ホントに楽しい!オーストラリア

~楽しいからには理由がある~

タスマニア 一味違うオーストラリア 絶品グルメ タスマニアビーフ

タスマニアのグルメ、お次はステーキ。
タスマニアビーフって聞いたことがありますよね。


日本でも某ハンバーガーチェーンではタスマニア産のビーフが使われていたり、
ホテルのステーキフェアでは、オーストラリアステーキと銘打ってフェアをやっているとタスマニア産のビーフだったり、結構名前を聞いたことがあると思います。
だったら絶対現地で食べなければ、の筆頭が、カキとタスマニアビーフ。絶対に外せませんよね。

 

タスマニアの首都ホバートだったら、いたるところにステーキハウスがあるもんだと思っていたら、どっこい、どうもそうは問屋がおろさなかった(古い!)
まず、そもそもステーキハウスが見つからない。
あるにはあるんだけど、非常に少ない
特に、子連れなので、高級店に入るなんて早々できないので、できるだけカジュアルなお店を選ぼうとすると、それも探せない。
(オーストラリアの州都に行ったら必ず見つかる、ホグスのステーキはありますが、チェーン店ですからね。)
期待していただけあって、店探しには結構苦しみました。
けど、事前に確認していた、ある程度の品質で、それなりに食べることができるステーキハウスに的を絞り、タスマニア滞在2日目の夜に直行しました(ちなみに初日の夜はシーフード&カキでした!)。

ホバートの、特にシティーの街は小さい。
滞在は西ホバート。シティーから徒歩で約15分。

ホテル オールドウールストア の1階にある、レストラン
Stockmans(ストックマンズ)

f:id:tanoshiiau:20170619233018j:plain

こちらのホテル&レストランは東ホバートの端っこにある。それでも、端から端までゆっくり歩いて45分。近いですよ。)

こちらはカジュアルとあるが、ホテル自体は由緒正しく当時の歴史を引き継いでいるため軽々しくカジュアルなレストラン とはいえないです。

ただ、高級感を感じながら、非常に親しみも同時に感じることのできる空間でもあり、なんだか安心して子連れでも入っていけました

f:id:tanoshiiau:20170619232831j:plain

そういえば、何気にお水がおいしかった!天然水かな??

 

それはともかく、ステーキをメインにしているので、とても高いんじゃ!
この心配は見事に裏切られました。

f:id:tanoshiiau:20170619232037j:plain

あくまでも現地価格ですが(2017年3月時点)
一番高いクラスのステーキ、SCOTCH FILLET(スコッチ フィレ)がなんと350gのボリュームで36.5オーストラリアドル。日本円で約3,200円。
日本で食べるステーキなんて、せいぜい200gがいいところで、しかも名の知れたステーキチェーンでも同額の3000円はするでしょう。
まして現地のタスマニアステーキ。これはかなりお得且つ自身を持ってお奨めできます。

もちろん、他の品種を選んでも全然問題ないですが、我々はメニューの中で素敵なものを見つけました。
ROBBINS ISLAND WAGYU RUMP(和牛ではなく、WAGYUです)のRUMP肉が400gで42ドル。約3,800円
子連れなので、この量は1人1品食べきることはないでしょうから、2つを4人でシェアすることに(向こうの店員さんも慣れたもので、簡単にシェアできるように小皿を用意してくれました)。

f:id:tanoshiiau:20170619232220j:plain

タスマニアビーフのステーキと、タスマニアで飼育された、和牛ではなく、WAGYU。
実は、生まれてから今まで、この2つのステーキは食べたことがないので、どれくらいおいしいのか、比較ができません。
ただいえることは、特にWAGYUに関しては、今まで食べてきたステーキの概念を崩してくれたといっても過言ではないでしょう。なんせ、ナイフを入れたときの切れ応えと、噛んだときに触感は
これって、ステーキ?でも、味はステーキだよね!」

ああ、料理専門家じゃないので、味の表現がとっても貧弱。

ふと見ると、他のお客様は(主に欧米系で、お年寄りが多い)同じようなメニューをワインと一緒に頼んでいる。やっぱりタスマニア産ビーフの持つブランド力はかなり強いものだと、はっきりと認識しました。


いまやタスマニアビーフは世界中で名の知れたブランドで、いずれ誰もが知る高級品になる日も近いと、初めて食べた割りにはっきり言ってますが、間違いないと思います。

 

