ホントに楽しい!オーストラリア

~楽しいからには理由がある~

カフェの街メルボルン 昼下がりの住宅街

さすがメルボルンと感じたのは、穴場カフェの多さとバラエティさ。

 

有名カフェは人の多い街中(か、真逆でその町に1軒しかない)にあるもんだと思い込んでました。

 

とある書籍に、ランチ時には店がごった返すほどのカフェが住宅街にあると読んで、調べたらどうもメルボルンシティから離れていないことが判明。

(現地まで行かないと距離感がつかめないのは、10回以上オーストラリアを旅しているが毎度のことです(^^)/)

早速、立ち寄りながら行ってきました。

・サウスオブジョンストン

周囲の建物に合わせたのか、元工場で居ぬきなのかわかりませんが、レンガ作りに新しい感覚を取り入れた構えを見せていますが、100%カフェ。サウスオブジョンストン

燦燦と降り注ぐ陽光に、テラス席があるのに誰もいません。

もしかしたら、人気が凋落してしまった??

いえ、時間帯がすでに15時半を回ろうとしていたからのようです(^^)/

店内に入ると、閑散。いや、人が少ないとこれまた落ち着いてゆっくりと座っていられるのもいいですね。

何人かはオフィスワーカーのようで、1人でパソコンと睨めっこしてました。

これまた日本と同じ風景ですね。

 

今はランチタイムではないので、ビジネスマンも、ご近所の住人の姿もありませんが、明らかに混雑していただろうことは容易に想像できました。

店員が多いこと、ショーケースのパン類🍞が残りすくないこと

所せましおかれたコーヒーカップ・・・

今はカフェタイムなのか、ケーキ🥞、お菓子に代わってましたが、カウンターの裏にアルコールもたくさんあるので、ディナータイムも用意されているようです。

まさしく、住民のための拠点になっていることをうかがわせるものですね(^^)/

 

・初のアイスコーヒーを注文

この後、アイスコーヒーを注文しました。

もしかしたら、オーストラリアに旅行に行くようになって以来、カフェで初めてアイスコーヒーを注文したかもしれません。

日差しが強かった~アイスコーヒー?

いえ、実はずいぶんと長い時間歩き続けたために💦汗をかいてしまい、のどがカラカラ。

冷たい飲み物が欲しくなったからなんです。

でも、アイスコーヒーを注文して正解でした。

カフェラテ、エスプレッソ、ブラックコーヒーばかり飲んできましたが、冷たい飲み物は違った意味で格別。スッキリとした味わいは想定してはいましたが、いい意味で舌にあっさりと残り、味わいが後を引き、幸せ感満載です!

 

ふと店内を見回すと暖炉を発見

暖を取るほど寒くなる冬(メルボルンの冬は5℃を切ることもあるんです)。

暖炉に集まっておしゃべりに花が咲くことを想像してみました。

こんなカフェ、普通都会にはないですよね?

一度冬に来てみたいですねえ。

店内は奥行があり、テラス席も含めると50席は余裕でありそうです。

となるとランチタイムは大混雑ですね。

・オーストラリアのカフェはオープンテラスが似合う

表通りから店内に入る間の奥まったところにもテラス席を発見。

このサウスオブジョンストンに限りませんが、オーストラリアのカフェはオープンテラスが似合いますね。さすが太陽のもと、ゆっくりした時間を堪能するのは、自然と共に過ごすのが一番。自然とオープンテラスに向かうんでしょうね。

特に日差しの強い夏の午後。

吹き抜ける風を受けながらアイスコーヒーを飲む。

 

今回は初春のころでしたので、最高気温もせいぜい20℃。

やっぱり盛夏に訪問して、真夏の日差しをカフェで受けてみたいなあ。

 

写真2022年10月3日

サッカーワールドカップ2022 感動をありがとう

盛り上がっているサッカーワールドカップ

日本の話ではありません。

このブログですので、オーストラリアの話だっていうことはわかりますよね。

オーストラリアのサッカーの活躍について。

 

