ホントに楽しい!オーストラリア

~楽しいからには理由がある~

マンゴーとコロナ

以前、フルーツ大国オーストラリアキャンペーンが展開されていた2014年に、マンゴーのブログを書いたことがありました。もう6年も経ってしまいました(^^)/

 

tanoshiiau.hatenablog.com

 オーストラリアのマンゴーはこんな感じ!

f:id:tanoshiiau:20201121110745j:plain

メルボルンのビクトリアマーケット内

今にも果汁が滴り落オーストラリアちてきそうなほど丸々としてますね

 

で、なんでこのタイミングでいきなりマンゴーかというと、食べたくなったから!

 

というのは半分ほんとで、半分冗談です(^^)/

 

10月に入り、オーストラリアは夏の時期を迎えます。

ということはこれからが収穫の時期ですね。

 

この読者の中には、ワーホリの経験者もいらっしゃるかもしれませんが、オーストラリア国内でワーキングホリデー中に一定の収入を得る方法の1つに「フルーツピッキング」、いわゆる収穫のお手伝いがありますね。

 

つまり、季節労働者が必要なときに声がかかります。

 

これはワーホリだけではなく、必要な季節労働者は国内のオーストラリア人をはじめ、海外からオーストラリアに来る外国人労働者の労働場所にもなっていました。

 

「いました」・・・と過去形になっています。

 

そうなんです。現在コロナ禍で海外に行くことができなくなったため、オーストラリアでもワーホリをはじめ、海外から人が入ってこないため、季節労働者が確保できない問題に突き当たりました。

これはマンゴーの収穫だけではなく、これからもっと収穫の人手が必要な、オーストラリアの一大産業ワイナリーなど、いたるところで問題が発生するでしょう。

 

で、話が戻って、どうしてマンゴーからこの話に戻ったかというと、ちょうど世界のトップニュースをたまたま見ていたときに、マンゴー収穫のニュースがあったからです。

11月17日のNHK BS1で放送されたので、ご覧になった方がいるかと思います。

人手不足をどう解決しようとしたのか?

 

それは、近隣の南太平洋にある島、バヌアツから人を呼んでマンゴーの収穫を実現したというもの。

 

国内でも移動がいろいろと制限されており(そもそもオーストラリアの若者が重労働のフルーツピッキングなんて、やらないのか)、海外との行き来は本来厳しいはずです。

 

ところが、バヌアツは、観光業の低迷を受け、観光客が来なかったことが幸いしてか、コロナの感染者がなんとゼロ!(取材時。その後11月10日に感染者が出た)

しかも人々の収入も激減していて、バヌアツ政府としてもなんとかしたい。

 

そういった双方の思惑が合致したのと、もともと距離的にもまあまあ近いオーストラリアとバヌアツ。オーストラリア政府がチャーターをはじめいろいろな用意をして、マンゴー農園の盛んなダーウインまで人を運んできたそうです。

マンゴー・ピッキング(狩り)は日本円で時給1900円ほど。バヌアツの最低時給の10倍なんだそう。

破格ですね!日本から比べても2倍くらいはありますね。

 

一時はマンゴー農家は壊滅的な状況に陥りそうだったそうで、出荷ゼロ無収入を選ぶか、誰かが借金をしてマンゴーを市場に出すのか、ギリギリの選択だったとその番組に出演していたマンゴー農家の組合(だったかな、正確には思い出せませんが)の方が行っていました。

そういえば、オーストラリアのマンゴー、海外にも出荷、と言っていたなあ。日本でも食べられるのかなあ?

 

今回はマンゴーの特集でしたが、このような話は今後マンゴーだけでなく、他のフルーツ、他の一時産業にも同じような話がニュースに広がることでしょう。

(ちなみに、オーストラリアの羊の毛刈りも問題になっているそうですが、スキルが必要な仕事のため、ニュージーランドから専門家にきてもらうしか方法がないらしいです)

 

ここで、ふと考えました。

もし日本がオーストラリアのようにコロナ拡大をシャットアウト(または感染経路を全部抑える)などして、国際的な信用を得ることができていたら・・・

失業者をオーストラリアが必要としている仕事を手伝ってもらって、win-winの関係になれたんじゃないか(難しい仕事ではないので、英語力はあまり必要ない)、そう思うようになりました。

まあ、これはあくまでも私レベルの勝手な発想ですが(^^)/

こんな草の根から早くオーストラリアと日本が行き来できるようになってくれると嬉しい限りです。

 

公平で開かれた民主主義国家 オーストラリア

来週の17日、18日、オーストラリアのモリソン首相が来日します。

 

こんな顔なんですよ!

f:id:tanoshiiau:20201114104007j:plain

ところで、最近のオーストラリアのコロナの状況です。

感染状況はこちらから。

ニュースなどでご存じかもしれませんが、7月に第二次とも思われる感染者急増(特にメルボルン)が見られ、一時1日800人を超えるほど増えました。

 