写真:2017年3月26日

タスマニア 一味違うオーストラリア 絶品グルメ カキ3

あの味をもう一度。


タスマニア旅行を終え、帰国する前日。
やっぱりもう一度タスマニアのカキを食べておきたかった。


たった3日間のタスマニア第二の都市、ロンセストンの滞在でしたが、最終日は
レンタカーで敢えてどこにも行かず、シティ内を散策することに。
最終のディナーはタスマニアのミートを食べると決めていたので、残りは
ランチタイム。もう決めて行くしかない!
シティーでちょっとしたところで行くとなると、まして観光客が行くとなると最後はここ。
シーポート (Seaport)。

シーポートの地図はこちら
ここには長期滞在用のアパートメント、ペッパーズシーポートホテルとセットでおしゃれなレストラン数店が軒を並べているので、困ったとこはここ!

www.booking.com

そのうちいくつかはシーフードを提供していますが、
名前のとおり、FISH N CIPS というレストランか
MUDBAR というレストランか。
決め手となるメニューでもあまり差があるのかどうかもわからないなか、
「なんとなく」子供がいても馴染めそうな、MUDBARに決めました
(先客に5,6歳くらいの白人の子連れがいたので、ちょっと安心したこともありましたが)

早速MUDBARでカキを注文。
もちろん、1ダース単位で。

f:id:tanoshiiau:20170618214722j:plain

ここは、富裕層の客を当て込んでいるのか、料理にも手が込んでいてて、ナチュラルだけのカキメニューではなく、「調理された」カキメニューにしました。
わさび液に漬かった味付け、ベーコン味、あまり味わったことのないような塩味など、バリエーションが豊富。
わさび味に慣れた日本人にとって、ちょっと違和感のある(笑)わさびではありましたが、ここでは新しい「開発された」味と思うことにして、それぞれのカキを味わうことにしました。

f:id:tanoshiiau:20170618215019j:plain

f:id:tanoshiiau:20170618215256j:plain

おいしいかどうかは顔つきを見て判断してくださいね。

f:id:tanoshiiau:20170618215547j:plain


写真:2017年4月3日

タスマニア 一味違うオーストラリア 絶品グルメ カキ2

 カキは取れる場所によって、味が違うと良く聞きますが、同じ生カキであっても
獲り方によって、味が変わるっていう話を聞いて、
「えっ、何それ!」
と思いませんか?

タスマニアの東部にある、ホバートからの日帰り観光ポイントで、タスマニア在住の方も夏にはバケーションとして良く利用されている、フレシネ半島
その一角にカキが獲れるエリアがあり、その上獲ったばかりのカキを食べさせてくれるお店がオープンされていると聞き、もう行かずにはいられません。

 

ちょうどホバートから、ペンギンパレードが見れるビシェノに向かうので、どうしてもランチは必須となり、せっかくなので行っちゃおう、ということになりました。
既にホバートでのカキにすっかりとりこになり、誰も反対するものなどおりません。

 

最初はフレシネ半島に行って、ワイングラスベイ(後述)を見て、観光してからランチにしよう!
と余裕をこいていたら、ランチの時間がすっかり過ぎてしまっていました。
オーストラリアの広さをわかっていながら、いまだに計算できない、おばかなパパ。

それでも、なんとか3時のおやつの前に到着。

 

そのお店は近くに街があるわけでもなく、リゾート施設があるわけでもなく、どちらかというとブッシュ(低木)を切り開いて、畑を作るのを止めて掘っ立て小屋を作って、店をオープンした感じ。
(日本で流行りのカキ小屋のワイルドさの拡大版ですね)

f:id:tanoshiiau:20170613233847j:plain

ただ、それでも観光客の間では有名なのか、ランチに遅い時間だというのに席の7割は埋まっていたし、我々が次に向かおうとした更に遅い時間なのに、まだ客がやってくる(しかし、在庫には限りがありました)。

そこでは、驚くべき光景が。。。あまりに質素(厨房があるので、もう少し大きいスペースがありましたが)。

f:id:tanoshiiau:20170613234145j:plain

しかし、見るべきポイントはたたずまいはどうでも良く、問題はカキ。
一体何が違うのか。
やっぱりナチュラルで、生カキをオーダーしないと違いなんてわからないよね。

早速1ダース分の生カキをオーダー。

f:id:tanoshiiau:20170613234002j:plain

レモンも絞らず、そのまま口に放り込む。
と同時に、
「んん?何だ?」
これは初めての味。いや、日本だったらあり得ない。
薄くはない、けど濃すぎない、塩味
というか、これ、海水

