読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ホントに楽しい!オーストラリア

~楽しいからには理由がある~

日本一詳しいゴールドコーストマラソン2016 15キロ超えと折り返し地点

 

ブロードビーチ後半。

f:id:tanoshiiau:20160806190546j:plain

12.5キロの給水ポイントを過ぎ、バーレーヘッズと呼ばれる閑静でかなり新興住宅エリア(サーファーズパラダイスと比べてですが)で、1回目の折り返し地点に
差し掛かります。そこまで1キロを切ってますからあと5分くらい。
その間、先頭集団をはじめ、先を走っているランナーが続々と反対車線を
すれ違ってきます。
たった5分。往復10分の違いだけど、積み重なると1時間にも2時間にもなって
差がついてしまう。それだけ速いランナーが道路の反対側を走ってます。

あ、緑の風船を付けたペースメーカーのおじさんを取り囲んで、集団がやってきました。

f:id:tanoshiiau:20160806190638j:plain

彼らは、自己申告で3時間30分でごーるできるエリートランナー。
それだけに、まだ20㌔にも達していないこのあたりでは、全員軽快な走り。
うー、凄い。風を切っているって、こういうことなんだ。


続いて水色の風船を付けたペースメーカーおじさんがすれ違い。

こちらは3時間40分組。
わずか10分の差ですが、この時点では1-2分差しかありません。
やはりゴールしたときには10分の差が付くんですね。
このあたりで、続々と風船を付けたペースメーカーと、それを取り囲んだ集団がやってきます。

f:id:tanoshiiau:20160806190744j:plain

みんな、ペースメーカーと同じスピードを維持して、ペースを守りたいんだね!(^^)!。

今回初参加の自分にとっては、そのような人達に混じってペースは維持できないなあ。
後半(21キロ以降)のペースの取り方がわからないんだよね!(^^)!

そうこうしているうちに、15キロの掲示板が見えてきました。

f:id:tanoshiiau:20160806190948j:plain

1時間48分の文字。
スタート時6分遅れなので、差し引きすると1時間42分のペース。
うーん、まあ、こんなものか。

f:id:tanoshiiau:20160806191107j:plain


15キロを過ぎたところで、事前に計画したときの実行する時間になりました。
いわゆる、補給食品(バー)を食べます。
他のランナーと沿道で応援している人の邪魔にならないよう、沿道から少し奥まった
木陰を見つけてバーを取り出します。


スタート30分前にも食べましたが、その時はバナナ味。美味とはいえない。
続けて同じバナナ味はちょっとつらいため、今回はチョコレート味にしました。

f:id:tanoshiiau:20160806190831j:plain

噛まないと呑み込めない構造になっているらしく、顎(あご)の力を必要とします。
その代り、喉を過ぎると溶けてしまうとか、すすーと胃に入っていく感じがとても不思議。良くできています。
それでも、完食し、胃に収まったことを確認するまで約3分。
その間に我らがピンクの風船ペースメーカーおじさんは1回目の折り返し地点をとっとと折り返して、もうはるか「後方へ」走り去って、影も形もありません、みえません。
まあ、いっか。慌てない。

ちょっとした休憩みたいなものですね。
さあ、レース再開。
このあたりは既にブロードビーチ(ゴールドコーストでは3番目の規模の観光スポット)を抜け、バーレーヘッズという地域。
ゴールドコースト空港からサーファーズパラダイスに向うときに、最初に通過する街並みなので、覚えている人はいるかもしれません。住宅地が多いからか、緑や木があり、日陰が多いからか、それとも1時間50分ともなると朝9時10分を回っているから、みんな起き出しているからか、はたまた散歩(&自転車ライダーがとても多かった)のメッカなのか、とても賑やかです。

演奏の集団もたくさん。

f:id:tanoshiiau:20160806191138j:plain

ランナーへの応援団もたくさん。
なので、せっかくの記念なので、折り返し地点までやってきた記念に写真を撮ってもらうことにしました。赤の他人にお願いするのにエネルギーを使うものですが、ここまででまだ体力に余裕があります!

f:id:tanoshiiau:20160806191226j:plain

この折り返し地点で約15.5㌔。
結構来ましたが、まだ全体の1/3を超えたところです。
あ、結構みんなここで写真を撮っているなあ。やっぱり記念になるのかな??

f:id:tanoshiiau:20160806191309j:plain

写真撮っている間に後続のランナーも続々やってきて、自分を追い抜いて行く。

さあ、自分も折り返し地点から再スタートだ。

それにしても、スタート前から食べたり、途中で補助食品やジェルと摂っているから、普段なら15キロ過ぎると空腹(ハンガーノック)で力が入らなくなるのに、今回は全くありませんでした。
空腹を抑えるのって、ものすごい大事なんですね!(^^)!

このままの勢いで、20㌔超えに向うぞ!