読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ホントに楽しい!オーストラリア

~楽しいからには理由がある~

ゴールドコーストで民泊2 玄関で(!)あいさつ

「ハロー、はじめまして、私の名前はケイティーです。よろしく!」
と初対面の挨拶から始まった。

 

というのはうそ。


そういってくれると思って、想定の会話を用意していたのだった

しかし、いきなり言われた言葉に、なんと返してよいのか・・・

「ハロー、こんにちは。なんかマンション、臭かったでしょ。今改築工事で。
それにプールも工事中で入れなくて、とっても残念!」
あ、いや、プールに入りにきたんじゃなくて・・・
それに、入り口のドアフォンを押すまで、すでにプールが工事中なのはよくわかります。
黄色の立ち入り禁止のビニールテープがあちこち貼ってましたし。

それに、掃除してないでしょ。プールの中は葉っぱに加え、そこが緑がかってますが、
もしかして藻が生えますか?

まさかこんな会話を初対面の人と始めるとは。それもオージー流!(笑)

 

それはともかく、4Fまで階段で部屋に向かう。
エレベーターはない、古いマンション。

各階の住人の玄関前と思しき扉の前は、リノベーションを行った後がありありと窺える。


重くはないけど、スーツケースを抱えながら、階段を上がるしかない。

(初対面の人に荷物を持ってもらうわけには行きませんしね!)
シンナーじゃないけど、階段をあがるごとに工事特有の匂いが充満している。
それdも、ホテルでは味わえない、家庭にありがちな日常の光景と考え、それすら楽しむことにした。
われながら前向きな発想!

 

家に到着してから再度ケイティーに紹介。
あれ、確かケイティーのほかにもう1人同居人がいたはずだけど、どこにもいるように思えない。

その点を質問をしようとしていた矢先、ケイティーのほうから事情を切り出した。
「あ、午前中から仕事なので、今はいないから、心配しないで」
とかなんとか言っていたような気がする。


週末も仕事しているのか??


午前中から仕事に行ってしまったって、いったいどういう仕事なんだろうか。
初対面の、しかも本人不在のときにいきなりの(しかも会って5分もたっていない段階で)仕事の質問は非常識と思い、本人が帰宅するまで封印。
まあ、あえて聞く話でもないけどね。
だから、とりあえず2人で話ができれば十分です。

 

まずは2泊する部屋を紹介され、荷物を下ろさせてもらうことに。

f:id:tanoshiiau:20161031232632j:plain

割りと大きめのクイーンサイズベッド。1人なのに、使える枕がたくさん。


若干身軽になって、ラフに動けるように着替えもし、そして再度部屋の中央のリビングへ。

そこで、部屋の注意を受ける。先方は何度も人を泊めているいるからか、説明慣れしている模様。
しかし、今回は勝手が違う。なんといっても日本人のおじさんだ。
(どのように感じているんだろう)
そんな感想はともかく、まずは部屋の案内。
キッチンへ案内。冷蔵庫は勝手に使って。調味料も。水も勝手に飲んで。
パンも食べて。お皿はここ。コップもどうぞ。キッチン内にある洗濯機を指差し、
「いつでも使ってくださいね」
そこからバスルームに移動。
をを、バスタブとシャワールームが別々だ。
しかもシャワールームは全面ガラス張りで、しかもかなりきれいなので、最近リフォームしたんだろうな。
(液体)せっけん、シャンプーは自由に使って(スーパーのオリジナル商品。ウールワースのシャンプー&リンスだけど)
タオルはこれを使ってね。と大きく厚みのあるバスタオルを渡される。

リビングに戻る。
ソファは自由に座って(ソファにおいてあるクッションは全部で6つ)。
テレビは自由に見てね(本人たちがいるから、見れませんよ)。

 

そして、一番大事なこと。
かぎはこれだから。と渡された。
どうも、外出するときは、「外側からかぎを掛けることができない」。
壊れているみたい。おいおい盗難心配じゃないのかな。。。
その質問をする前に、先に答えを言われた。
1Fのインタフォンに出ないと中に入れないから。入り口のドアが壊れていても大丈夫」。

んんん??


他の階の住人だって、いざとなればこの部屋に入ってきてしまう心配はないのかな。

あ、この2日間、ここに泊まるわたしは大丈夫!?


この家の鍵については、最終日まで疑問は解決はおろか、膨らむばかりだった。


それはまた最終日に。

 

記事:2016年7月2日