読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ホントに楽しい!オーストラリア

~楽しいからには理由がある~

上手なスキーヤーはオーストラリア人

もう何年も前からニュースになっているので、多くの方もご存知だと思います。 北海道の雪質を求めて、富良野に大挙していたオーストラリア人のために、定住しちゃったオーストラリア人がコンドミニアムを提供していたかと思ったら、 今度は白馬でオーストラ…

癒し浸透 どこまでマッサージ

ゴールドコースト滞在で、どうしても行きたかったマッサージ。 それも、ガイドブックに載っているような、高級ホテルのスパではなく、 日本で体験できるような、普通のマッサージがいいんですけど。 理由は、ゴールドコーストマラソンに参加したので、終了後…

ゴールドコースト アジアはやっぱり裏路地? 2

昨日書いた韓国風定食屋さん。結構流行っているようですが、それはまだほかのお店がオープンしていない6時前。選択肢が無かった・・・ と。。。6時半を過ぎてからのこと。 一軒シャッターの閉まったお店をはさみ、もう1軒アジアンチックなお店をオープン…

ゴールドコースト アジアはやっぱり裏路地?

ゴールドコーストのグルメはたくさんのガイドブックやWEBに掲載されているので、有名店を記載する必要はここではないでしょう。かといって、ショッピングセンターに入っているフードコートも、どこでも気軽に食べることができるので、やっぱりここでも敢えて…

ゴールドコースト空港の最後に

さて、これから日本に向かうところです。ターミナル直結ではなく、地上を歩いて、飛行機の搭乗口に向かいます。巨大な空港だったら、滑走路近くに止まっている飛行機まで、バスが往復します(成田、羽田両空港で経験したことがあるかもしれません) ところが…

世界的異常気象 日本もオーストラリアも 2017年2月

ここのところ、日本全国寒い日が続いています。 特に西日本、北日本の日本海側では猛烈な大雪に見舞われています。 西日本でも、広島や鳥取では2日間で70センチも積もる記録的な大雪となっていて、 交通機関が止まる事態になっています。 こういう、あまりに…

子供の不思議な夢 は現実になるか!

昨日の夜、遅い時間の21:30くらいに帰宅したとき、小学生の次男がまだ起きていた。 早々に寝かしつけたかったが、まだ学校の宿題が終わっていないらしく(多分、宿題に取り掛かる前にテレビでもみていたんじゃないかな?)、机にへばりついていたところ、い…

ゴールドコースト また来るね!

7月4日(2016年のことです)。4日は月曜日。この日だけ会社をお休みして、早速5日から出社です。前日3日に人生初のフルマラソンに参加し完走したばっかりなので、出社後の身体の痛みがどうなるのか、とっても不安を感じつつの帰路のフライト。そういえば、ジ…

ゴールドコースト空港11  免税店で宝くじ?

ゴールドコースト空港の免税品店で思わぬ出来事。 「この期間に買い物すると、レシートに記載されている番号から抽選で豪華商品があたります。抽選はwebで発表。」 ん?免税品店で抽選? くじがあるの? ちょっと、いや、大変意外でした。民間企業であればい…

時事:首脳会談

やるなあー、ターンブル首相(オーストラリアの首相です!) トランプとの会談で。 www.asahi.com 安倍首相もこれくらい頑張って欲しいものです。

ゴールドコースト空港10  免税店で押し売り無し

国際空港の、どこに行っても出発ゲート前には売店があります。たいがいは、小規模な売店だったりしますが、大きなターミナルになると利用客に応じて売店が巨大になります。 ゴールドコーストも例外ではありませんでした。 出発ゲート近く(自分の場合はゲー…

ゴールドコースト空港9 やってしまった&やってくれた

ゴールドコースト滞在はあっという間。金曜の夜に日本を出て、土曜の早朝にゴールドコーストに着いたと思ったら、月曜の朝にはゴールドコーストから日本に向けて出発。2泊3日はおろか、滞在時間はおよそ50時間。そりゃ弾丸だよね。 それでも、気分は充分浸れ…

ゴールドコースト空港8  規模の割に意外に広いフードコート

ショッピングセンタじゃないから、フードコートとは呼ばないかな(笑)。 空港のターミナル(建物のみ)が、国内線では最大規模を誇る、羽田第二ターミナルと比較すると幅は約半分、横幅は3分の1くらいのサイズ感。日本の国土は狭いからどうしても上下に延…

ああ、タスマニア!

