ、デレク・クレイトンさんも存命ですよ。

 

この2人はオーストラリア国内各地域のマラソン大会で多くの優勝経験があります。

アデレードホバート、パース、ブリスベン・・・

f:id:tanoshiiau:20210327155343j:plain

アデレードのシティー

オーストラリア三大マラソンゴールドコーストシドニーメルボルン)ほどメジャーな大会ではないですが、一度彼らの軌跡をたどってみたくなりました。

 

シドニー短時間フライト? ポートマッコーリー

この1か月半、ブログを振り返ると、オーストラリア全土に渡って(もちろん行きたいからなんだけど)記事にしていたことに我ながら驚きました!

・注目の全豪テニス会場になったメルボルン

2032年にオリンピック競技開催の最有力候補となっブリスベン

・世界のどこからももっとも遠い大都市パース

・更に、オーストラリアのもっとも遠い土地を東西南北(の端にある島)の紹介など、「お、意外にまんべんなくじゃん!」と悦に浸ってしまいました。

 

じゃあ、メジャーになっていないところは?と「ふと我に」返りました。

テレビ番組やガイドブックに取り上げられていないところ

といって、レンタカーを借りないといけないような、観光も何もない外れの街でもない。

アウトバックで人も誰も済まないような大地(ウルル、西オーストラリア州北部のパヌルルの周辺とか)とかでもなく、忘れていない?

 

いや、あり過ぎて紹介できないだけです。

で、今週気になっていて、しかも行ってみたいところをピックアップします。

・ポートマッコーリー

題名になっている、ポートマッコーリー

なぜきになっていたかというと、今週3月18日に発表されたネットのニュースに、東沿岸部に大雨の警戒情報が出ていて、ポートマッコーリーが大雨の対象として記事になGっていたからです。

www.jams.tv

そういえば、ちょうど1年前は、大規模森林火災の消火も落ち着き、やれやれと言っている間に今度はコロナウイルスが世界中にまん延。

しかしオーストラリアは勝ち組で、今は生活も平常通りに戻っているし。うらやましい限り。

それはともかく、ポートマッコーリーって、そもそもどこ?

www.expedia.co.jp

ポートマッコーリーは、シドニーから海岸線を伝い、北に向かって約380㌔。

シドニーっ子にとっても、バケーションとして人気があるところみたい。

・美しい海岸と手付かずの自然がいっぱい

・高台には灯台もあり、クジラの泳ぐ姿が見れることも

・元囚人の植民地だった建物も残っていて、歴史遺産もある

まあ、これだけあれば、ゆっくりするにはいいのかも!

 

・移動手段が多岐に渡る

けど、その前に、実は別の事を調べていました。

日本からオーストラリアへ。そしてついた空港から街に出ずにすぐに次の街に行って、どっぷりオーストラリアに浸かれるところってあるのかな?

シドニー(キングスフォートスミス)空港で乗り継いで行ける、誰も知っている観光地でもなく、長いフライトに疲れることもないようなところ。

路線図を見ていて、目に留まったのがポートマッコーリーでした。

f:id:tanoshiiau:20210320161220p:plain

シドニーから海岸沿いに北に向かって国内線で近い順に、ニューキャッスル、ポートマッコーリー、コフスハーバー、バイロンベイ。

シドニーからクイーンズランド州ゴールドコーストまでフライトで約1時間ですので、それよりも近いところ。まあ、だいたい飛行機で1時間で移動できるってことですので、オーストラリア国内では非常に近距離です。

 

じゃあ、行ったら何をするかというと、実際には自然の中をゆったり歩いたり、地元産ワインを飲んだり、とまあアクティブに動くことはあんまり考えてません。

(アクティブな情報を期待していた人、すみません)

 

シドニーからのショートトリップとして、どっぷり自然派にはお薦めしたいなあ。

あ、でも行ったことないから、行った方是非コメントをお待ちしてます!