読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ホントに楽しい!オーストラリア

~楽しいからには理由がある~

日本一詳しいゴールドコーストマラソン2016 大チェックポイント 20㌔

なんとかここまでペースを落とさずに、18キロを超え、20㌔が目前に迫ってきました。
20㌔は個人的には1つの一大チェックポイントだからです。

f:id:tanoshiiau:20160808230138j:plain

ペースが落ち始めた周りのランナーとランナーたちを応援する近所の(?)ファミリー


・マイベスト 今までの最高走行距離
もちろんハーフマラソンを走ったこともあるし、国内での練習もだいたい20㌔過ぎで
失速してしまってました。それも1回だけではなく、3度、4度もある。
原因は両足のふくらはぎからすねにかけての痛み。ごくタマに右膝の痛みが発症。
恐らく疲れから来る乳酸がたまったせいで、足を変にかばってしまったせいで、痛みが
出てしまっただろうと思いますが、今回痛みも疲れもなく、クリア!


・栄養補給のポイント
15キロの次は25キロと決めていた栄養補給食品のタイミング。それを守れるかどうかは
空腹になっているかどうかに掛かっていました。
幸い、スタート時からの栄養補給を何度もしてきたせいか、まったく空腹感なし。
こちらもクリア!


・姿勢のチェック
左肩:40肩(Frozon shoulderというそうです)を抱えながら腰痛にならないように
気を付けてましたが、疲れるとどうしても腰が下がって、腰に負担をかけてしまいます。
原因は上半身に筋力がないから。
けど、今回、自分の影を見ながら腰をもちあげ姿勢を正して、そのまま体勢維持したままで走り続けることができたので、こちらもクリア!


・足首の痛みと発熱
自分の体重をすべて受け止めている両足首。
疲れが溜まると、足の甲がパンパンに膨らんでくると言われるようです。
その場合は、一旦靴を脱いで、紐をしめ直して・・・ということをやるつもりでした。
けど、そのような痛みも全くなし。多分、スタートダッシュや、無理な加速をしてこなかったからかもしれません。いずれにしても、20㌔過ぎの段階ではクリア!


・タイム維持
スピードは上げないけど、落とさない。それを20㌔超えを目標にしてきました。
信じられないことに、願い叶ってました。(スタートが遅れて、途中混雑もあり、
ちょっと遅いけど!(^^)!
その逆に、周りのランナーたちは、20㌔を迎える段階でペースが大幅に落ちたり、足を止めたり・・・
沿道でストレッチを始めたり・・・
ここまで脱落者を見たことがありませんでしたが、そろそろ疲れのピークに達した人が出てきたようです。

f:id:tanoshiiau:20160808230435j:plain

さあ、20キロ超えたぞ~!

それにしても、ほんと、前後は女性ランナーばかりになってきた!

f:id:tanoshiiau:20160808230519j:plain

時間、2時間22分。とても語呂が良い。
なんて感心してる場合じゃない!(^^)!
スタートから1時間ごとに、ジェルを飲むことにしていますが、ちょうど2時間を超えたので、早速事前の計画通りに実行、実行。


だが。。。待てよ。


20㌔地点でもスポーツドリンクを飲めるし
22.5㌔までの間に給水ポイントで水を飲んで
その直後には補給食品を食べる時間になって、その直後には再びスポーツドリンクタイムが。
そんなに続けて胃が受け付けてくれるのか、走っている最中に何度も食べたり飲んだりなんてしたことないぞ。


一体、自分の身体はどうなってしまうんだろう、とちょっとだけ不安が頭をよぎりましたが、それも1つの体験だ。

楽しみに取っておこう!(^^)!