ホントに楽しい!オーストラリア

~楽しいからには理由がある~

タスマニア 一味違うオーストラリア いたるところが絶景地 随一クレイドルマウンテン6 登山

タスマニアの絶景景勝地クレイドルマウンテン散策。


国立公園入り口から一番近いroony creekからウオンバットプーから、これまたほとんど全ての観光客が訪れるといっても過言ではないダブ湖を目指す、ウオーキングはそれなりに楽しいコース。
でも、晴れていたら、もう少し高いところに登って、眼下にダブ湖全容を見てみたいと思ってくる。
そこで、ある程度まで登ったら、途中で降りるつもりでもう少し登ってみよう。険しい山道ばかりではないので、結構いけるところまでいけるルートがあります。

f:id:tanoshiiau:20170817135348j:plain

まだ「軽い」登り斜面。

実際、ウオンバット プーにたどり着いたとき、はるか先の登り道を白人系の10歳くらいの子供たちが軽々と登っている。
ということは、親が一緒にいることは間違いなく、「大丈夫だ」と判断したんでしょう。子供は元気だから、軽々と行ってしまうんですよね。
その一方、どうみても健脚には見えませんが、70歳台くらいの老夫婦がこれまた進んでいるのかどうかわからないペースでゆーっくりと山を登っている。

こちらはどこかで引き返すつもりなんだろう。
それでも、景色がある程度眼下に見れるなら、それでもいいか。では、我々も先を考えすぎず(且つ無理せず)登ろう!

f:id:tanoshiiau:20170817135555j:plain

三叉路の高台まで
クレイドルマウンテンの地図には、本格的登山ルート「クレイドル山」までと、途中でダブ湖に下がっていくルートの二股に分かれる高台ように思える地点を発見
ここならサンドイッチ(自家製?)を頬張る場所もありそうだ。そこまで目指そう。
登山開始で、いきなり難易度が上がる。

f:id:tanoshiiau:20170817140131j:plain

石ばかりの足場になり、急斜面が至るところに顔を出す。
これが雨だったら濡れた岩場で登るのにも難航するだろう。そういった意味であくまでも天気であることが最重要になってくる。
そらを見渡して、絶対に雨にはならないと確信し、改めて安心して山登りができる。

とはいうものの、さすが山岳地帯、簡単な山登りで済むわけがありません。

f:id:tanoshiiau:20170817140904j:plain

ところどころで休憩をとっている老夫婦。
息が上がってかなりきつそうな肥満型タイプの人。
装備無視なのか、スニーカー、サンダルじゃないの?と思えるような軽装で来たカップル(外人ですが)。
出来るところまで登ってきたから、どこかで帰ろう、とかなんとかしゃべっているんじゃ(勝手な想像です)。

 

そういう我々は、逆に山は寒いことを想定し、ダウンジャケットを持ってきましたが、これが荷物になってしまいました。
子供たちは「暑い、暑い」といいながら汗をかき始めてますが、荷物を増やすわけにも行かず、着れるだけ着続けさせました。
荷物は軽いに越したことはありません。
それでも、自分の体重自身が荷物。
登るたびに体力消耗がひたひたと近寄っています。

登りのピーク 鎖
最大の難所は、鎖を使う登り坂。
大人は鎖に体重を預け、全て手で支えるから大変。
鎖の登りの前で諦める老人が増えて、少し渋滞が発生していますが、若者だって荷物を背負っていれば、かなりの重労働。

景色は、ダブ湖とは反対。けど、眼下には別の湖があるので、それを眺めながら楽しめます。

鎖を手放したら、まっさかさまに下まで落ちてしまうような場所でもなく、岩の間を縫うような感じ。

 

まあそれでも、岩に足をかけ、急がずにゆっくり足をあげれば、あら、思っていたよりも短い時間で上りきってしまいました。
計っていないので正確には覚えてませんが、多分5分くらいでしょう。
それに、上りきったら視界も開け、力も沸いてきました。

f:id:tanoshiiau:20170817140358j:plain

多少なだらかな勾配を歩いているうちに、三叉路に到着。
ここにきて、かなり多くの湖が真下に見えます! もちろん遠くの山々も。

f:id:tanoshiiau:20170817140533j:plain

そして歩いてきた道も。

f:id:tanoshiiau:20170817141104j:plain

風もほとんど無風に近く、相変わらず空は晴れている。
こんなラッキー続き、早々ないんじゃないかな。

f:id:tanoshiiau:20170817140725j:plain

「次、どうする?」「もう戻る?」

「せっかく来たし、天気もいいからもう少しだけ登ろうよ」

「でも疲れた。じゃああと少しだけ」

その少しが思わぬ展開になろうとは、このときは全くわかってませんでした。

 