このたび、春休みの期間にタスマニアに行くことに決めました。 決めただけですけど(笑い)。 これから会社が休めるように調整しつつ、なんとか楽しい思い出が作れるように 充分な計画を立てます。 ああ、楽しみ。

ゴールドコースト空港7 両替

入国してしまうと、必要になってくるオーストラリアの通貨。過去何回かオーストラリアに来ているので、手元にオーストラリアの硬貨、紙幣はあるものの、ちょっと金額が大きくなると、やっぱり手元のお金だと足りない。けど、市内で換えたほうがレートがいい…

行き交う旅人 ゴールドコースト空港6 働く日本人

ゴールドコーストに来る日本人は、20年前のバブル地に比べると少なくなったとはいえ、まだまだ多いです。ということで、利用する日本人のために、ゴールドコースト空港でも大勢の日本人と遭遇しました。 ・チェックイン時にいきなり・・・ジェットスターの利…

行き交う旅人 ゴールドコースト空港5 時間の掛かる荷物チェック

いきなりですが、ゴールドコースト空港で出国審査。荷物検査をするところが少ないのか、1つの列が延々と空港カウンター前の検査設備前に連なっています。 それにしても、なんでこんなに長いの? 途中、どこかの航空会社の地上係員が、フライトの名前と時間…

行き交う旅人 ゴールドコースト空港4

ゴールドコースト空港のターミナル内には、広めのトイレがあります。思わず写真も撮ってしまいました(笑)。 ああ、空港のトイレって感じ。 しかも色がオレンジベースなので、んん?これってジェットスターカラー?? 考えすぎかな? あと、中に入ってから…

行き交う旅人 ゴールドコースト空港3

ゴールドコースト空港内の掲示板。 田舎だったら1時間に1便あるかないか。 それが、どうでしょう。 フライトの多いこと! 2016年7月2日

行き交う旅人 ゴールドコースト空港2

ゴールドコースト空港内は、オーストラリアの地方空港にありがちな、閑散として時間も更にゆっくりかと思いきや・・・ なんだかせわしない。ひっきりなしに行き来する人。館内に響き渡るアナウンス。羽田空港の5分の1くらいは忙しいかな?? と、これではわ…

行き交う旅人 ゴールドコースト空港

さて、往復に利用したゴールドコースト空港。 今回の旅に(長々と)書いていた最初の8月ごろに少し書きとめましたが、生まれて初めてこの空港を使いました。 前回1998年、初めてゴールドコーストに行ったときに使ったのは、ブリスベン国際空港を利用。(今、…

硬いバナナ

いきなりですが、日本でバナナを食べようと思ったとき、食べられなかったことはありますか?皆さん、かならず一回はあると思います。それでも、たいていは、「熟れ過ぎて、柔らか過ぎて(腐ってしまって)」食べれなかったんじゃないでしょうか?それでも、…

いつでもどこでもスマホ2 イヤホン越しの携帯電話

こちらも2014年メルボルンに行って衝撃を受けた一こま。 最初の驚きは、スマートフォン無し(に見えた)電話だった。既に商品化されていて、犯罪もののアメリカのドラマにで出てきた、ケーブルがないタイプのイヤホン。 小耳の上にちょこっと挟み込むだけで…

いつでもどこでもスマホ は世界現象??

スマートフォン。若者が手放せない、筆頭のグッズ。情報の洪水で、どんなときでも片時も離さない、離せない。 英語が読みこなせれば、日本語の情報量の10倍以上と言われています。公用語が英語のオーストラリアのスマートフォン事情は? やっぱり日本と一緒…

週末のイベント 花盛り

週末は仕事のことさえなければ(あ、自分だけ??)、いつも楽しいことばかり。オーストラリアでも、週末は多くのイベントで盛りだくさんのようです。 日本も多いけど、ちょっとオーストラリアでは様相が違うみたい(笑)。 ゴールドコーストを訪れたときは…

ゴールドコーストの週末 オヤジサーフィン、子供サーフィン

ゴールドコーストは、朝の早い人、夜の遅い人、両方が交わるシティだと思いますが、シティーから外れると、ほとんどの住民は「朝の早い人」だらけと言っても過言ではありません。 なんせ、朝早く、ビーチに見学に向かったとき、自分はてっきり早いと思ってい…