・まさかの予選リーグ突破

 16年ぶり2回目の予選リーグ突破なんです☺

しかも難敵デンマークに勝利。

日本がドイツ、スペインに勝てないなんて思っていたように、誰もオーストラリアがデンマークに勝てるなんて、思っていなかったんでしょう。

それが、勝ってしまいました。ワールドカップ、何が起こるかわからないものですね。

 

www.nikkansports.com

・アジア勢活躍のビックウエーブ

それにしても、今回のアジア勢の活躍は目に見張るものがありました。

一次リーグで敗退してしまいましたが、最初は、アルゼンチンに勝利したサウジアラビアから、アジア旋風が始まったといっても過言ではありません。

その後、オーストラリアに「伝染」し、日本、韓国に呼び水となり、オーストラリア、日本、韓国の3か国が予選リーグを通過。3か国も進出するのは、ワールドカップ史上初めてになります。凄い世の中になった。

 

・一矢報いるも優勝候補に惜敗

www3.nhk.or.jp

結果からいうと決勝トーナメントであたった優勝候補のアルゼンチンに2-1で敗れました。

 

今回はアディショナルタイム(試合終了時間後に追加される時間)で同点や逆転があり、ホイッスルが鳴るまで何かが起こる大会。最後に同点になる機会もありましたが、

時間終了となってしまいました。

 

それでも今回のサッカーワールドカップ

アジア大会の中で、最後の最後大陸間での決定選の上、南アメリカ大陸のペルーを破ってようやくカタール大会の切符を手に入れたオーストラリア。

決勝トーナメント進出した国の中で、もっともFIFAランキングが低かったオーストラリア。

だれもが予選リーグ敗退と思われていたオーストラリア。

それでも、最後まで戦い続けて、大きな勝利を勝ち取り、決勝リーグに進んだ今大会は、オーストラリアにとっても記憶にも記録にも残る、歴史的な大会でもあったと、私は思います。

もともと運動能力、身体能力の高いオーストラリア人。

今後にあらゆるスポーツ大会から目が離せなくなってきました。

 

ああ、現地に行って、生で大会を観戦したいなあ!

カフェの街メルボルン 周辺同業者で長い列

メルボルンのカフェは、どこも個性があり、どこに行っても面白い一面をみることができます。

そんなカフェの1つがメルボルンシティにありました。

先日紹介した、ガイドブックに掲載されている有名店、ハイヤーグラウンドや、日本領事館からも近くです。

 

・裁判所のすぐ近くのパトリシア

この周辺は、古い建造物がポチポチ見られる、落ち着いたエリア。あまり観光客があるいているようには見えません。

その代わり、スーツなど、ちょっとエリートのにおいを感じるビジネスマンの集団を見かけるような地域ですね。

ここはガイドブックに以前記載されていたのか、カフェには観光客が多少混じってますが、日本人観光客も見られました。

その名もパトリシア。ここのコーヒーもうまい!

で、改めて客層を眺めると、

オオ、ダークスーツが目立ちます

 

ここは裁判所があるので、弁護士事務所など裁判に関係する会社も多いそうで(と聞きました)、皆さんコーヒー持ち帰り(テイクアウェイ)の方ばかりのようです。

時間帯もちょうど11時台、お昼前の一服なんでしょうか。

あとからあとから人がやってきます。

それにしても、なんかみんな格好いいなあ。

普段はカジュアルなイメージなオーストラリア人ですが、ちょっと違った一面をみることができたのも、カフェに来た収穫でした。

 

・ここは社交場?会話が途絶えない店内

店内が所せましなのか、外の空気を吸いたいのか、人が溢れています。

この一角だけ熱気がすごい!

もちろん店内の方がもっとすごい!