写真:2017年3月29日

タスマニア 一味違うオーストラリア いたるところが絶景地 随一クレイドルマウンテン5 気楽なウオーキングコースから開始

f:id:tanoshiiau:20170817000001j:plain

タスマニア随一の世界遺産クレイドルマウンテン入りした翌日。
いよいよ本格的にウオーキング、出来れば小登山で絶景ポイントへ。
しかもあり得ないほどの晴天。雲がほとんど見当たらず直射日光が眩しいくらい。
こんなラッキーなことがあるのか。
(いや、実際に晴れているんだから、あるんです!)

若干ゆっくり目の朝食を終えて、9時すぐに宿を出発。
宿は昨日説明しましたビジターセンタよりも下界寄りにあるとはいえ、クルマで約3分の距離。
ビジターセンタを経由して、いよいよクレイドルマウンテン国立公園のゲートをくぐり、第一のポイント、ROONY CREEK(ルーニークリーク)へ。

クルマで約10分の距離だが、アップダウンが厳しく、歩いたら1時間以上の行程(実際、国立公園入り口からROONY CREEKまでウオーキングできるボードなどがある)

既に前日下見とボードウオークを10分程度歩いているので、準備は万端。早速スタート。

f:id:tanoshiiau:20170817000108j:plain

ウオーキングボード(オーバーランドトラック)は15分ほど続き、そのあとは自然の歩道が続く。

f:id:tanoshiiau:20170817000223j:plain

ところどころに石の階段があり、少しづつアップするごとに周りの景色が変わっていく。

f:id:tanoshiiau:20170817000322j:plain

f:id:tanoshiiau:20170817000429j:plain

雪解け水のように染み渡る通路を通り抜け、水浸しになっているが、山らしくなってきたところで、徐々にアップダウンが始まり、これぞクレイドルマウンテンの壮大な景色が展開し始める。

f:id:tanoshiiau:20170817000600j:plain

 

オンバット プー(Wonbat Poo)
ハイキングコースの中では、ビューポイントのメッカかもしれません。

f:id:tanoshiiau:20170817000727j:plain

もっともお手軽なコースでは、これまたクレイドルマウンテンに行ったら皆さん必ず目指すか、経由するポイント、ダブ湖(Dove Lake)まで抜けて、シャトルバスなりなんなりで帰ってくることも可能。
もちろんそれだけでもタスマニアの原生林を楽しむことはできますが、それ以上にできるだけ上からの景色を眺めるにはウオンバット プーまで行くことをお奨めします。

ちなみに、名前がウオンバットとついていますが、湖の周りにウオンバットがうじゃうじゃいるなんてことはまったくありません。

f:id:tanoshiiau:20170817000805j:plain

実はこの間にも透明だった水が徐々に赤茶色を帯びた色に変わり始めます
この色、実はタンニン。紅茶の色と全く同じ成分が染み渡っているんですね。
だから、鉄などが錆びて、流れ出たものとは全く異なります。
本当、自然って奥が深い
タスマニアは世界でも一番きれいな空気と水があると言われていますが、その中でも更に大自然の中の空気と水。
きっとこの水もおいしいんだろうなあ。けど飲むことはせずにひたすら前進。
(トイレが無いことを知っていたので、近くなっても困ることから、予防のため、諦めました)

さて、オンバット プーまでの間は、一旦大きく傾斜を登るため、風景が広がります

f:id:tanoshiiau:20170817000955j:plain

階段を1段1段上がることに下界が開けるように、ここでも、たくさんの湖(池?)を下界に見ることができます。

f:id:tanoshiiau:20170817001107j:plain

天気が良く、これだけ晴れ渡っていると遠くの景色も同時に見れることから、
「なんなら天気の良いうちに、もっと上まで上がってみたいなあ。」
とこのときは欲が出てきました。
ただ、そうはいっても子連れ旅行。
あまり無理はしないで、時間を見ながら、最後は途中で引き返すことも計算しながら、マイペースを貫くこと。
行きたいところまで行こうなんて、絶対に思わないでくださいね。

 

写真:2017年3月29日

オーストラリア最大級の農業お祭り ブリスベンのエッカ開催中

お盆を満喫されていますか?

