ホントに楽しい!オーストラリア

~楽しいからには理由がある~

サメとサーファー (ちょっと長文)

先月、女性のサーファーがサメに襲われ、噛まれたことに対して、一緒にサーフィンしていた彼氏がサメを何度も殴って撃退したニュースがあったことを記憶している人も多いかと思います。

www.cnn.co.jp

このできごとがあった数日後に、なんとあのNHKの夜7時か9時のニュース番組にでも放送されて、個人的にはびっくりしましたが、日本でも全国ニュースになりました。

サメを殴って追い返すなんて、滅多にある話ではないし、こんな武勇伝を聞いたら、世の中の女性はメロメロ(あ、表現が昭和的だ!)になっちゃうかも(笑)

NHKがどうして全国ニュースに流したのかわかりませんけど。

 

かといって、助かった話ばかりかというとそんなこともなく、やっぱり襲われている例もあります。

今年6月、東海岸クイーンズランド州ブリスベン近郊のビーチの沖合いで、サメに襲われて男性が亡くなった

www.afpbb.com

この時、すでにオーストラリア国内で3例目だったそうですが、実際にサメに襲われて亡くなる件数はそれほど多くはありませんが、それでも日常茶飯事の1コマになりつつあります。

(とっても、やっぱり襲われて亡くなってしまうので、恐ろしいことには変わりありません)

ここで、このニュースを毎年見ていて、いろんな側面から考え事をしてしまいます。

(やっぱり、それだけオーストラリアが気になっていることでしょうか)

 

・まず第一に、先ほどのブリスベン近くのビーチで亡くなった記事の写真にありますが、「サメ注意」の看板が出ています。

つまり、ここで泳ぐとサメに襲われるので、ここでは泳がないように、と普通は思うはずです(実際、このような看板があるところのどこかで毎年サメに襲われて亡くなっているんですから)。

それでも、遊泳禁止区域といっても過言ではないところでサーフィンをしようとしているのは、たぶん波が良いからなんでしょうね(空いているからではないと思います。日本の湘南のように激込みしているビーチは数えるほどしかありませんから)。

 

良い波だとサメが出没しやすいかどうかはわかりませんが、他より確率が高いということでしょうか。

話が逸れてしまいましたが、では事故にあってしまったら、大騒ぎになるんでしょうか?

 

日本なら数日は大騒ぎになると思います。

「なんで遊泳禁止と看板が出ているところで泳ぐんだ」「泳いだ人間が悪い」「もっと看板を出せ」「若者には責任はない。自治体が悪い」「サメを駆除しろ」「サーファーへの教育が足りないんじゃないか」などと色々と出てきそうですね。

ひどい場合だと、亡くなったサーファーの両親、友人、住んでいた家など、プライバシー関係なくマスコミの前に登場することもあるでしょう。

 

ところが、オーストラリアでここまで(白熱すること)にはなりません。

 

少年少女のティーンエイジャーなら別かもしれませんが、もう成人扱いされる男性・女性。自分の判断で行った行為であれば、自分で責任を問われるんでしょう。

回りの人がどうかとか、誰が悪い・良いとかまで話が発展することはありません。

(逆に誰にも公には守ってくれないようです)

 

そういう意味ではそれぞれが大人の対応をしていることが感じ取れます。日本だと、マスコミは視聴率さえ取れればいいつもりでしょうが、オーストラリアだとこんなことでは視聴率は取れないのか、そもそもこの程度のニュースは1,2回放映して終了するのが一般的なルールなのかはわかりませんが、ニュースの取り上げ方が大きく異なるなあ、と感じます。

 

・今度はサーファーからの目線で考えてみました。

 (ちなみに、サーフィンをしたことがないのであくまで想像です)

もし、サーファーがどうしても良い波でサーフィンしたいけど、サメがいるので、それができない。なんとかして欲しい、と行政に駆除を頼み込むサーファーがいるなんて話を聞いたことがありません。もっともオーストラリアはサメの生息世界最大級。

だから駆除できないことはみんな知っていることなんだろうとは思います。

 

オーストラリアはサーフィン文化がとても盛んのため、今後もサメとサーファーが出くわす件数は減ることはなくても増えることは大いにあるでしょう。

 

だからと言って「サメをなんとかしろ」という声が大きくならないのは、そこはオーストラリア。

自然と人間の共生は当たりまえで、自然(動物)との共生では事故が起きてもやむを得ない、と捉えていると聞いたことがあります。

 

多くの人に聞いたわけではないので、みんなそう思っているのかわかりませんが、個人的にはなぜか納得してしまいました。

 

なぜなら、多くの自然があっての人間の生活が成り立っているわけです。

その自然が我々人間に何かしようとしても、仕方のないことと受け入れるしかないと、オーストラリアの人はある意味腹をくくっているんじゃないか。そう思うようになりました。

自然を克服しよう、コントロールしよう、切り開いて人間が快適に生活できるようにしよう。これはオーストラリアを含めて世界中の人間が自然に対して行っていることです。

結果、地球温暖化は進み、台風や大雨が巨大化し、森林火災と大干ばつが発生し、コロナをはじめ、動物(そして未開の植物も)との接触の機会が増えることによって多くの病原菌と触れ合う機会が増加しているのも、みな自然界からしっぺ返しを受けているからです。

その点、まだオーストラリアでは豊かな自然、どうにもならない自然を受け入れて、自然と共生しているように見えるといったら言い過ぎでしょうか?