その後ロックダウンの緊急措置を経て、10月16日以降は全土でほぼ10数人以下を今日まで続けており、コロナ対応では優等生の国といっても過言ではありません。

 

しかも、欧米と同じように、日々生きるのはそれぞれ自由を貫く国民性。本来であれば政府にあれこれ言われたくないお国柄は、アジア諸国とは全く違います。

 

にも拘わらず、ここまで国民生活のために思い切った行動を貫けるのも、リーダーシップあってのことだと思います。

欧米では、自由(な生活を基盤とする人の考えで生きてきた)を貫いた結果、感染数は惨憺たる状況になっていますよね。

人口が日本の約4分の1の約2500万人とはいえ、感染者約28,000人(日本は11万人)、死者907人(日本1,854人、いずれも11月13日現在)はさすがです。

リーダーがしっかりと国民を見て、やることをやっていれば防げるお手本ですね。

どこかの国のリーダーのように、お友達だけ良い思いをして、あとは知らない(これは日本だけではなく、世界中にいくつもあります)ではないですね。

政府も国民も一体となれる国で暮らしてみたいなあ。

 

ところで、確かオーストラリアと日本の間は行き来が制限されているんじゃなかったっけ?

www.timeout.jp

日本では、コロナ対策を十分にした国から、順次海外からの受け入れを表明していますが、オーストラリアのほうは厳しい制限をしています。

2021年12月末まで、一部の例外を除き、観光客の受け入れは禁止。

オーストラリア国民と永住者は海外への出国の禁止。

 

やれやれ。ワクチンを待ちましょう。

 

そんなコロナ拡大中のやばい状況でも、あえてテレビ会議ではなくわざわざ来日するなんて、今後の日本とオーストラリアの結びつきはかなり期待できるものがあり、非常に楽しみですね。

それでも、モリソン首相は、帰国した日から14日間、きちんと隔離すると言ってます。

さすが、国のリーダーがこう言って率先するなんて、うらやましい。

必ず逃げ道を作って、すり抜けようとする日本の政治家とは対応が雲泥の差ですね。

 

これぞ民主主義国家、開かれた国

これだけでは全く言い切れませんし書ききれませんが、その一端を垣間見た気がします。

f:id:tanoshiiau:20201114110904j:plain

カンタスでもジェットスターでもなんでもいいので、早く乗りたいなあ!

 

写真 2016年7月

記念日はトラムでお食事を!

f:id:tanoshiiau:20201107093415j:plain

メルボルンティーを走る無料のトラム

情緒あふれる街、メルボルンティー

現在世界中で、持続可能な社会を作るため、シティーからクルマを制限し、環境にやさしいトラムを導入する動きが活発になっています。

日本だと、広島、鹿児島、富山あたりが先駆者(というか昔の路線を廃止しなかった??)ですが、ここメルボルンも路線がたくさんあります。

その中でもこの写真は、シティーサークル(City Circle)と書いてますが、グルグルと一周しますがそれだけじゃありません。

なんと、どれだけ乗っても無料なんですね。

これは素晴らしすぎる。

メルボルン観光に行ったら、(自由行動があれば)必ずお世話になる乗り物のはずですので、ぜひ一度乗ってください。車内はレトロ感満載ですので、心も体もタイムスリップができるはずです。

一方で、新型車両も続々導入されています。

f:id:tanoshiiau:20201107094058j:plain

いくつもの路線が郊外に足を延ばしてみてください。

同じ路線で、行って帰ってくるだけでも、市民生活を十分に楽しむことができますよ。

f:id:tanoshiiau:20201107094253j:plain

カードで自動精算

機械もなんとなくおしゃれですね。

 

ところで、メルボルンのトラムには、食事ができるって知ってましたか?

内装がレストラン専門の車両があって、フルコースを楽しむことができます。

www.jtb.co.jp

・ザ・コロニアル・トラムカー・レストラン

アーリーディナー
17:45発(19:15終了予定) 
レイトディナー
20:35発(23:30終了予定)

完全に大人の世界ですね。

しかも、オーストラリア人でさえ記念日として利用する方が多いとか。

というのも、あまりに人気にため、かなり前から予約が必要だからです。

(当日予約で乗れることはまずないでしょう)

こちら

から写真を参照してくださいね。

 

で、やっぱり記念に乗りたいなあ。まだ私も乗ったことがありません。

そもそも子連れ旅ですから、子供がそんな遅い時間まで歩き回らせることもできませんしね。

そこで、将来、結婚何周年とか、60歳誕生日とか、なにか区切りのある時に利用したいなあと考えています。自分の誕生日が12月中旬なので、記念日として利用した後は、年末にそのままメルボルンシドニーに移動して、ニューイヤー(大晦日)の大花火大会を見学する、というのがちょっとした計画。