これがカキ殻の中に微妙に残っている。


そりゃ、他では体験できない味だよね。
でもどうしてか、疑問が浮かぶ。

しかし、この疑問は時間が経つにつれ、徐々に薄らいでいく。
なぜなら、この絶妙な塩加減が
「とってもおいしい」
からだ。

普通は、カキを獲ったらじっくりと水に流して(貝柱などもきれいに取って)、きれいに食べられるようにする。しかし、ここでは貝柱もしっかりと貝にこびりついているし、貝をしっかりと洗いきっているように見えない。
けど、待てよ。一番おいしいのは、なにはあっても獲り立て。特に船の上がもっとも獲り立て。
それは無理だとしても、船から近い漁港であれば、獲り立てに近い。

つまり、このカキのお店はそれを実現しているようです。
漁港からも近く、料理に時間を掛けず、できるだけ最短でお客に提供する。
だから、より新鮮な雰囲気で生カキを味わうことが出来るんだ。
なるほど、他の国の旅行者はよくわかっていらしゃる!


ところで、このお店、日本のガイドブックにはどこにも書いてません
ちょっと秘密にしてみたいこともあり、お店は出すのは今回控えます。すみません。

 

でも、探せたときは本当にうれしいものですよ。

(フレシネ半島って書いちゃってますしね(笑))
是非、最上のカキを試してみてください!

 

写真:2017年3月29日

タスマニア 一味違うオーストラリア 絶品グルメ カキ

タスマニアオイスター(カキ)はとにかくうまい!

f:id:tanoshiiau:20170612201524j:plain

ということを聞いたことがありませんか?
そんなことを耳にした人も多いかと思ってます。
実際、オーストラリアでは、タスマニアに限らず、オーストラリア各地で取れるカキはそれほど多くはないですが、どこの都市でも出されるお店のカキはどれも絶品で、比べられないほど。


「何もタスマニアではなくてもねえ」
タスマニア訪問前に半信半疑状態。
いくつかのテレビ番組でも、タスマニア特集のグルメコーナーでは、必ずといってもいいほどタスマニア産のカキが出てきて、(予算カットのため)多くの芸能人リポートが
「これは、うまい(まいうー!)」とか大げさな表現のため、まあおいしいんでしょうが、ちょっと斜めから話半分で聞いていました。


でも、やっぱりこの目(舌)で確かめたい!

ということで、カキ好きの自分にとっては、そんな適当な理由で、カキを食べ歩きたい!
いくつかめぼしは付けてましたので、あとはスケジュールとの兼ね合いでどこで食べるかでした!

ちゃんとした食事の一発目から絶対にカキ!
と心して、初日の夜からカキのあるレスストランへ。

タスマニアの首都ホバートで、かしこまらず、手軽にシーフードを食べれる場所といったらここ。
Frenzy

www.fishfrenzy.com.au


場所も古い町並みの中に佇むハーバーの中の埠頭をきれいに改装した一角にその店がありました。

f:id:tanoshiiau:20170612201215j:plain

日が高いとまだ空いている。


平日でも早い時間(といっても18時前)に入らないと満席になってしまうほどの地元でも人気店。
まさか、日曜の夜から込むことは、オーストラリアだったらないでしょ!
と思いきや。どうもかなりの有名店らしく、世界中の観光客がわんさか押しかけていました。
あっという間に空席が埋まり、残り4テーブルくらいしかないところで滑り込みセーフ。

f:id:tanoshiiau:20170612201044j:plain

次から次に来る注文で大忙しの厨房。

 

この場にはホバートをはじめ、タスマニアに関してはスペシャリスト級のコーディネーターが同席してもらったおかげで、オーダーを始めとてもスムーズでした。

 

絶品カキ
と一言で括ってしまいますが、これ以上のことばが見つかりません。ごめんなさい!

f:id:tanoshiiau:20170612201333j:plain

このときは全て生! やっぱり生でしょ!

 

大きさはわりと小ぶり。
食感は、もしかしたら世界中同じなのかもしれませんが、日本のカキとあまり違いはありません。
しかし、食べているうちに、小ぶりなのにぷりぷり感と、噛んだあとの食感がどうにも舌が忘れないほど。

f:id:tanoshiiau:20170612201438j:plain

これが、タスマニア産カキの絶品度合いなのか!

これじゃ、また食べたくなるじゃないか!

どうしてくれるよ、カキ!!

続く。

 

写真 2017年3月26日