ホントに楽しい!オーストラリア

~楽しいからには理由がある~

タスマニアでビールとドリンクと

タスマニア、まだまだ続いています。
ワインを大々的におすすめしていましたが、アルコールはわいんだけではないです。
タスマニアを代表するビールといったら、ホバートにビール工場がある、カスケード

カスケードは日本にも輸入されていますので、飲んだ方も多いでしょう。
とっても軽くて、飲みやすい品種が多いですね。

 

せっかくなので、カスケードのビール工場見学に行ってみよう
と現地まで行ったんですが、なんと工場見学は子供同伴お断り。
未成年に対するアルコールへの規制の厳しさをこんなところで体験するなんて。
たとえアルコールを飲まなかったとしても、においでアルコールを感じてしまうところから
工場見学ももちろんNG。うーん、厳しいぞ。
いや、日本が甘すぎるのか。

仕方ないので、ショップでいくつかビールをはじめドリンクを買って、早々カスケード工場を後にすることに。

f:id:tanoshiiau:20180114150314j:plain

その夜、民泊の宿に戻って、寝る前にいっぱい晩酌。
ビールに加えてワインもコルクを開けましたが、親ばかりだと子供たちに申し訳ないので、カスケード工場のショップで買った、アップルジュースも一緒に開けることに。
ファミリー全員で
「かんぱーい!」
ビール片手にぐびっと一杯やっているすぐ隣で、子供たちがアップルジュースを口に含んでから
「おえ、これまずい。なんか変なものが入っている!」
いくらなんでもオーストラリアの品質がそんなに悪いはずはないので、不良品が混じっているなんてことはないはずなので、こちらも一口飲んでみることに。
あれ、全然おいしいんだけど。
試しに妻にも飲んでみる。
確かに、おいしい。
いや、大人にはおいしいんだけど。
と、よくよく味を確認してみると、これって、もしや。
注意深く瓶のラベルをよーく読んでみると
「アップルサイダー」 その横には
Acl --%


なんと、アルコール入りであることに、今初めて気が付いたよ。
子供たち(2人とも未成年)に初めてアルコールを飲ませてしまった。1口とはいえ・・・

 

その夜は、子供たちにとっては後味の悪い1日の思い出となってしまったね。

みなさんも、カスケード工場に行った際、ビール以外の中身はよく注意してくださいね。

2017年3月26日

今年も猛暑の南半球

http://news.livedoor.com/article/detail/14126271/年始早々、南半球からのニュース。

日本では北日本を中心に極寒のニュースとなっていますが、南半球は今が真夏。

大変なことになっています。

シドニーからは、7日午後二時前に郊外の町、ペンリス気象観測台で計測された気温は1859年に遡るシドニー首都圏の気象観測史上最高気温記録の47.1度を記録。

nichigopress.jp

 

この暑さは2013年以来とのことですが、そのときも人間が外出禁止(誰も炎天下には行かない)担ったのはもちろん、スマートフォンも外出禁止になりました(笑)

45度を超えるとスマートフォンも暑くて壊れてしまうので、冷蔵庫に避難指示が出たそうです。(まじな話です)

 

この時期に行われるテニスの国際試合も中止になりました。

もう少ししたら、錦織選手も活躍した、四大テニス大会の1つ、全豪オープンもどうなることやら。

錦織選手いわく、選手だけでなく、暑さを制しないと試合に勝てないって言ってましたね。

 

 ちなみに、オーストラリア国内最高気温は、南オーストラリア内陸部で観測された、54度。

www.gizmodo.jp

まあ、内陸はほとんど砂漠みたいなもんですからね。

 

暑さの影響はこんなところにも。

オーストラリアでは毎年になりますが、メルボルンのあるビクトリア州郊外で大規模な山火事が50箇所以上で発生、400世帯で停電も起き、大きな被害が生じました。

自然の猛威が存分に奮っていますが、少し考えてみてください。

南半球は季節が逆。

ということは、半年たったら、北半球でも同じような猛暑になるかもしれない予測が立てられます。

 

実際、去年の南半球の猛暑は例年ほどではありませんでした。

そして、去年の日本も前半は猛暑に見舞われましたが、後半猛暑は落ち着きました。

 

私は気象のプロではありませんので、あくまでも経験値に沿っただけですが、さて今年の日本の夏はどうなるのか。毎年猛暑になっているのでもう誰も驚かないかもしれないけど、南半球の天気を注意してみておいても決して損なことはないですよ。

 

オーストラリア好きにとどまらず、今後の見通しにお役に立てれば幸いです。

 

記事:2018年1月7日

本年も宜しくお願いいたします。

2018年になりました。

まだ本格的にブログを書いてませんが、今年もいろいろと皆さんに届けたいと思っています(なるべく、楽しい話題を、ですよ!)

 

今年から数年は子育てのピークでもあり、ファミリーでの移動は少々難しいところもありますので、多少単独行動は否めないかもしれません。

大型連休のゴールデンウイークやお盆休み、そして、子供の休みでもある春休みになんか企画したいのは山々ですが、授業を休ませないと意外に長い休みが取れない日程になってました。

それでもなんとかするのが企画力!

いまやシドニー路線も充実しているので、最短期間の週末旅行も視野に入れながら、なんとかしたいものです。

 

それでは、企画やさまざまなニュースを見つつ、トレンドをご一緒に追って行きましょう。

 

1月6日

2017年もありがとうございました

 1年間、ホントに楽しい!オーストラリアのブログにお付き合い、ありがとうございました!

今年も本当にいろんなことがありました。

個人的には、もちろん3月から4月にかけてのタスマニア家族旅行ですが、それ以外でオーストラリアの話題に事欠かない1年だったと思います。

 

年末年始も今日から本格的に開始。

交通機関の混雑がメディアから伝わってきます。

いつものニュースですが、成田空港の出発ロビーは大混雑。

もちろんこれからオーストラリアに向かう人も大勢して、年末年始を過ごされるんだろうと思います(仕事の方もいるでしょうね!)

おなじみになりました、カウントダウンによる花火の打ち上げ、

それと同時にハッピーニューイヤーのお祭り。

まだ体験したことがないんですよね。

知り合いは続々とオーストラリアで年末年始を過ごしに、オーストラリアへ。

私もいつか必ずオーストラリアでハッピーニューイヤーを迎えるぞ。

 

来年も今年以上にいろんなことが起きるでしょう。

是非オーストラリアで楽しみましょう。

 

では、よい年を!