ホントに楽しい!オーストラリア

~楽しいからには理由がある~

ゴールドコーストマラソン2016 カウントダウン

f:id:tanoshiiau:20160727232315j:plain

ゴールドコーストマラソンのスタートライン、Dゾーン(一番走るのが遅い部類、但し自己申告)。ここもだんだんと混雑してきました。

いよいよスタート開始です。

f:id:tanoshiiau:20160727232452j:plain

なんと、車イスのランナーもおります仮装の人もいます

 

本当は車イスだけのフルマラソンレースがあります。

ちょうどフルマラソンの5分くらい前にスタートするから、正にスタートしているはずですが、後方なので、前方の様子が全くわかりません。

それでも、スピーカーの声がだんだんはっきりわかっていました。

英語の解説と日本語(日本人)の解説。

そろそろスタートです。みなさん頑張っていきましょう。

とかなんとか言ってます。

f:id:tanoshiiau:20160727232735j:plain

みんな前を向いています。もうまもなくです。空も青くて天気もいいし、スタートもしていないので、疲れてもないし。気持ちが高ぶりますね。

さて、ここで第三の矢です。

それは、「脳を裏切ること!」

ん?なんのことかわかりますか?脳が高ぶってくると、早く走り出したくてうずうずしてきます。スタートするとついついダッシュして飛び出してしまうそうです。これが後半のレースの命取りになります。最初にダッシュしてペースを上げすぎないようにするため、

「最初はウオーミングアップだよ」

と脳に言い聞かせ、スタート時のロケットダッシュを制する

これが第三の矢です。

f:id:tanoshiiau:20160727233154j:plain

そうはいっても緊張はするし、楽しみでもあるし。なかなか抑えるのが大変なんですよね。

そこで、スタート直前最後のストレッチ運動。昨日の夕方は、買い物巡りで重い荷物を持って数時間。おかげで腰に違和感をもってしまったし、最近の生活習慣のせいで左肩が50肩になってしまったので、腰を振ったり、左の腕だけを前や後ろに振って、肩の筋肉を和らげたり(実際には硬いままのはずだけど、気分だけでも)。一番筋肉痛になりやすい左右の太ももの上とおしりの筋肉をとんとんと叩いたりして、可能な限りスタート時は身体を和らかくすることに専念。

 

といっているうちに、前方がざわめきだしました。

いよいよカウントダウンが始まりました。

良く聞こえないなあ、と思っていたらいきなり聞こえてきた英語は、「ファイブ」

あれ、もうすぐじゃないの!

フォー、スリー、ツー、ワン、ゼロ。行ってらっしゃーい!」

と言っていたような記憶が。

とにかくゴールドコーストマラソンがスタートしました。

わくわく、そして、楽しむぞ。といいつつ、戻って来れるかなあ。

と考えているうちに動き出すかと思いきや、まったく動きません。

さすがDゾーン、最後方です。

そうやって、しばらく時間が過ぎてゆくのでした!(^^)!

そして、ゴールドコースト2016で、一番詳しいレースのブログが開始されました!!