ゴールドコースト 朝からカフェ

オーストラリアは、州都シティに限らずいたるところにカフェがあります。 本格的なバリスタが入れるコーヒーを出すお店から、ちょっとしたレジ脇で、ショップのオーナー(日本で言うところのコンビ二をイメージ)がコーヒーメーカーからマグカップに注ぐだけ…

ゴールドコースト スタバ VS 地元カフェ

オーストラリアはカフェ文化が根付いてます。スターバックスは後発。迎え撃つオーストラリアの地元カフェ陣。スターバックスに勝てるのか? 実はスターバックスよりもはるか昔にヨーロッパからのカフェ文化が各州の各地域に根付いていました。オーストラリア…

2017年も宜しくお願い致します。

あけましておめでとうございます。 本年も当ブログを宜しくお願い致します。 本当に楽しいオーストラリアを、本当に楽しみたいと思って始めたこのブログも2年を超えました。 これからも引き続き宜しくお願い致します! 簡単ですが、ご挨拶に代えさせていただ…

55/50/5/50 謎解きです。何でしょう?

ゴールドコーストの旅行記全体を書き終えてからに、この謎解きをしようと考えてましたが、年末になってしまい、いまだ終わらずですので、先に謎解きを出してしまいます。 といっても、今までのブログを読んだからといって、謎が解けるわけでは全然ないので(…

ゴールドコースト 飲み屋の子供たちその2 ジャンクフードざんまい?

居酒屋での観察、第三弾。 さて、ゲームをしにきたんじゃないことは明白ですが、小学生らしきオーストラリア人(とおぼしき)子供たちはいったい何を食べるのか、非常に気になった。まさか、大人と同じ、ステーキとか、食べちゃうんじゃないのかな?とか、余…

シドニー カウントダウン 

毎年恒例、シドニーのカウントダウン。 ハーバーブリッジ周辺では、場所取りで夕方には大混雑。 ニューイヤーになった瞬間に、10分間、7箇所同時に休みなく花火が上がるそうです。 www.yokoso-sydney.com カウントダウン3時間前の9時にも、余興で花火が上が…

異常気象 オーストラリア中央部で大洪水

年の瀬も押し迫っている12月27日。 オーストラリアは真夏に向かっています。 そんな中、洪水のニュース。 通常であれば沿岸部でのニュース(たまにヒョウが振るほど)ですが、 今回は年間でほとんど雨の降らない中西部(アウトバック)の大豪雨。 しかも、ウ…

ゴールドコースト 飲み屋の子供たちその2 ゲームざんまい?

ゴールドコーストの夜のレストラン。再び。その夜のレストランに先に来ていたのはわたくし。15分後に、子連れファミリーがやってきた。おそらく2、3家族合同だったんでしょう。大人のテーブルと子供たちのテーブルに分割。子供だけでも、5人は集まって…

ゴールドコースト 飲み屋(レストラン)の子供たち

ゴールドコーストの夜のレストラン。 まだ早いとはいえ、夜6時を過ぎたら、普通は大人の時間。というのに、子連れでお食事している姿があちらこちらのお店でみることができました。 もしかしたら観光客だから、だったかもしれませんが、どう見ても身なりや、…

ゴールドコースト 店名勘違い事件

前回、ステーキを食べたいから、宿泊している近くのブロードビーチにあるSAGE(セージ)のレストランに行ったことを書きましたが、実は言い訳じゃないですが、ほとんど後付けです。 ええ、どういうこと? ちょっと説明しますと(汗)。 もともと日本にいると…

ゴールドコースト 不思議なディスカウント

ゴールドコーストの繁華街の1つ、ブロードビーチ。シティのコーナーには一際目立つレストランがありました。SAGE(セージ)。ステーキを提供する、カジュアルとフォーマルの中間くらいのお店です。 夕方になると徐々に冷え込むため、薄暗くなってきた段階で…

行ってしまった一号機

自分にとって、飛行機の雄姿を見て心癒されるタイプではありませんが、 既に昨日になってしまった、成田発メルボルン行きカンタス直行便は、 フライトに搭乗することにあこがれしまったのか、ちょっとだけ雄姿を感じ取った。 それもそのはず。 昨日のフライ…

パース 久々にテレビ番組登場!

