ホントに楽しい!オーストラリア

~楽しいからには理由がある~

西オーストラリア州沖に浮かぶロットネス島

 日本と同じく海に囲まれているオーストラリア。

その中でも、インド洋に面している、西オーストラリア州

東海岸シドニーケアンズゴールドコーストと比べて、やっぱり少し違っています。

西オーストラリア州の州都パース。

オーストラリア国内と比較しても、ぽつんと離れています。

パースからゴールドコーストケアンズに行くよりも、シンガポールインドネシアの首都ジャカルタに行く方が、地理的にも文化的にも近いらしい。

人口も、州都パースこそ多いですが、周囲は人口の少ない市町村ばかり。

日本と比べてのんびりしているシドニービクトリア州メルボルンよりもさらにのんびりとしているのは、やはり他の都市から離れているからかもしれません。

 

インド洋。太陽が海岸に沈む。

 

海岸線にはまだまだ手付かずの自然がいっぱい。

 

そんななか、パースから電車で20分。インド洋に開かれた町、フリーマントルというところからフェリーで約30分で行ける島

 

その名もロットネス島

www.australia.com

オーストラリア国内の子供たちには、絶大な人気の島でもあります。

行ってみたい島ランキングでも毎年上位に来るほどだそうです。

日本だと、行ってみたいリゾート島ランキングで、沖縄の島がピックアップされる感じでしょうか?

 

そのロットネス島。

今では別の理由で有名になろうとしています。

あまり好ましい話ではありません。

なんと、コロナウイルス対策として、クルーズ船の乗客をロットネス島に隔離するというものです。

www.bbc.com

約800人の乗員・乗客を乗せたクルーズ船「ヴァスコ・ダ・ガマ」がパース沖に停泊中ですが、

前述のフリーマントルに停泊を許されなかったらしい。

理由は、先週シドニー沖に停泊中だったクルーズ船「ルビー・プリンセス」に、艦内にコロナウイルスの患者がいるらしいというのにそのままシドニー港に入港させてしまい、その後何のチェックもせずに公共交通を使って帰宅させてしまい、オーストラリア国内にコロナウイルスを×初的に蔓延させてしまったというものです。

 

だめでしょう。日本の、横浜港沖でさんざんクルーズ船でコロナウイルスが蔓延して(しかも陽性反応がなかったのに、のちに陽性になったということがわかっているのに)患者を拡大してしまったことを経験しているのに。

 

との反省から、ロットネス島に14日間隔離されることが決定されたとのことです。

 

 

昔訪れたときは、ロットネス島には宿泊施設はなく、最終便のフェリーでオーストラリア本土に帰らなければなりません。

ところが、今や800名も収容できる宿泊施設があるんですね。

 

この島にはしゃれたレストランやショップなどはありません。

その代わり大自然を堪能できます。

その筆頭が、もともとロットネス島が何で有名だったかというと

クオッカにほかなりません。

「世界一幸せな動物」で検索すると、インスタグラムをはじめ、たくさんの写真をみることができます。

www.travelbook.co.jp

本来は、クオッカがいる島「ロットネス島」として有名でいて欲しい限りです。

それでも、この名前を憶えていてくれるんであれば、コロナウイルスが沈静化した際に是非ロットネス島を訪れて欲しいと思います。

 

人間を恐れずに近寄ってくるクオッカとの遭遇。

 

遥か沖合のインド洋に沈む太陽。

 

どこも透き通る、60以上のビーチ。

 

見渡せば発見できるとこにいる、遠洋を横切るクジラの群れ(8月下旬から11月の間)

そして、都会では絶対に味わえない、ゆったりとした時間。

 

そんな魅力をロットネス島は与えてくれます。

 

是非、観光として14日間を滞在してみたいものです。

西オーストラリア観光の際には絶対に外さないようにしてくださいね!

3月20日は歴史に残る日になるかも

 いつも楽しいオーストラリアの、楽しい話題を期待されていた皆さんには、感謝しております。

でも、今日は楽しいオーストラリアの話題は控えさせてもらいます。

 

コロナウイルス拡大により世界が今変わろうとしていますが、オーストラリアも大きく変わるかもしれません。

それが、昨日の3月20日に開始された、「入国禁止」措置です。

www.asahi.com

昨日の21時、(お隣りのニュージーランドは半日早く)、自国民、永住権を持つ人、近親者以外の、オーストラリアへの入国が禁止になりました。

 

他国でもそうですが、ほとんど鎖国状態になりました。

 

ヨーロッパやアジア、アフリカ、アメリカ大陸の他の国々では国境を陸地で接しているので完全に封鎖はできないでしょうが(まあ、わざわざ患者の多い国に行こうとは思わないでしょうけど)、日本と同様、国境を接していない国なので、交通が遮断されてしまうと本当に入国ができなくなります。