お盆休みでブリスベンに向かう人にお伝えするのを忘れていました。

もう現地に行っている人だけの有益な情報になってしまいました。

 

8月上旬の10日間、オーストラリア最大級の農業祭り、エッカ(EKKA)が開催中です。

エッカについてはこちら。

農業祭りといっても、日本にあるような農業祭りとや全く違う。なんせ規模が巨大。

 

移動遊園地が来るんです!

観覧車もメリーゴーラウンドも。

それを設置できる広場もあることもすごい。

更に、集客も。

もうブリスベン中がエッカに参加しているんじゃないかというくらい参加者がいるそう。

時間がある人。急げ!

タスマニア 一味違うオーストラリア いたるところが絶景地 随一クレイドルマウンテン4 必ずインフォメーションセンタへ

既にクレイドルマウンテンに行く前には、絶対立ち寄り必須のインフォメーションセンタについて書いてますが、今一度。
正式にはクレイドル・ビジターセンタ(Cradle Visitor Center)ですが、クレイドルマウンテン国立公園に入る2.5KM手前にあります。

f:id:tanoshiiau:20170815134822j:plain

(閉店間際の様相)


ガソリンスタンドや簡単なショップが併設していることも既に書きましたが、はやり情報が整っているポイントとしてこれ以上の場所はありません。
加えて、アンテナがあるのか、電波状況は万全なのか、このカフェでパソコンを広げている人の多いこと。
wifiを当てにして、皆さんクレイドルマウンテンへの最後の情報交換(?)か、行ってきた最初の報告なのか、忙しそうにキーボードを叩いていました。
と思っていたら、単に閉店間際で、追い出される前に急いでいたことが発覚。なーんだ。

インフォメーションは、国立公園に入る前に必ず必要となる入園パスが販売されています。

f:id:tanoshiiau:20170815134949j:plain

これでも入園パスの販売窓口。

日本では映画化や動物園、ライブ会場でこんなカジュアルな場所は見たことないですね。さすが無駄な設備は作らないオーストラリア。

その販売窓口。
ピーク時にはパスを買い求めるツーリストで長蛇の列になるとか。
この前、フレシネ国立公園のコーナーの際にも書きましたが、できるだけホバートなり下界の都市のツーリストインフォメーションで予め購入しておくことをお奨めします。
10分、30分待って買うだけでも、その間に貴重なシャトルバスが1本、2本行ってしまいますよ。(もちろん、クルマ利用者であっても10分、30分は貴重です)

そのシャトルバスですが、入園パスを持っていれば、何度でも自由に乗り降りできます。
クレイドル・ビジターセンタを基点に、国立公園園内まで、早朝から夕方遅くまで、15分おきに往復しているのは旅行者にとって大変助かります。

我々はレンタカーだったので、乗る機会はありませんでしたけど。
ただ、我々じゃレンタカーに乗って、逆に外から見ていて分かりましたが、確実に15分置き、というわけではありません。
2台続けてきたり、間が空いていたり。
まあ、自然の中を走るんだから、仕方ないですよね。

ここはアバウトなオーストラリアだし(笑)。
それに、夕方16-17時には、各観光ポイントからホテルに戻る観光客でごった返して、バスの乗り降りだけでもバス停に止まっている時間の長いこと。

定時運行を期待するのは諦めましょう(笑)。

 

ショップもありますが、こちらも期待はしないこと。

あ、でもお土産はこちらで購入されても良いかもしれません。

なぜなら、ホバートでも第二と都市ロンセストンでもそうですが、お土産やさんというものがほとんどありません。ロンセストンでは探し回って、なんと1店しか見つけられないほどでした。(まあ、大したものは置いてないけど・・・)

f:id:tanoshiiau:20170815135218j:plain

カフェといってもメニューがたくさんあるわけでもありません。
サンドイッチ類も、タスマニア各所にあるカフェの価格よりは高いですが、2倍、3倍もするわけではありません。
あくまでもくつろぐ場所。できるだけ費用は最小限に抑えましょうね

 

利用することは考えてませんでしたが、遊覧飛行用ヘリパッドもありました。
クレイドルマウンテン観光中、何度もヘリコプターが飛んでいたと考えると、いかに利用者が多かったことか。


いつの日か利用してみたいですね。

 

写真:2017年3月29日