読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ホントに楽しい!オーストラリア

~楽しいからには理由がある~

タスマニア 一味違うオーストラリア カフェ文化5 リベンジ3

ロンセストンでのカフェ巡り。続きです。


昼時に行ったバンジョー カフェには満足しましたが、このまま1日を終わらせるのはもったいないし、翌日帰国するのにこの日1箇所しか行っていないのもなあ。と
ということで、夕方、夕食前になってしまう時間帯の覚悟の上で行ってきました。
カフェ LIVEAT

(なんと読むのか、わかりませ~ん!

f:id:tanoshiiau:20170424232828j:plain

そういえば、緑色が基調って、もしかしたら珍しいかも。

スターバックスとは違って、クリーム色がかったメローグリーン。

 

ここも、先ほどのカフェ バンジョーと同じく、サンドイッチ類も売っていますし、フルーツも置いてます。

f:id:tanoshiiau:20170424232941j:plain

レジの隅っこのほうに「アサヒスーパードライ」のビールがショーケースに積まれてましたので、もしかしたら夜になったらバーに変わるんでしょうね(夜は行っていないので、未確認)。

 

店内は奥行きが結構深く、ゆっくりとできるカフェですね。

f:id:tanoshiiau:20170424233122j:plain

店の入り口付近に座る客は回転が早いのとは全く逆で、奥行きは人の動きがあまりありませんでしたから。

どこの店舗も個性的ですが、ここでも壁にある言葉も、一種のアートを意識しているかのよう。
カフェ専門のアーティストか、プランナーがいるんでしょうかね。


どうしてこうも特色があるのか、それを見るだけでも、カフェでゆっくりしたくなります。(日本人だけではく、コーヒーを飲んだら、ほとんどの人がとっととお店を後にしていますが、なんだかもったいないですね。でも地元だから、常連さんだったらあまり関係ないのかもしれません)

 

そうそう、カフェの話でした。
一休みするためでしたし、歩き疲れて、気温も高かったこともあり、アイスコーヒーを探していたところ、ドンぴしゃり!

この店には置いてあった!
この時期はまだ夏の終わりでしたので、体感的には暑いはずですが、だいぶメニューを変えてきたのか、他のお店にはお目にかかれませんでした。


ただ、やたら多かったのは「スムージー」。


いくら暑いからといっても気温20℃。
そんな状態でスムージーなんて飲んだら、体感気温は一気に10度。風邪を引いてしまいそう。
だから、アイスコーヒー程度が日本人には十分なんですね。

4人で頼んだコーヒーは1杯(全員1杯ずつにしては、量が多過ぎ。日本人の胃袋って小さいのか、我が家が小さいのか。かなり経済的な一家です)

f:id:tanoshiiau:20170424233527j:plain

その他には、見慣れないジュース、サイダーホバートはサイダーが流行っていて、いろんな種類のサイダーが売られている)や、

f:id:tanoshiiau:20170424233347j:plain

カットフルーツ、カットフルーツと同じサイズの容器に入ったヨーグルトと、トッピングや売り方にも一工夫もふた工夫もあり。

f:id:tanoshiiau:20170424233229j:plain

ただ、コーヒーが出てくるまで、若干時間が掛かりました。


急いでいるときだったら、どうなっていたかな。


けど、ロンセストンの住民でそれほど急いでいる人なんて、多分いないんだろうねえ。
その点は、日本人として見習う必要があるかもしれません。

f:id:tanoshiiau:20170424233730j:plain

タスマニアで味わったカフェ巡りは、これでおしまい。

もっともっと行きたかったなあ。

やっぱり、早起きして、1人4食食べるくらいでないと、駄目かあ(笑)!

 

写真:2017年4月3日