読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ホントに楽しい!オーストラリア

~楽しいからには理由がある~

ゴールドコースト空港7 両替

入国してしまうと、必要になってくるオーストラリアの通貨。
過去何回かオーストラリアに来ているので、手元にオーストラリアの硬貨、紙幣はあるものの、ちょっと金額が大きくなると、やっぱり手元のお金だと足りない。
けど、市内で換えたほうがレートがいいことがわかっている。
それでも、最低限、お金を換える必要があれば、やむなく空港で換える。

 

これが今までの定石。


日本でオーストラリアドルを日本の銀行で換金するよりも、「まだ」空港のレートのほうが良いから。

 

ところが、最近調べてみてわかったこと。
それは、日本でも外貨の手数料を安くして、空港以上のレートで交換できるところがでてきたこと

恐らく、日本に来る観光客(最近、インバウンドとか言い方をしてますが、要は訪日客のことですね)が増えて、外貨を換える需要が増えたことにあるでしょう。
加えて、外国人観光客から、日本の銀行の手数料のあまりの高さに文句を言ったか言わないか。

 

そんなこんなで、レートの良い交換所が出現したことと思っています。

 

昨年7月、うわさは本当なのか、確かめに行くついでに、オーストラリアドルに換金に行ってきました。


まだ場所は伏せますが、本当でした。


オーストラリアの空港よりも明らかにレートが良い!

ただ、どうしてそんなことができるのか。不思議だ。
思い切って、交換所のお兄さんに聞いちゃいました。
「あのー、どうして交換手数料がこれほど安いでしょうか?」
「ああ、交換できる金額が限られているからね。」
「手元にそんなにないってことですか?」
「今交換したオーストラリアドルの紙幣は、昨日入ってきたもんだから」
なるほど。交換できる紙幣には限りがあるんですね。

 

きっとどこかから安い交換手数料で仕入れ、出来る範囲で(最低限の)手数料でビジネスが成り立っている。
確かに、莫大な紙幣(それも数カ国分)用意して、結局余ったり、数日でレートが変わって大損してしまうことを考えると、小額の範囲で用意することがリスク最小限になりますよね。

 

あれ、なんかこの考え。どこかで実践した気がするなあ。

あ、オーストラリア滞在中に、まとめて交換したら、3日経ってから為替のレートが変わり大損したことを思い出した!

まあ、常に銀行や交換所が近くにあればいいけど、数日掛けてドライブしている最中はなかなか交換する時間や場所が見つかりませんよね。

 

ということで、時間があるかた(無い方も)できるだけ安いレートの交換所を探して、オーストラリアドルを用意しておきましょう!

 

というか、空港の銀行さん、もう少し交換手数料を下げる勉強をしてよ!
のほうが先か!