読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ホントに楽しい!オーストラリア

~楽しいからには理由がある~

オーストラリアワイン ランキングあれこれ

このところ、ワインに関するニュースが少-しだけ流れているので、このブログでもちょっとだけ紹介しておきます。

現在、アルコール市場は大きく変わっていて、以前のような国別によって消費形態が異なっていましたが、どうも最近ではその傾向が変わってきているようです。

例えば、ロシアだったらウオッカの消費が、ドイツ、アメリカ、オーストラリアではビールが、フランスではワインが、日本では日本酒が、といったように、かなりわかり易い別れ方をしていました。

最近は、細かく検証したわけではないですが、各国の嗜好が変わってきているとのこと。

その代表格がワインだそうです。

世界的に見て、アルコールの中でもワインは増加傾向です。

それは、ワインの消費量が伸びているからですよね。

こんなランキングがあります。

世界ワイン生産量ランキング

ベストテンは以下の通りです(2013年)

1位 France.png フランス 4,293,466 t
2位 Italy.png イタリア 4,107,370 t
3位 United-States.png アメリカ 3,217,000 t
4位 Spain.png スペイン 3,200,000 t
5位 Chile.png チリ 1,832,000 t
6位 China.png 中国 1,700,000 t
7位 Argentina.png アルゼンチン 1,498,400 t
8位 Australia.png オーストラリア 1,231,000 t
9位 South-Africa.png 南アフリカ共和国 1,097,200 t
10位 Germany.png ドイツ 840,900 t

以前は中国が圏外でしたので、7位以内にキープできていたのですが・・・

(それにしても、ドイツが低いことに驚いた)

 

では、このランキング通りにワインは日本で流通しているでしょうか?

今朝の朝日新聞で、あるソムリエが首都圏の37店舗のスーパーを調べたところ、

生産国のランキングが判明したそうです。

1位 フランス 19% 圧倒的ですね。

2位 チリ

3位 イタリア、スペインが同率

そして

5位 オーストラリア、アメリカが同率でした。

 

首都圏では既にかなりの量のオーストラリアワインが出回っているんですね!

全国にどれだけ消費量が拡大するか、今後が見ものだなあ!