 

更に、日本を含め、欧米諸国は、今回のコロナウイルスによって、経済活動がほぼ停止に近い状態になるため、リーマンショック以来の落ち込みになるだろうと言われています。当時が2008年でしたので、12年前でしたね(2007年にはサブプライムローンアメリカで起きつつありましたので、経済が停滞する予感がありましたので、実際には「やばい、バブルがはじけるみたいだ」と感じていたはずです)。

 

リーマンショックの詳細はここでは省略しますが、そのようなバブルがはじけるとどうなるか、オーストラリアは経験していません。

なんと、オーストラリアでは、2008年のリーマンショックの時ですら、経済破綻を免れて経済発展していた、稀(まれ)な国だったんです。

さかのぼることバブルがはじけた1992年に経済マイナス成長を記録して以降、多少の伸び率に変化はありましたが、ほぼ一貫して成長し続けること約27年。

ecodb.net

もう世界を見回してもこれほど成長している先進国は他にはありません。

 

しかし、今回のコロナショックで株式市場は大混乱。

オーストラリアの株式市場も大きく落ち込みました。

そして、お隣りの国とは陸で接していないので、飛行機での往来が途絶えたとたん、人の行き来も途絶えます。

それは、ビジネスも途絶えることになります。

 

更に、さらに、オーストラリアは移民の国。

最近海外からの移住者も増えた日本ですが、割合の多くは日本人。その中で回してきた長い過去があるため、経済の落ち込みは大きいショックですが、日本人でお互い助け合いながら経済活動も維持していけるでしょう。

 

ところがオーストラリアは、人口もマネーも、そして経済の好調を支えてきたのも豊富な地下資源や食料など第一次産業の輸出で発展してきました。

 

その移動も今回できなくなりました(大幅な制限。もっとも相手の国がどこまで輸出入に関わってくれるのかはまったくもって未知の世界です)。

移民の移動や、移民同士の触れ合いから発生する新たしいビジネスモデルが発生していたことでしょう。

これらがみんなストップしてしまうことになります。果たして、どんなことが起きるんでしょう。

 

また、好調な経済は、賃金にも影響してきました。

たとえば、日本で学生がアルバイトすると、全国平均的に、わかりやすく時給1000円くらいだとします。1日4時間、月20日働いて8万円程度。

 

ところが、オーストラリアでは現在、世界でも最も賃金が高い国ともいわれています。

同じようにオーストラリアの学生が、ショッピングセンターでアルバイトすると、時給2500円。1か月同様に働くと、月に20万円以上(残業や、週末に働くと、時給がさらに上がるため、人によってはもっともらっています)。

学生ごとき、と言っては口が悪いですが、月20万円分も稼いだら、日本人のアルバイトの学生さんたちは驚くことでしょう。

ただ、今回のコロナウイルスによりアルバイトもできなくなりますし、その学生さんたちも買い物しなくなりますので、お金が回らなくなります。

ましてなおさら正社員で働いている人たちも、お金を使えなくなるので、経済活動がますます落ちていくでしょう。

 

物心がついた頃から経済成長しか経験したことのない学生などは、「バブルが弾けたように経済が停滞、さらに落ち込む」ということを初めて経験することになります。

(影響度合いはまだ今の時点では不明です。今後明らかになるでしょう)

 

パニックになるのか、いつも通り、明るく笑って過ごすことができるのか?

 

オーストラリアでそれがわかるのは数か月先でしょうが、今までも自然の災害を乗り越えてきたんですから、なんとかやっていくことでしょう(と、少々淡い期待かもしれませんが)。

 

今日は、だいぶ深刻な話題となってしまいましたが、どのような「変化」が起きようと、大好きなオーストラリアをこれからも見守っていこうと思います。

 

結構おります、オーストラリアにセレブ

コロナウイルスの世界への広がりにより、オーストラリアでのイベントも軒並み中止に。

先週は、大イベントの1つ、メルボルンF1が中止になりました。

まさかのチーム関係者から発熱者が発生し、開始1時間前になってからの中止案内でした。

更に、観光への目玉の1つ、5月22日開催開始だったビビッドシドニーも昨日中止が決定しました。

7news.com.au

更に今回驚いたことに、アメリカの俳優、トムハンクスがオーストラリアでコロナウイルスに感染していることを発表しました(妻のリタ・ウィルソンさんも感染)。

そのため、現在オーストラリアで隔離されています。

www.cinemacafe.net

どこで掛かったのかな?

オーストラリアには、ブリスベンに入国し、その後ゴールドコーストに移動。

その後はシドニーに移動しています。

リタ・ウィルソンさんが、ゴールドコーストシドニーのオペラハウスでライブを行っているので、接触者はそれなりにいるんじゃないでしょうか?

