ホントに楽しい!オーストラリア

~楽しいからには理由がある~

タスマニア 一味違うオーストラリア  ホバートで民泊にチャレンジ14 伝統家屋

そういえば、きちんと伝統を守り続けてきた、ホバートの家屋について、あまり書いてなかったようですので、改めて。
といいながら、実は民泊したオーナーの室内の写真が、とある事故によりほとんど消えてしまいました。
そこで、わずかに残った、近所の写真を一部取り入れながらになりますので、ご了承ください。


・煙突のある家屋
すでに写真も掲載しましたが、サンタさんが通れるくらいの煙突のある一戸建てが残っています。

f:id:tanoshiiau:20171107230654j:plain
今回お邪魔したのがまだ秋口でしたので、冬支度はまだまだですが、実際に薪をくべて暖まるんだと思います。
その理由として、1階の一番大きなリビングにはエアコンがありませんでした。
メルボルンでは近年エアコンがお目見えしてますが、夏が日本よりも酷暑だからですしね)

f:id:tanoshiiau:20171015142200j:plain

・赤レンガ
すすけているとすべて「赤」に見えてしまいますが、まあレンガといえば赤でしょう。
おそらく100年以上前に積まれたレンガですので、もとは濃い深い赤レンガだったのでは?
(横浜の赤レンガ倉庫を想像してみてくださいね)

f:id:tanoshiiau:20171119212432j:plain

それらが現役で使われてますが、大きな地震や再開発もなく、100年以上も現在の家屋にみんなが住んでいるなんて、素敵ではないですか?
ちなみに、民泊のオーナーの家も1900年代に建てられた銘版がありました。


・残る古い設備
昔の貴族の名残ではないですが、古い設備を堪能、いや、利用させて頂きました。
水洗トイレの水は、上から垂れ下がったひもを引っ張ってこないと、水が流れてきません。
電気はスイッチを入れても電流が弱いのか、とても暗い、暗い。
風呂はバスタブが付いていることはオーストラリアではめったにありません。
しかし、古いからなのか、バスタブ(しかも可動式。中世の貴族が入るような、極小の飛行船のような形)がありました。
湯船に入ることもできます。ただ、お湯がこぼれると洗面所が浸水してしまうので、大量のお湯は入れられません。
ベッドも、細い金属の支柱によってマットレスが支えられています。
(けど、それほど古くはない、少なくとも40年くらいかな?)
最新のベッドのサービスとして、マットレスと敷布団の間に、電気カーペットが敷かれていました。
冬になったらカーペットが大活躍。オーストラリアの朝晩はとことん冷え込むので、これがないと布団にもぐっていてもからだの芯まで冷えてしまいます。


・修理
古い、ガラクタのようないす、机、その他家具類が庭が玄関脇に積まれた家を多く拝見しました。
これって、捨てるんじゃないようですね。捨てるんだったら、とっくになくなっていそうな大物ばかり。
たぶん、気ままに修理して、直したらまた使うんでしょう。
または、他人のもので、修理してあげて、直ったら引き取りにきてもらうのかもしれません。
いずれにしても、見た目40年、50年と年代ものばかり。
鑑定団に出せば、だれか値段をつけてくれるんじゃないかもしれないほどのアンティーク度。
しかし、絶対に売ったり儲けたりしないよね。だって伝統を大事にするんですから。
お金には換えないでしょう。

 

忘れていた日本人の伝統を大事にする生活。いかがでしたか?
われに返って、昔は自分だって!
と心に問い直した人も多いんじゃないでしょうか?

 

写真:2017年3月26日

ワールドカップサッカー4年連続出場おめでとう!

最後の最後、オーストラリアチームがホンジュラスを破り、ワールドカップサッカーへの出場権を手にしました。

 

www.asahi.com

出場おめでとう。

これでワールドカップサッカーの楽しみが1つ増えました。

 

 

タスマニア 一味違うオーストラリア  ホバートで民泊にチャレンジ13 考えたこと

急に神妙なタイトルですが、3泊を過ごしていよいよ出発。
そして、別れ。


これまたオーストラリアの民泊らしいといえば、らしい仕組みを体験しました。


民泊のオーナーは、我々が初日に到着したときに既に「そのこと」を説明した気になっていたらしいが、そんなことはない。


一番大事な「出て行くとき」はどうしたらいいのか。初めて質問したんだから。
でないと、事情を知らないと8時前には会社に行ってしまうつもりの彼女
一方、朝食をゆっくり食べ、荷物の整理をしてから家を出る予定の私たち
家を出る順序が完全に逆転してますが、それも彼女(マデリーン)にとっては慣れっこのようです。


なんせ、鍵はオートロック。
最後に出る我々が家の中にキーを残しておき、そのままドアをロック(犬のアルフィー、猫のパフィーが玄関から出ていかないことに気をつけて)。
そのまま行ってしまっても良いとのこと。
あ、そういえば3年前のメルボルンで民泊に宿泊したときも全く同じシチュエーションでした。


これが日本人だったら、「合鍵を作られて、会社から帰宅したときに家が荒らされていたらどうしよう」とか、
「鍵を持ち帰ってしまい紛失されたらどうしよう」とあれこれ悩んで、結局自分が外出が最後になるように、あれこれスケジュール調整で悩んでしまったりするでしょう(多くの日本人もそうではないでしょうか?)


しかし、オージーたちはそんな素振りも全く無く
「鍵はこの場所にこのまま置いておいて良いから。大丈夫、大丈夫」。

それで万事問題なし。片付いてしまうのがオージー流。細かいことに悩んでも気にしないんでしょう。

 

そうそう、以前も掲載しました、アルフィーとじゃれ合うわが子の後ろに、日本から持参した、カンガルーの折り紙(作:息子)をプレゼントとして棚に置いておきました。

f:id:tanoshiiau:20171022221859j:plain

まだそのまま置いてあったらすごいんだけどなあ。


そんな確認をするために、再訪したくなりました。


写真;2017年3月29日

タスマニア 一味違うオーストラリア  ホバートで民泊にチャレンジ12 仕事は最先端?

古いものを残す伝統が根付いていることは既にお伝えしたとおりですが、生活を維持するために、全ての仕事が伝統に根付いているのはまた違います。

民泊のオーナーはクルマで通勤していることは伝えましたが、移動時間は約15分くらい。
ハイウェイが空いているタスマニアの道路。
15分だとかなりの距離が移動できます。


遠いのかなあ。


市内には、大きな川を越えるため、近代的なブリッジを超えることになりますが、それを超えるといわゆるEAST HOBARTの地域(正確には空港方面にかなり近い、シティからは外れたエリア)。


なんでわざわざそこまで、と考えるのは日本人の古い人の発想。
最近の日本人の若い人もそうですが、自然環境が整った地方へ移住する人が増えてますが、もしかしたら通勤先も、周りが自然に囲われているのかもしれません。
それも自宅からクルマですいすいと15分。
自宅もオフィスも自然に囲まれて、仕事はどうもITっぽいですが、最先端の仕事についているとしたら、なんだか最高の職住環境のように思えていました。

 

うらやましいぞ。タスマニア