読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ホントに楽しい!オーストラリア

~楽しいからには理由がある~

日本一詳しいゴールドコーストマラソン2016 もうすぐゴールと大声援

30キロ手前で感極まってしまった、サウスパーク公園が見えてきました。
人が多く集まっています、というどころではありません。
沿道には人垣ができています。隙間なくぎっしりとゴールを目指すランナーに向って声援を送っているか手を振っているか、じっと見ています。
なぜこんなに人がいるの?
もちろん、既にゴールした人たちも含まれていることでしょう。
たまたまマラソンのイベントとは関係なく、サウスポートの公園に遊びに来た、地元ファミリーとかもいるでしょう。
周辺は、一戸建てを含め住宅地がたくさんあるので、通りすがりの住民も多いでしょう。
それでも、どう見積もっても数千人規模の人だかりです
この規模感が、2年前に走ったメルボルンマラソンの沿道との違いでした。
メルボルンマラソンは、おもにシティや公共の建物(博物館や学校とか)、公園内を走る距離が圧倒的に多く、近くにマンションなどの建物が少ないため、沿道まで来る人数が少ないんだと思います。)
それに、天気が良く、海からの心地よい微風が感じられるからか、みんな底ぬけに明るいですね!(^^)!

延々と続く公園の沿道の、力の湧く声援を受けながら、ピンクの風船おじさん率いるペースメーカー集団と走ること数分。

f:id:tanoshiiau:20160819113127j:plain

なぜか増え続けるランナー。

f:id:tanoshiiau:20160819113239j:plain

沿道にちらっと眼をやると、見慣れた青い表示を発見。
この数字をよくみると・・・

f:id:tanoshiiau:20160819113313j:plain

42㌔。
42㌔ですよ。
このあたりでは、体力を振り絞ってなんとか写真を撮っています。
時間が無いので止まれないし、腕が上がらないし、しかもスマートフォンが汗でレンズが曇ってしまい、せっかく撮った写真数枚が全く役に立たない。
それでも何枚か写真を残せるだけでも凄い・・・と自分をほめたいです。

写真が撮れず、せっかくここまで来たのに、残念だなあ。
と考えている間。既に1㌔を切っていたってことですね。
なんだか、いけそうな予感!(^^)!
ふと、前方を見ると、30キロ過ぎた時に追いついた日本人の高齢者の集団がおりましたが、そのうちの2名、走っているのが見えました。写真や水分補給の間、一気に抜かれたと思ってましたが、ここにきて再び追いついたのでしょうか?それ以外の人はもうゴールしちゃったのかな?
横を見ると、30代くらいでしょうか?日本人の若もの(男性)がいました。
今度は後ろを振り返ってみます。

f:id:tanoshiiau:20160819113449j:plain

ランナー、ばらけてます

みんな1人で個々に想いを馳せながらゴールにむかっているんでしょうか?
それとも、もうへとへとで何も考えられないままここまでたどり着いたんでしょうか?

ふと、反対車線。サウスポートにようやくたどりつき、これから北の端、ランナウェイ ベイに向って残り10㌔を目指す後続ランナーたちとすれ違います
1時間前、同じように自分も同じ位置でゴールをめざしてましたっけ?
制限時間まで残り1時間20分以上あるから、まだまだ大丈夫!ガンバって!!

前方100㍍。
ランナーたちが消えていた。

どこに行った?自分はどこに向っている?


それもそのはず、最後のゴールを目指して、公園内に「吸収されてしまった」から。
ということで、公園内に向かうため、左折します。
これで大きく「曲がる」のも最後です。
(方向転換って、意外に足に来ます。体力を消耗してしまうんですよね)
のこり250㍍らしい。


ゲートが見えてきました。

f:id:tanoshiiau:20160819113019j:plain

(写真は前日撮ったものです!(^^)!)