ここでふと思ったのが、セレブが結構オーストラリアにいること。

オーストラリア出身のセレブはもちろんですが、それ以外でもいろいろなところからセレブが来ているんですよね。

例えば、オリビア・ニュートン・ジョン

80年代前半に映画、音楽で大脚光を浴びましたが、現在は三度目のガンが再発し、オーストラリア東海岸でここ数年は過ごしているようです。

昨年、余命6か月と発表され、ファンにとってはとてもショックな話ですが、なんとか回復して欲しいと願うばかりです。

 

オーストラリアで過ごしたこともある、キアヌ・リーブス

www.msn.com

彼もまた、オーストラリアに大きな影響を受けた1人。

マトリックスシリーズ(続編の2,3)では、オーストラリアで撮影されましたが、それとは関係なく、キアヌ・リーブスはすでにオーストラリアを幼少のころ生活していたので、良く知っていることだと思います(その後ニュージーランド経由でアメリカに渡り、現在はニューヨーク生活)。

冒頭に「セレブは」と書いてますが、彼の場合、セレブとはかけ離れているかもしれません。ニューヨークでの移動は地下鉄。稼いだお金はガンなどの支援団体に募金する、パーティなどとは一切無縁と、およそセレブな生活は送っていません。

もしかしたら、お金よりも生活重視のオーストラリア人の生き方に大きな影響を受けたのかもしれませんね。

 

まだまだオーストラリア関連のセレブは山ほどいますので、とても書ききれません。

やっぱり英語圏だからなのか、アメリカ西海岸とも多少近いからなのか、アメリカ人の姿も多いはずですね(逆に西オーストラリアだとどこからも遠い)。

 

いつか自分もオーストラリアでセレブとすれ違うことを経験してみたいです。

(それよりも、ここ数日のコロナウイルスの蔓延でオーストラリアに行けなくなることの方が心配です。早く終息することを祈っています)。

 

 

知られざるオーストラリア映画

現在(3/8時点)で日本国内はコロナウイルス蔓延防止のため、学校での授業はなくなり、企業は可能な限り自宅待機となり、イベントも中止。

できる限り家から出ない(行動自粛ともいう)のが得策とされ、飛行機に乗ってりょこするどころではなくなってしまいました。

(韓国中国の渡航もまもなく全面禁止)

そうなると、家で楽しむことを考えるしかないですね。

自宅で楽しめることといったら、食べること、寝ること、子供と遊ぶこと、テレビを見ること(趣味が自宅でできる人はそれに没頭)、あたりでしょうか?

普段は仕事で家にいない自分も自宅勤務ができる環境であることから、自宅に滞在する時間が圧倒的に増えました。

平日なら通勤の往復3時間以上が増えたのも大きいです。

さて、この時間を使って何をしようかな。

 

幸い、自分にはやりたいことがたくさんあるので、この時間をうまく使わないともったいないですよね。

その時間の一部を映画鑑賞にあてることにしました。

見ようと思って、今まで観逃してきた映画が山ほどありました。

それよりも、ふと「そういえば、まだまだ観てないオーストラリアの映画もたくさんあったはず」なことを思い出し、ネットで検索。

ああ、こんな映画も確かあったよね。

というのがこの1本

『ドリフト』

www.cinemacafe.net

最初、タイトルから見て、クルマ関係の映画だと思っていました。

どうしても「ワイルド」シリーズや、「頭文字D」とかを想像してしまいました(笑)。

 

1970年代にアウトドアスポーツとして認知され始めたサーフィンを、オーストラリア国中に一気に加速させた、オーストラリアの実話です。

 

サーフィンはやったことがないので、どれほど大変か競技なのかわかっていませんが、この映画では、壮大な景色やきれいな海、そして何もない田舎町をみて、オーストラリアの田舎暮らしにどっぷりと惹かれることができます。

 

ヒュー・ジャックマンのような有名どころの俳優・女優はでてきませんが、若いイケメン俳優が2人、兄弟役ででてきますので、そちらが気になる方にもお薦めします(笑)。

 

冒頭で、シドニー住まいからひたすら西に向けクルマを走らせ海岸にたどり着く設定になっており、撮影はおそらく現在でもサーファーのメッカになっているマーガレット・リバーじゃないかと思われます。

波乗りシーンは、CGとかではなく恐らく本物。しかも大きさも半端ではない。

いつかこの波を見るだけでも、マーガレット・リバーに滞在したと思います。

 

マーガレット・リバーはワイナリーとしても有名で、他にも巨大な洞窟も点在しているので、数日滞在するにはいい場所です。

西オーストラリアの南西の端っこにあるので、最寄りはもちろんパースです。

 

最後はなんだか観光案内になってしまいましたが、お薦めしたいのはあくまで映画の方です。お忘れなく!!