BSフジの深夜番組に、 「ワールドツアー完璧MAP」 なんてのがあったなんて、知らなかった。 今週末に2日続けてパースが特集でしたが、(意外にも、といったら失礼ですが)最新スポットがたくさん紹介されていて、とてもためになりました。 それもそのはず。 …

シドニー 日本祭りが盛大に

昨日11日に、シドニーの日本祭りが盛大に行われました。 www.excite.co.jp 昔から日本への文化の造詣がある人が多かったようですが、最近の旅行ブームで日本に行く人が増えたことも背景にあり、お祭りに参加する人が大幅に増えたみたいですね。 お祭りは、日…

ゴールドコースト 町歩きから生活をちょっと覗き見2

ゴールドコーストの町は他のシティと同様、緑豊かな町であることはどこに行っても体感できます。その1つが、鳥がどこにでもいること。海が近いので、海鳥の種類が目につきますね。しかし、声といい身体つきといい、オーストラリアの人のように少し大柄。日…

カンタス航空の回し者! クリスマスキャンペーン実施中!

まるでカンタス航空の宣伝マンみたい! あ、でもいいや、オーストラリア好きが増えるんだったら。 現在クリスマスキャンペーン中です。 www.traicy.com エコノミークラス往復運賃はいずれも東京/成田発着で、アデレード・ブリスベン・メルボルン・シドニー行…

オーストラリア大使館でクリスマスパーティー

昨日はオーストらリアが好きな仲間たちと一緒に、オーストラリア大使館でクリスマスパーティーに参加してきました。 参加というよりも主催者側でした。 食事あり、ワインあり(しゃべっていたりしてあまり食べ切れなかった)、クイズあり、ラッフル(景品抽…

今月はメルボルンで一色です。

こんばんは。いきなりですが、今月12月はクリスマス一色。 かというと全くそんなことはなく。 12月16日からカンタス航空が成田からメルボルン直行便を就航させるので、 気分はメルボルン一色になっています。 (オーストラリアファンの間での話ですよ(笑)…

ゴールドコースト 町歩きから生活をちょっと覗き見

ゴールドコーストの町を歩いていると、ほんのちょっとでも生活を垣間見ることができます。 普通に歩いている分には目に入りませんが、よーく目を凝らしてみると、あるんだなあ。ゴールドコーストならではの生活が。 ゴールドコーストはサーフィン天国・・・…

ゴールドコーストで民泊17  超短時間

ゴールドコースト弾丸ツアー(ツアーといっても1人)は「ゴールドコーストマラソン参加」が目的とはいえ、本当に忙しかった!おかげで、部屋にゆっくりとどまる時間が皆無。マラソンに費やす時間ができたし、必要最小限の観光はできましたが、それでもせっか…

ゴールドコーストで民泊16 超朝型

オーストラリアの人は、自然豊かな中で暮らしている。うらやましい。と何度も書いてきましたが、そうなると、普段の生活はいったいどうなるのか。 だいぶ前の話ですが、2000年のシドニーオリンピックのころ。イアンソープという若者が競泳でオーストラリア代…

ゴールドコーストで民泊15 気づかぬエコライフ?

民泊でその家庭を覗いて、びっくりすることはまだまだあります。もう少しお付き合いください。 割りと質素な生活スタイルにびっくりしていたところでしたが、そういえば車社会のオーストラリアで車が無いことにもびっくりしました。 そうですよね、全ての家…

ゴールドコーストで民泊14 続真剣勝負な番組好き

料理番組が終わったら、旅番組が始まってました。オーストラリアの人にとって、旅行先はどこが人気なんだろう。テレビ番組から何かわかるかもしれないと、ちょっと番組をみたくなり、わくわく。 アジアの風景が番組の冒頭に出ていて「お、これは日本でも出て…

ゴールドコーストで民泊14 真剣勝負な番組好き2

自分だけが知らないだけでした。 たまたまオーストラリアが好きな人の集まりがあったので、テレビで料理番組が流行っている背景についてきいてみたところ、「料理の鉄人」系番組は世界中で流行 していることがわかりました。 特に、オーストラリアでは、「モ…