読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ホントに楽しい!オーストラリア

~楽しいからには理由がある~

地球一変わった動物 カモノハシを探せ!5 看板

「看板」というと、2つの言葉がどうしても浮かんできます。

 「看板倒れ」か、

看板にウソ偽りなし

 

カモノハシをケアンズ郊外で見に行く場合は、だいたいがツアーに参加することがお勧めだ、とどのガイドブックにも書いてあります。

ただし、そこには注釈も書いてます。

もしカモノハシを見れなかった場合は・・・

野生動物だから、絶対見れると言い切れることはありませんが、それでも、カンガルーだったら高い確率でみれますよね。

ところが、カモノハシに関しては、見れる確率がかなりさがるため、見れればラッキー!くらいに考えておいた方が良いそうです。

そんななか、「地球の歩き方ゴールドコーストケアンズ編」で見つけた見だし

「カモノハシを個人で見に行くなら」 ターザリーレイクス

場所はケアンズからクルマで1時間から1時間半のところにある、アサートン高原内。

マランダという地域の近くにあります。

ここでは、高確率でカモノハシが見れる池があります。

 

と書いています。

 

本当か?本当に野生なのか?

飼っているんじゃないの?

15年に渡り、見れないのが当たり前になっているため、ガイドブックに書いてあることも、にわかには信じることはできません。別に恨んでいるわけではなく、そういう運命なんだろうというくらいの気持ちです。

そんなところに、冒頭の「看板」が目の前に出てきたら、やっぱり信じられない、アン ビリーバボー(と心で叫ぶ)。

 

その看板は

f:id:tanoshiiau:20160216093003j:plain

 

看板は普通客寄せですから、多少オーバーな表現をするものです。

先進国であれば、競争も激しいので、尚更です。

しかしここは競争は激しくないオーストラリア。

国全体がのんびりしているのに、更にのんびりした田舎町。

「別に無理してこなくてもいいよ!」

くらいにどっしりと構えているところ(そんな風に思えたには自分だけ?)にわざわざオーバーな表現をするだろうか??

なんてことも考えていました。

しかし、自分にはもう選択肢がありません。

ツアーに申し込んでいなかった。

あと3日で帰るけど、2.5日は予定を入れている。

どうせダメでも目の前に来てしまったので、あとはお金で解決。

そうだ。ダメもとで行ってみよう。

f:id:tanoshiiau:20160216093720j:plain

と時計を見ると、既に16時になろうとしている。

ここ、営業時間は16時までになっているじゃないの?

そもそも間に合うのか?? 

 

ここまで来てなにもせずに日本に帰る人はいないですよね?

まあカフェというか、湖のオーナーにでも話をしてみるしかないですね!

 

個人旅行の醍醐味と大変さを味わうことで一生の思い出になる。

帰国してから思いめぐらせた次第です(結果オーライともいう)。