それもそのはず。お店の入り口にオーダーのカウンターがあり、コーヒーを飲む席はほぼなく、立って飲むしかありません(^^)/。写真のようにコーヒーを置くカウンターも開いていればラッキー、な混雑度です(^^)/

 

ゆっくりできるスペースは一切無し☺

 

・絶品のパン

実はここのパンは絶品なんだそうです。

皆さん、コーヒーと一緒に次から次へとオーダーしておりました。

「絶品なんだそうです。」と書いたのは、食べてないから。

30分前にハイヤーグラウンドでしこたまリコッタパンケーキ🥞を食べたばかりなので、

おいしい😋と「大評判」のクロワッサン🍞など、食べることができませんでした。

これがカフェ巡りの盲点ですね☺だって、その日入ったお店の食べものが美味しそうだと、その誘惑に負けてしまうんですから。

話がそれました。

店内に残っている人達、ほとんど皆さんおしゃべりに夢中。

いや、立ったままのビジネスミーティングなのかもしれません。

 

・とてもオープン

さてこちらはカウンターの中。所せまし、といった中で、てきぱきとコーヒーを抽出して、お客様にカフェを提供。

恐らくこんな光景は、ネットでもあまり見る機会はないと思います。

私だってこんな光景は滅多に撮りませんので(普通は遠慮しますよね)!

こんなに忙しいのに、皆さん快く写真提供に協力してくれました。ありがとうございます!

同じことを日本でやったら、忙しい中、何とっているんだよ、と怪訝な顔つきをされますよね。

 

でも、オーストラリアでは皆さん明るい笑顔☺

そして、オープン!是非撮ってくださいと言われてしまいました。

さらに、「今日のスペシャルだよ」

とわざわざ気を使っていただき、試飲用のカップまで用意していただきました。

試飲といってもデミカスカップくらいの量はありました。

いやあ、コーヒーでお腹いっぱいです!!

 

カフェに入って食事するには時間が無い、けどカフェの気分には浸りたい。

という方で、サザンクロス駅周辺で宿泊している人は是非立ち寄ってみて!

メルボルンならではのカフェの空間を必ず共有できますよ。

写真 2022年10月3日

インフレに負けないならオーストラリアの商品を買おう!

今月11月ならではの一コマ。

 

毎年11月は、ボージョレ・ヌーヴォー解禁日。

若い人はご存じないかもしれませんが、昔はボージョレ―・ヌーヴォーが空輸され、商品が入手されたその日の夜0時(解禁日)、真夜中からワインパーティーが始まりました。

今はそんなバブリーなパーティーの話なんて聞いたことがありませんね。

(どこかでやっていると思いますが(^^)/)

 

それでも、手軽な価格で手に入る魅力は以前はありましたが、ここ数年、その魅力が薄れています。

特に今年は全くもって魅力が激減しています。

なぜか?

 

名前の響きからも想像できるとおり、ボージョレーはフランス。

そのフランスから空輸したものが店頭に並び(またはネット経由で)手に入れるものです。

2年前にボージョレー・ヌーヴォーを手にしたとき、格安タイプの品種でも1000円しなかった記憶があります(まあ、それなりの味になってしまいましたが)。

ところが、今年はそんな値段ではすみません。

最低でも1500円。標準的なものでも3000円近くはするそうです。

値段が上がった理由はインフレによる高騰。

特に空輸されるものでもあるので、燃料の高騰による航空運賃の高騰、現地で働く人の人件費の高騰、原材料費の高騰さらにはとてもやすくなってしまった円と、良い材料が1つも見当たらない状況ですね。

(もっとも、ヨーロッパは空前の資源高で、電気ガスが前年の数倍になっていて、しかも生きていく上で止めるわけにはいかないので、ワインどころではありません)

これでは、日本の消費者にボージョレーは買いにくくなってしまいました。

 

そこで、新たな発想で白羽の矢があたったのがオーストラリア。

オーストラリアはワインの宝庫。しかも、ヨーロッパからの移民の入植者がワインを作り始めたのもあり、改良に改良を重ねたためクオリティーが高いのです。

こうして、ボージョレーに負けないほどのオーストラリアワインを、新たなヌーヴォーとして、日本で販売することになりました。

「オーストラリアのボージョレー・ヌーヴォー」の登場です(ちょっと大げさかな??)

品種は、ピノノワールとオーストラリアでは主要なシラーズのミックス。

絶妙な組み合わせで、とても美味しく過ごせましたー!