 

このあたりは、普段生活しているオーストラリアで生活しているオーストラリアの方々にいつかインタビューしてみたいと、ずーっと前から聞いてみたいテーマです。

 

今日は長くなってしまいました。

ペリカン お忘れなく!

オーストラリアで巨大な鳥といえば、世界第二の大きさを誇るエミュー(飛べない鳥でも世界第二位)、世界最強クラスの狂暴なヒクイドリが有名ですが、どうもこちらを忘れがちなのであえていいます。

インパクトがあるのはこっちじゃないかなあ?

巨大ペリカン

f:id:tanoshiiau:20200911224547j:plain

1歳児と比べてもこのサイズ。

嘴(くちばし)を広げたら食べられてしまうんじゃないでしょうか?

羽を広げたら確実に負けます!

 

そんなペリカンについては、後日詳細に報告!

まずはこの大きさに感動してみてください!

f:id:tanoshiiau:20200911224808j:plain

さて、ちなみにここはどこでしょう??

 

写真:2007年8月24日

国内にある国「ミクロ国家」

国の中に国がある国。

なんだか早口言葉見たい。

 

先月、オーストラリア最古のミクロ国家、ハットリバーが無くなったニュースを見た方がいるかと思います。

 

国といっても、国連とかで見ることはありません。

誰も公に認めることはありませんから。

世界中にはこのようなミクロ国家って、たくさんあったんですね。

でも、オーストラリアのこの国家は、50年も存続してました。

 

www.cnn.co.jp

もともとちょっとアウトバックに行くとすべてが田舎になってしまう西オーストラリア州の、さらに内陸の離れたところにあるので、本腰を入れないとたどり着かない(?)ところにあったそうです。

お土産も売っているので、観光することはできますが、周りにはここしかない。

このためだけに1日費やす観光客はほとんどいないでしょう!

 

それでも、広大なオーストラリアを感じるなら、一度くらいは行ってもいいかもしれないですね。

ただ、このニュースを見る限り、国(もちろんオーストラリア)にこの国家にとっては莫大な借金を背負っており、借金解消のために、たくさんの土地を売ったらしいので、お土産やさんとして買えるのも、そんなに長く持ちこたえることはできないかもしれません。

行けるうちに行っておく。

これは、世界中のどの遺跡、建造物などに当てはまりますが、本当に行っておきたいと思ったら、すぐに行けるように今から計画しておくことをおすすめします(^^)/

 

ああ、いぎだい^^

全世界のベストビーチにオーストラリアのあのビーチも

トリップアドバイザーから、全世界ベストビーチが発表されました。

スト25はこちらから。

 

その中から、22位に、何度もベストビーチにノミネートされている、オーストラリアのホワイトヘブンビーチがランキング。

いやあ、底堅く、人気が本物であることを裏付けています。

www.tripadvisor.jp

ホワイトヘブンビーチは、グレートバリアリーフにあるウイットサンデー諸島にある島、ウイットサンデー島にあります。

グレートバリアリーフそのものがリゾートですが、その中でもウイットサンデー諸島は群を抜いてリゾートのレベルが高い!

 

といっても、まだ行ったことがないですが、テレビ番組には何度も登場しているので、中には見たことがあるでしょう。

例えば、島内の移動には、自分で電気自動車を借りて運転すること、買い物はその島で使える専用のカードで現金払いが不要、一括してカードで支払ってくれるサービス、そしてコアラとの朝食など・・・

楽しい演出もたくさんありますが、なんといっても最大の楽しみは大自然を堪能することでしょう!

ホワイトヘブンビーチは、手付かずの大自然の中でも、本当にきれいな真っ白な砂粒の上を歩き、沖合いの透き通った透明なブルーと、そのコントラストを味わう、貴重な時間を過ごすことができます。

 

ランキングに入ってしまったので、また人気が上がっちゃうかな?

 

アイランドリゾートはまだまだたくさんありますが、一番人気のビーチをまずは経験されるのも一生の思い出になるかも。

 

あ、オーストラリア人とのふれあいもリゾートの経験を後押ししてくれるので、安心できますよ!