およそ2週間の旅(それでも短いなあ)。

今から何年後になるかわからないけど、なんだかわくわくしてきました。

 

 

f:id:tanoshiiau:20201107095529j:plain

ちなみにメルボルンのトラム。

新型車両だけでなく、古き良き時代のオーストラリア各地で活躍していた車両も引き取ていたらしいので、いろんなレトロ車両にも出会えます。

メルボルンでのレトロ車両に乗る旅も、楽しいかもしれませんよ。

旅は急ぐのではなく、市民と同じ目線、同じスピードで動くともいいかと思います。

感染ゼロにドーナツの日

このブログでは、あまりコロナの記事にコメントを書かないようにしてきました。

日本や世界のニュースを散々みてきたうえに、さらにオーストラリアのコロナのニュースを見るなんて、あまりうれしい気分にはなれないと思ったからです。

 

ところが、今日はそんな気分が吹き飛びました。

なんと、オーストラリア全土で、コロナの新規感染者がゼロを達成しました

www.afpbb.com

つい先日までオーストラリア第二の都市メルボルンではロックダウンが行われ、国境は封鎖され、一度減った感染者(6月にはゼロになった)のに再度増加したため、「もはやどこの国でも同じ状況になってしまうのか」と諦めてたところにこのニュースでした!

 

さて、改めてオーストラリアについて振り返りましょう。

(超短縮版ですが)

オーストラリアの国土は日本のおよそ20倍。

人口は日本のおよそ6分の1の約2500万人

これだけ見ると人口密度がとてつもなく低いことがわかるかと思いますが、実際は人口の8割以上が海岸沿いの町に集中していることなどから、単純に人口密度からだけではわかりません。

 

・人口が少ないとはいっても立派な都市メルボルン

最近まで3か月のロックダウンがあったメルボルン。日本の人通りとあまり変わりませんね。写真は2014年のものですので、皆さんマスクはしていません(笑)

f:id:tanoshiiau:20201101220401j:plain

フリンダース駅前

シティには日本の丸の内のように大企業の本社が構え、銀座のように有名店舗が店とレストランが連なっています。

 

そして郊外に向かって住宅がずらり。クルマ(路線バス)で約30分乗っても住宅が途切れることはありません。東京から大宮に向かう電車に乗っている風景でも住宅が途切れることがないですよね。まあ、そんな感じです

 

つまりそれだけ人口も多く、密集しているということ。

 

コロナのクラスターがいつどこで起きてもおかしくありません。

 

日本では病院やレストラン、最近では学校関係など、いろんなところでコロナのクラスターが発生し、感染者は未だ小康状態に収まる気配はなく、むしろ増加傾向。

一方のオーストラリアでは、ほぼ完全に封じ込めに向けロックダウンや海外との往来をシャットアウトし、成果を上げてきました。

 

多少2国の環境は違うといっても、きちんとコロナ対策をとってきたオーストラリアに軍配があがるのは当然ですね。悔しいですけど。

 

もともと日本ではコロナ以前から手洗いうがいの慣行は進めていましたが(もともと衛生対策には抵抗のない国民ですからね)、政府のコロナ対策は欠陥だらけ。

 

一方のオーストラリアは、そもそも国民文化としては自由にその人の判断に任せる「自立性」を主体としているところから、マスク手洗い、さらにはロックダウンに従わないと法外な(?)罰金が科せられるなど、当初から相当国民生活を無理強いさせてきたわけです。

コロナ発生時、スタートラインは絶対に日本のほうが対策としては先行していたはずですが、政治家の指示・行動によりこうも結果に出てしまうことになるなんて思いもしませんでした。

 

おそらく、日本人の多くは、メディアの多くに露出しているアメリカや欧米諸国のコロナの感染者が拡大しているのを見て「日本のほうが全然しっかり対応できている」なんて変に安心している人が多いんじゃないかと思います。

 

一方で、対策で成功しているオーストラリア、お隣りのニュージーランドや韓国・台湾・ベトナム(そして、残念ながら中国も)のメディア露出が少なすぎますね。お手本がたくさんあるのに。

 

同じ欧米系、そしてアジアの先進国の1国オーストラリアのすごさ。

やはりこうした国民のために行動してくれる国に住みたいと今日の新規感染者ゼロで改めて思いはせてしまいました。

 

ところで、ドーナツの日は、6月第一週金曜日だそうです。

こんな日があったなんて、そもそも知りませんでした(皆さんもご存じでしたか?)

感染者ゼロにちなんで、オーストラリアは今日がドーナツの日、なんだそうで。

いっそのこと、オーストラリアだけ、今後は11月1日に固定化してしまえば、一生国の記憶として残るんじゃないでしょうか!

 

新型コロナウイルスパンデミック(世界的な大流行)が始まって以来、オーストラリアの累計感染者数は2万7500人超、死者数は907人で、現感染者数は200人を下回ったそうです。

 

写真:2014年10月