ホントに楽しい!オーストラリア

~楽しいからには理由がある~

明日はオーストラリア大使館

 こんばんは。

いよいよ明日に迫りました、オーストラリア大使館でのクリスマスパーティー

私が参加している、クラブオーストラリア主催のパーティーなので、進行も関わります。

www.clubaustralia.jp

大使館のネームバリューが強いのか、募集開始早々であっという間に締め切りとなってしまいました。

参加してみたい方、申し訳ないです。

 

明日はスタッフとしてだけでなく、参加者としても楽しんできます!

 

タスマニアワイン シャーマンズでひがなワイン談義

シャーマンズは、タスマニアで超有名なジョセフクローミーからクルマでわずか数分のところにあるが、観光情報ではあまり耳にすることも無かったし、「ここに行ってみたら」と助言してくれる人もいなかったので、正直素通りしても良かった。
けど、あまりに近いし、ジョセフクローミーとスタッフも
「いいところだから行ってみたら」

とサラリとコメントしてくれたら、(しかも近いから)行くしかないでしょう。

f:id:tanoshiiau:20171210194658j:plain

ということで、入り口のカジュアルさで安心したものの、ドアセラーに入ってみたら、とにかくシンプルな、ほとんどなにも飾り気も何も無い壁やオブジェに安心したが、実際は・・・

シャーマンズはこちら

 

平均的にジョセフクローミーよりもワインが高かったのには驚いた!
といっては大変失礼でした。
赤、白と、それぞれタスマニアでは有名なブドウ品種、ピノノワール(赤)とピノグリ(白)の試飲を頂いてびっくり。
しっかりとした味はジョセフクローミーに引けを取らないと思ったほどだ。

と、そのような専門的な解説は苦手なので、ワインそのものではなく、ワインの飲んで楽しむ姿を紹介。
ジョセフクローミーのような華やかさは一切ないですが、それでも、ビーチに行けばどこにでもあるような日よけの大きなかさの下、
それこそ簡素なチェアが各テーブルに5,6個置いてあり、ワインを飲みながら談笑できるようになっている。

 

実際、シャーマンズで目撃してしまった
朝の11時前に訪れたときには、すでに5名の欧米人がワイングラス片手に談笑しながら大いに盛り上がっている。

f:id:tanoshiiau:20171207235105j:plain

左億に黄緑のパラソルが見えますが、このようなパラソルがいくつか設置してあった

5名にしてはピッチが早いのか、すでに1本のフルボトルは空になり、スペアなのか3本目が用意されていた。
テーブルの上にはチーズとナッツがおつまみ。


これです、これ。

一度オーストラリアでやってみたかったこと。


しかし、慌しい日本人。このあと夕方までに回るワイナリーがあり、数日後には日本への帰宅が決まっている。
どうして忙しい日本人。
そして、どうしてか時間のある欧米人(リタイア組?それとも金持ち?)。

 

シャーマンズでの思わぬワイナリー贅沢タイムを見せ付けられ、ますますワイナリーにはまりそうな瞬間。


これが本場の醍醐味なんですね!

 

2017年4月2日

ジョセフクローミーの最高級品質(の雰囲気)を堪能したあとは、少しカジュアルな気分に浸りたくなり、最短5分の、隣りの畑のようなところにある、シャーマンズを訪れることに。

 

f:id:tanoshiiau:20171207235105j:plain

概観はいたってカジュアル。少し安心感を覚えたのもつかの間。
そこはまたまた高級品のワインが陳列


またしても身体に緊張が走りました(笑)。

 

写真;2017年3月29日

タスマニアワイン ワイナリーの最高峰 ジョセフ・クローミー

(今回は、ゴージャスに文章だけ・・・)

 

タスマニアでワイナリーに行くんだったら、ジョセフ・クローミーに必ず立ち寄るように。」

 

このようなフレーズ、タスマニアに向かうまで、日本にいるときに何度このせりふを聞いたでしょうか?

理由は
・レストランはタスマニアのシティで人気のレストランと比較してもそん色ないほどとてもレベルが高い。
・ワインの質は、タスマニアでも恐らく最高のクラス。
・抜群のサービス。

 

ああ、こんなこと言われても、子連れ旅行、ファミリーで楽しむようなところじゃないなあ。


もうちょっとカジュアルでもいいんだけど。

 

そうはいっても、子連れであっても、やっぱり一度は訪問しておきたい、ジョセフ・クローミーのワイナリー。

第二の都市ロンセストンのシティから空港を通り越して、約20分の距離に位置する。
(空港からだと、もっと近いです)

 

ワイナリーに到着してすぐにぴんときました!「オーラが違う」。
誰かのオーラを完全に受けています。しかし、それが誰だかはわかりません。

恐らく一代でタスマニアでもっとも有名にした、ジョセフ・クローミー氏、本人なんでしょう(お会いしたことはありませんが)。

 

ドアセラーに入ったら入ったで、また高級感漂う、建物とディスプレーに
「これは明らかに場違いなところに来てしまった!」
そう思うまもなく、スタッフが話しかけてきた。
「いらっしゃいませ」
あれ、日本語。顔も日本人ぽい。
そう思いましたが、流暢な挨拶をしてくれたスタッフは、なんと韓国人。
英語、日本語を少々(いや、かなり)の3カ国語を操る、若い才女がフロントを仕切っているなんて。
なんと懐の深いオーストラリアなんでしょう。

 

さらに、ジョセフ・クローミーで提供されているサービスの説明に、「ここは中世の貴族のお城か?」
行ったことも聞いたことないけど。
そのサービス
・○○に開始するランチのメニューの説明。

 内容がすごくで、開始時間の記憶も吹っ飛ぶほど。
・「今夜ここでコンサートがありますが、時間があればいらしてください」
 野外か室内か、有料か無料かも忘れてしまうほど、コンサートが充実。確かクラシックか。


そして。
奥が庭園になっているので、ご自由にどうぞ
これならゆっくり、いや少し高級感から距離を置ける。冷静になれる。
ということで庭園に繰り出すと、十分に整理された人口の池(対岸が少し見えないので、巨大な池です)に泳ぐ水鳥にえさを与えているような係員が。


庭園から池に続く、ゆっくり坂を下った先に見えてきたのは、「チャペル」。
え?? もしかしたら、この庭園、じゃなくて、ワイナリーでウエディングもできちゃうの?
これはただの庭園ではなかったのだ!
(離れにはいくつかの建物が点在していたのを記憶していますが、今思うとウエディングに出席した方々の宿泊施設だったのかも)

 

あまりにスケールとレベルが高いので、気持ちを落ち着かせたい、と思った矢先

。子供たちが先にくつろいでました。
そのまま横になってもくつろげるクッションが4人分。
それは夕日の方向に向かって、そしてサイドテーブルにワイングラスを置けるように。


そうか、ワインを飲みながら、談笑しながら。時には昼寝をしながら。

一日を過ごすんだなあ。

確か、デビルス・コーナーのワイナリーでも見た光景がデ・ジャブー。


朝10時半にして本日のワイナリー1軒目、早くもタスマニアのワイナリーにがつんとやられてしまいました。

そして、心臓どきどきの連続で写真も撮ることさえままならなかった1軒目でもありました。

記事:2017年4月2日